山形の桜・千本斬り日記

山形の桜名所へ『愛宕山公園』の桜・花見


愛宕山公園の桜
▲最上町にある、愛宕山公園から小国城跡を見た桜風景

愛宕山公園
小国城跡から近い距離にある愛宕山公園
急な斜面に桜が植えられているのが特徴的な愛宕山公園。私が訪れたときは、雪洞が建てられ祭りが始まる前の公園の様子であった。

露店は1店だけしか出ていなかったが、自然溢れる最上町は小国城跡を登った以来の来日だったのでワクワクしながら花見した。

         ▲愛宕山公園の入口

最上町の花見

桜の写真
もがみ桜まつり
どうやらこの公園では、4月下旬頃に
『もがみ桜まつり』という祭りを開いている。

私が訪れたのは少し前なので、少々早く来て
しまったようだ。とは言え桜が散る前に来れて
良かった。祭りはあくまでその次と考えている。
して、もがみ桜まつりではジョギング大会、もちつき大会、宝さがし大会、バーベキュー大会などが
                              ▲この斜面角度。カメラを傾けているのでは無い

盛大に行われているそうです。お腹空きそうなイベントですね^ー^ 宝さがしとはロマンがあるな。
ひょっとしたら現在の段階で、すでに宝は埋められているのかな(笑) 当日だとばれそうだしね。

花の写真


>>愛宕山公園の桜の続きを見る


山形の桜・千本斬り日記

山形の桜名所へ『置賜さくら回廊』の桜・花見


久保桜
置賜さくら回廊にある、伊佐沢の久保桜の花見

烏帽子山千本桜
置賜さくら回廊とは?
置賜さくら回廊とは山形県の置賜地区にある
南陽市の赤湯温泉~白鷹町の荒砥までを繋ぐ長井線沿い道路43kmの桜を花見できる
ルートのこと也。

最初の起点である烏帽子山公園から始まり
全部の桜を見回ろうとすると長時間を要するものである。今回は要所事に各地を観光した。
  ▲日本さくらの名所100選の烏帽子山千本桜

どうして置賜には、古い桜が多いのよ?
何故に置賜にはこのような古き桜の木が多いのかと言うと、その昔米沢市が貧乏だった頃に
借金が積もりお金で返却することができなくなったので、桜や松などといった木々で借金を
返していったという説を聞いたことがある。そしてその木々が現在も残ったというものらしい。

双松公園の眺陽桜・慶海桜


眺陽桜慶海桜
▲眺陽桜(ちょうよう)                  ▲慶海桜(けいかい)

南と東側にそびえ立つ2本の桜
南陽市の双松公園の高台にある樹齢150年余の2本の大木で、両方ともシダレザクラです。
南陽は古来より山の南、川の北は陽の気を集積する生気の満ちる地であり、南陽の高台から
この地を眺める、名木に対し眺陽桜と名付けた。

慶海桜の方は、その昔双松公園は慶海山と呼ばれ、宮内のシンボル的な存在にあった。
春になるともっとも美しく花を咲かせる桜であったから、慶海山にちなんで慶海桜と名付けた。
2本のサクラの位置が若干離れているため、置賜さくら回廊の序盤から少々疲れた・・・。

伊佐沢の久保桜


伊佐沢の桜久保桜
▲置賜さくら回廊 伊佐沢の久保桜

テレビでよく放送される知名度の高い桜
樹齢1200年のエドヒガンザクラ。高さ16m・太さ9m・枝張り北西22mの巨木で国指定天然記念物。
500年前の頃までは、枝が四反歩に広がっていたため、四反桜の名で親しまれていたようだ。
征夷大将軍の坂上田村麻呂と土地の豪族・久保氏との伝説が残る長井市の名木である。
戦国時代の頃に当地に住む伊達の家臣・桑島将監が、妻と子を亡くし供養のため植えたと伝わる。

伊佐沢の花見山形の桜

老年の桜になると幹の内部が空洞化し、根が生えず腐敗や風で折れたりするが、ピートモスと
粉炭を混ぜた物を幹内部へ詰め、根っこが生える状況を作り久保桜の回復を計っているようだ。

>>置賜さくら回廊の続きを見る


山形の桜・千本斬り日記

山形の桜名所へ『舞鶴公園』の桜・花見


舞鶴公園の桜
▲天童市にある舞鶴公園の人間将棋場がある広場の花見

天童城
舞鶴公園桜まつりで賑わう天童城跡
天童と言えば将棋。将棋の生産は全国の
95%以上はこの天童市で作られています。

そして桜が咲く時期になると舞鶴公園桜まつりが行われ、人間を将棋の駒に見立てた人間将棋なるイベントも開かれます。今回見に行ったのは人間将棋が始まる少し前の時期に訪れました。故にイベントの準備をしていました。
  ▲あの巨大な将棋版で人間将棋が行われる

人間将棋と桜室内で行われた人間将棋
この時期は雨が降る確立が多く、雨が降ると人間将棋は室内で行われます。

人間将棋の由来について
人間将棋の起源はいつ頃から始まったのかと言うと、豊臣秀吉の頃の時代だそうな。
豊臣秀吉が伏見城で小姓や腰元を将棋の駒に見立て、将棋野試合を行ったという故事が
すべての始まりだそうです。秀吉らしい発想ですね^o^

して、山形と京都ではずいぶん距離がある分けだが、天童は将棋の名産地なので将棋を活かした
イベントはないものかと考え、この人間将棋と結びつけたという訳だ。
試合は将棋のプロ2名をお招きし対極させます。解説者が楽しく内容を解説しながら行われます。

舞鶴山の桜天童城の花見
舞鶴山の裏側から登った時の桜の風景。北東から登るより裏側の方の桜が良かったりする

サクラの本数は何と2,000本!
舞鶴公園の桜の本数は一体何本あるのだろうかと調べてみると、2千本だそうです・・・
山形市の霞城公園の桜が1,500本なので、舞鶴公園が山形県一桜の木が多い場所かもね。
舞鶴山をグルリと囲むように植えられているので、正面からの登りからではなく裏側にも咲いている
ので、確かに全部合わせると2千本になってそうか~

ソメイヨシノサクラの写真▲よくよく桜を観察してみると、若干の色や形が異なるものですね。まあ種類は違うけど▼
シダレザクラ花見の様子

舞鶴山の裏側の抜け道に咲いていた季節を感じる小さな花


>>舞鶴公園の桜の続きを見る


山形の桜・千本斬り日記

山形の桜名所へ『烏帽子山公園』の桜・花見


烏帽子山公園の桜
▲南陽市にある烏帽子山公園の桜句碑のある場所の花見の様子

烏帽子山公園の花見
千本の桜が咲く日本のさくら名所100選
この烏帽子山公園は春だけでなく秋にも見事な紅葉を眺めれる観光スポットでもあります。

烏帽子山の千本桜と呼ばれる大量に植えられた桜が特徴的で、ソメイヨシノやシダレザクラ
などが約千本咲いているそうです。
平成2年3月に日本のさくら名所100選として選ばれました。主にソメイヨシノがほとんど。
  ▲駐車場から見た斜面に植えられた桜の風景

烏帽子山の千本桜

密集型の花見スポット
まず烏帽子山公園に来て桜を見て思ったのが、庄内町にある楯山公園に似ているな~と思った。
広さはまあまあの所に樹齢120年の桜を大量に植えたようなところでした。また斜面の部分などの
際どい所にも桜を植えたりと、昔の800本から千本に増やしたのだろうか?と感じた。

サクラシダレザクラ
どこを見ても桜一色でした。シダレザクラもぼちぼち見かけるかな。

サクラの写真ソメイヨシノ
さすがは日本のさくらの名所だけはある。咲具合から見ると丁度良い頃に訪れたようだ。

桜以外も小さめの花が綺麗に植えられてました


>>烏帽子山公園の桜の続きを見る


山形の桜・千本斬り日記

山形の桜名所へ『松ヶ岬公園』の桜・花見


上杉謙信
▲米沢市にある松ヶ岬公園米沢城・上杉神社の桜と上杉謙信の像

米沢城
米沢上杉まつりが始まる前の公園の様子
米沢・上杉神社では4月29日から5日間は
米沢上杉まつりが盛大に行われる。

約200本のソメイヨシノの桜が咲き、毎年多くの観光者が訪れる場所である。
まだ米沢上杉まつりが始まっていないのに
この人の賑わい。夜はライトアップもされるが
駐車場がほぼ埋ってしまうのが難点だ。
     ▲祭りが始まっていないのに露店が!

米沢城の堀米沢鯉
米沢の鯉のうまさの秘訣は、米沢の桜の花を食べているからかも(笑)

米沢城跡の本丸を囲む堀の回りが特に美しく、花びらが堀の水に散り始める頃がもっとも身頃也。
米沢上杉まつりが始まる頃では、桜が散ってしまい微妙だったりするので少し前に来るのがコツ。

シダレザクラ隠居跡の花見
▲満開だな~                       ▲鷹山公隠居跡

上杉鷹山公の隠居跡の場所にも足を運んだ所、小さな桜が咲いてました。あれだけあった大雪が
すっかり無くなっているのが不思議ですな!やはり人の手で除雪が行われたのだろうか・・・

花見の写真1花見の写真2花見の写真3龍の旗印松ヶ岬公園毘の旗印


>>松ヶ岬公園の桜の続きを見る



≪前の旅行観光 | 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 | 次の旅行観光≫