350年の歴史を持つ奇習カセ鳥


奇習カセ鳥
▲上山市で伝統的に行われている奇習カセ鳥の様子

  • ・開催日:毎年2月11日(祝・建国記念の日)

  • ・場所:上山市内(かみのやま市内を練り歩きます)

  • ・時間:10:00~15:00

  • ・上山市の名物・特産品:サクランボ、こんにゃく、ラ・フランス、干し柿、まんじゅう、ワイン

  • ・宿泊先:上山市格安宿泊ホテル旅館

カセ鳥
カセ鳥さまのお出ましだぞ!
上山市で行われている奇習カセ鳥を眺めて
きました。2月上旬に行われ、山形には雪が
まだまだ多く残る季節ではあるが
その寒さを吹き飛ばすようなカセ鳥の気合の
入った舞と掛け声でした。

して、今回は午後から行けたので
ちょっくらカセ鳥を眺めに顔を出してみました。
          ▲うはっー寒そう・・・

上山温泉街

奇習カセ鳥とは?
カセ鳥は、今からおよそ350年前の江戸時代初期頃の旧正月の13日に行われていた行事で
モモヒキやワラジ、腹にはサラシを巻いた男女が、頭からケンダイと呼ばれるミノのようなものを
被り、「カッカッカーのカッカッカー」と鳴きながら上山市内を練り歩く、上山独特の行事です。

これはカセ鳥(稼ぎ鳥や火勢鳥)を現したもので、商売繁盛や火の用心を祈願したものだ。
横で見ている観衆らは、ヒシャクやバケツに汲んだ水をカセ鳥にぶっかけます。


奇習カセ鳥の歴史
当時のカセ鳥の始まりは、現在の上山市高野のカセ鳥2人と付人1人が
上山城内に旧13日に招かれ、御殿に許しを得たということで御前カセ鳥と指定されたようだ。
町内にも旧15日からカセ鳥が集まり、町内カセ鳥として正月に練り歩いたそうだ。

明治29年になるとカセ鳥は一時途絶えたが、昭和34年に上山市民らに再現され
昭和61年には保存会が結成し、当時の伝統行事を伝えている。
今では「カッカッカー」と奇声を上げるが、当時は「クックックッ」とも鳴いた。
それで水をかけたり御酒を出したり、青指しという銭一貫文を与え労をねぎらったと伝わる。


>>奇習カセ鳥の続きを見る



第38回かみのやま温泉 全国上山カカシまつり


上山かかし祭り
▲上山市で行っている上山かかし祭り、愛の前立ての直江兼続のカカシ。

  • ・営業期間:9月中旬頃

  • ・会場:上山市民公園(上山市役所庁舎東側)

  • ・開催時間:9:00~17:00

  • ・入場料:無料

  • ・駐車場:上山市役所南側、上山市体育文化センター、上山市民球場(いずれも無料駐車)

  • ・上山市の名物・特産品:サクランボ、こんにゃく、ラ・フランス、干し柿、まんじゅう、ワイン

  • ・宿泊先:上山市格安宿泊ホテル旅館

奇習カセ鳥
ユニークで豊富なカカシがオモローッ!
上山市のイベントの全国かかし祭りを
観光してきた。今年(2008)は確か656体の
かかしが出品されたそうで、大変楽しめた。
またカカシとは別にイベントも開いています。

明らかにカカシとは違く、脱線した作りの物が多いです。だが上山かかし祭りのそこが良い。
ちなみに上山のシンボルマークはかかし也。
    ▲上山市の伝統の奇習カセ鳥のカカシ

上山かかし祭り上山かかしまつり

かかしの由来
その昔はかかしは古事記に久延毘古(くえびこ)という名で使われ、平安時代から使われたそうな。
それでかかしを作る理由は、鳥による農作物の被害を防ぐためであるが

鳥を追い払う方法は昔から4種類あり、その内容はカラスや鳥の臭で追う方法や
鳴木やおどし鐘でビビらせたり、神様にお礼をして鳥が来ないように神頼みする方法だそうな。
そして最後がかかしを立てること。まぁ、カカシがもっとも楽な方法で効果がありそうですね。


かかしの呼び方と語源
かかしの語源は『嗅』という語から導かれ、カカシになったという説が多いそうな。
カカシの呼び方も様々で、カガシ・オドシ・オドロカシ・ソメ・トリカガシ・ガンオドシ・ソウズ・カガセ
と地域により違いがあるようです。

上山かかし祭り


>>上山かかし祭りの続きを見る



24時間テレビの山形チャリティ本部でもあるリナワールド


リナワールド
▲上山市にある遊園地、リナワールドLINA WORLDの風景

  • ・営業期間:3月~11月頃

  • ・開閉時間:平日=10:00~16:30、土・日・祝日=9:30~17:00

  • ・入場料:大人=800円、子供・シルバー=500円、乗り物8回券=2800円

  • ・住所:山形県上山市金瓶字水上108-1 電話:023-672-1614 公式サイト:リナワールド

  • ・駐車場:リナワールドの入口の広場(無料)

  • ・上山市の名物・特産品:サクランボ、こんにゃく、ラ・フランス、干し柿、まんじゅう、ワイン

  • ・宿泊先:上山市格安宿泊ホテル旅館

リナワールド
24時間テレビ『愛は地球を救う』に出陣!
24時間テレビが放送されている時期に
リナワールドへ訪れた。
上山市の金瓶と言えば、歌人・斉藤茂吉の
古里で近くに母校や生家があります。

リナワールドはその昔は、ヤマコーランドという名前の遊園地で、改装して現在に至る所也。
改装して数年後チャリティー本部になった。
     ▲夏だしヌイグルミ暑そうだね(笑)

山形チャリティ本部募金

まずは募金所へ
リナワールドでは24時間テレビの開催期間は入場無料で、自由に出入り可能でござる。
武士たる者は常に藩の手本にならなければ、示しというものがつかぬものだなと考え
とりあえずコツコツ溜めたお金を募金した。
山形チャリティ本部の募金所側の、左にいるガイコツが何気に気になりますね(笑)

てまりてまり

ふむ、縁とは解らぬものだな
24時間テレビの特設ステージでは、色々とイベントを開いていました。
それでボッーと眺めていたら、およそ10年ぶりに古い知り合いと遭遇し情報を得た。
私が来た頃には右2人の女性が演奏しており、あれは山形出身の『てまり』という演奏家のようだ。
そして司会してる方は、ラジオや山形の地域番組『ピヨたま』の方だと言っていた。

24時間テレビの山形チャリティ本部


>>リナワールドの続きを見る



片桐繁雄先生の元で直江兼続と上山の最上軍を学ぶ


片桐繁雄先生
▲上山城の特別展示室で行われた片桐繁雄先生の講演会

片桐繁雄先生
片桐繁雄先生とは?
1933年(昭和8)に、山形市に生まれ
山形大学教育学部を卒業後、長井市・山形市・東根市の小中学校で先生や校長を勤務。

山形市立第二小学校の校長を定年退職すると、1994年(平成6)に(財)最上義光歴史館の局長を務める。1999年に退任し、現在では
上山市の市立図書館の館長をしている。

上山城北天の巨星・最上義光

世界一、最上家に詳しい人
片桐繁雄先生と言えば多くの最上義光に関する本を執筆し、彼以上に最上義光を知る人物は
世界に居ないと言っても、それは過言ではないだろう。
山形の多くの戦国時代の歴史を広く伝えた方なのである。講演会は9月20日の午後2時から
上山城特別展示室で行われました。これはまたと無いチャンスだと思い勉強しに行きました。

最上義光
片桐先生が見る最上義光の人物像とは?
一言でいうと弁慶のような人物だと言っていた。
今では弁慶は義経と供に伝説化しているが
彼が大活躍したという記録が無い。

ある時は坊さんであったり、牛若丸と橋の上で
戦ったり、弁慶の立往生などと逸話が多い。
つまり弁慶という人物は存在したようだが
色々な噂が出て今の弁慶の人物像になっている。
                                     ▲山形城にある最上義光の像

直江兼続に関する、ぶっちゃけ歴史話


直江兼続直江兼続

直江兼続は賢く、残酷で利を求めた人物だった
最初は渡された資料をただ読むだけの、つまらん歴史話になるのかと思っていたが
片桐先生が、これは米沢の人に叩かれるだろうな・・・と言いながらもぶっちゃけてくれました。

安土桃山時代から、江戸初期にかけての最大の学者である藤原惺窩(せいか)という人が
直江兼続のことを奸雄(かんゆう)と称している。
奸雄の『奸』はズル賢い、雄は英雄の『雄』という意味。織田信長ですら奸雄と何故か呼ばれない。
また藤原惺窩は、もし天下が3つあるとするならば、直江兼続はその内の2つを手に入れた男だろう
と言う、それと同時に直江兼続は自分の主君に戦いを進め、主君の義を滅ぼす男だとも言っている。

片桐繁雄先生一般では兼続は豊臣秀吉に可愛がられたと
言うが、太閤記を見ると一文も秀吉との会話が無い。また豊臣の姓が与えられたのは兼続
だけではなく、たくさんいたのだそうだ。

一方、最上義光の方はその太閤記には7箇所ほど名前が出てくる。兼続の名は1回だけ。
何に1回だけ出てきたのかというと、秀吉が亡くなり形見分け際に刀をあげたという時のみ。


形見分けは全員で260~270人ほどいて、最上義光も刀を一本貰ったそうだ。
有名や無名の武将が並ぶ中、兼続の名前は最後の方にチョロと記載されているだけとか。
つまり太閤・豊臣秀吉との接点が薄く、兼続はいかに作られた話が多いということが分かるそうだ。

>>慶長出羽合戦と上山の戦いの続きを見る



上山市周辺の地図と見所・観光スポット


上山市の地図マップ(小)
▲画像クリックで地図拡大表示可能
山形県上山市栄町1丁目周辺の地図 - Yahoo!地図情報

上山市の観光スポットは、町の中心に建てられた上山城があり側には
武家屋敷通りと春雨庵が残る歴史的な街並み。その周辺は鶴の休み石で有名な温泉地帯と
なっており、側にある駅の名前も『かみのやま温泉』という名称である。

斉藤茂吉記念館
茂吉が愛した、ふるさと金瓶
上山城から北へ向かえば、歌人・斉藤茂吉の生地である金瓶がある。そこには茂吉のお墓や学校、斉藤茂吉記念館などがあり
斉藤茂吉の歴史が残っている観光スポット。

近くの国道13号線沿いには、リナワールドが
あり、24時間テレビのチャリティー会場になっていて、夏になると車で渋滞になる。
          ▲斉藤茂吉の銅像

カカシ
上山市のお祭りイベント
上山市では商売繁盛や火の用心の行事である
奇習カセ鳥や、上山かかし祭りが行われている。

カカシは上山市のシンボルマーク化していて
至る所にカカシのマークが見られる。
主な特産品は黄金のカーテンと呼ばれる干し柿
こんにゃくである。
                                        ▲シンボルのかかし

カセ鳥上山かかしまつり
▲奇習カセ鳥                      ▲上山かかし祭り

東は古い建物が残る宿場跡
上山城から東へ行けば重要文化財の農家の家である旧尾形家住宅や、奥羽の歴史街道である
楢下宿などの建物が残っており、そこから峠を通り七ヶ宿街道方面へ行ける。

尾形家楢下宿
▲旧尾形家住宅                      ▲楢下宿通り



≪前の旅行観光 | 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 | 次の旅行観光≫