山形グルメ旅行記

腹減り侍『山菜採りやワラビ』の話


山菜
▲山形県の山で採ってきた山菜。左からウドの葉・フキ・ウドの茎・ワラビ

ワラビ
山の中で今夜のオカズの山菜を採取!
5月、6月と言えば、やはり山菜の季節だ。
自然多き東北地方の山形では、銭を出して
山菜など買わずとも、そこら辺に生えている
から素晴しいものだ。

山国であるため山の恩恵を日々受けている
という実感を受ける月日でもございますな。
せば、今夜のオカズの調達にでも行ぐがの~
     ▲大自然に生えている天然のワラビ

山形の山

山菜採りについて
山形での山菜の採取時期は、主に5~7月上旬頃までかな。梅雨に入ってからでは遅い
と山菜採りの方々はよく言う。理由は虫や蛇などが出現するし、ワラビにしても育ちすぎて
食べれる状態でなくなるからだ。まぁこれは山形と言うよりは、全国共通なんじゃないですかね。

山とは言え個人所有の山もあり、地元以外の方だとその判断が難しいですが
大抵は取ってダメな所は、何らかの注意看板やビニールテープで囲いがあったりします。
観光ワラビ園なんかだとそんな感じになっている。


ワラビについて
ワラビは日当たりの良い草地で生えていることが多い。成長しすぎるとシダ植物のように葉が
広がるとそのワラビはもうダメなやつだ。食べ頃のやつかどうかの判断は、先っちょの部分の
枝の別れ具合だろう。見た目以外の判断基準は、ワラビの茎の根元付近を軽く曲げてみて
パキッと折れるやつはもう食べれない。その場合は柔らかい部分まで斬り落とす。

下の写真を眺めると、普通のワラビとクロワラビが混ざっている。スーパーや直売所で眺めると
クロワラビは普通のやつと比べると100円ぐらい値段が高いです。黒い方は若干味が良い。

ワラビ
若干黒みがかってる方がクロワラビ


>>山菜採りの続きを見る


山形グルメ旅行記

腹減り侍『最上地方の名物・くじら餅』の話


くじらもち
▲最上地方で多く売られている名物お菓子のくじらもち

お茶菓子に良い『くじら餅』
ん!?これはくじら餅ではござらぬか。
久しくお土産でくじらもちを戴いたよ(^^)
甘くて黒砂糖のような風味がして
お茶菓子には持ってこいの食べ物也。

山形では主に最上地区で多く売られ
新庄市などでも取り扱っているお店が
多いです。せば、くじら餅の話でもするか。
   ▲切られていないダース形式の品物が多い

『くじらもち』とは?
『くじらもち』とは漢字では鯨餅と書くため、鯨の肉が入った食べ物なのか?
とよく勘違いされる場合が多い。実際は入っておりません。
そのためなのか?現在では商品では『くじらもち』と平仮名で書かれたパッケージが多く目立つ。

材料はもち米とうるち米を使用しせいろで蒸した物で、白砂糖、黒砂糖、味噌、醤油、あんこ、
ヨモギなどの味がする、くじら餅が現在では売られている。
山形県の最上地方の名物かと思いきや、調べて見ると青森県でも銘菓子として売られていた。

くじら餅
下側にある白い粒々はクルミを砕いたもの


>>くじらもちの続きを見る


山形グルメ旅行記

腹減り侍『天童道の駅のアイス屋』の話


ソバとサクラ味のアイス
▲左が蕎麦の味のアイスで、右が桜の味がするアイスクリーム。

天童道の駅の前にあるアイス屋
天童市で春に人間将棋が行わるので
現地へ向かうついでに、天童道の駅という
お土産屋や八文字屋(本屋)がある所の
入口前に、ハイジ小屋ぽいアイス屋が
あるので立ち寄った。

ここは冬以外、いつ来ても混んでおるな~
山形グルメ旅行記ではラーメンばっか食ってる
印象があるが、実は私は超甘党なのだ(笑)


アイスの味の種類
ここのアイス屋の特徴と言えば、ダブルでアイスを注文できる点にある。
値段は確か250円だったかな。商品ガラスケースから眺め、自分の好きな味をトッピングして
上の写真のように2つの味が楽しめます。人気なのは米(はえぬき)だだちゃ豆、牛乳だとか。

ちなみに味は、さくらんぼ、おみ漬け、ストロベリーヨーグルト、蕎麦、牛乳、黒ごま、いちごミルク、
くるみ、さつまいも、かぼちゃ、米、桜、いちごシャーベット、だだちゃ豆、抹茶、カフェ・ラテ、
マスカルポーネチーズ、チョコチップ、ミルクティー、ブルーベリーヨーグルトと豊富にある。
味は季節ごとにいくつかチェンジされます。



>>蕎麦と桜のアイス 天童道の駅の続きを見る


山形グルメ旅行記

腹減り侍『山形の米「はえぬき」と「どまんなか」』の話


山形県のお米「はえぬき」
▲山形県で作られたお米の「はえぬき」の写真

飯豊町産のはえぬき
おや!?何か送られて来たぞな~
宅急便が来たかと思ったら、随分ドシッ!
とした物を置いていった。最初はこの重さは
何なのだろう?と不思議に思いながらも
ダンボールを早速開封して見ると
山形の米の「はえぬき」だった。

中身の疑問はすぐに解けたのだが
それで、なぜ飯豊町からお米が送られて
来たのかが謎だった・・・。

天地人・直江兼続の田んぼアート

棚からマジでボタ餅が降って来た!
似たような経験が前にもあったので、もしや!?と思い調べてみたら、案の定だった。
第4回 やまがたマイ旅デジカメ写真投票コンテストで、私が応募した直江兼続の田んぼアート
人気投票賞に見事受賞されてました。前回のやまがたデジカメフォトコンテストでは佳作に入賞し
図書券が当たったのですが、今回は何と「はえぬき」が当たりました(^o^)アリガタヤー
では祝いついでに、山形の米の「はえぬき」について少し語りましょう。


「はえぬき」の誕生の歴史
「はえぬき」は山形で作られたお米で、およそ10年近くかけて稲作り出されました。
秋田31号の「あきたこまち」と、稲のクキの部分が強く倒れにくく、味は良質のお米、
されど見た目が悪い!ということで商品化の審査に不合格になった「庄内29号」を
掛け合わせて「はえぬき」が誕生しました。

品種登録されたのは1993年で、当時は共に登録された山形の米「どまんなか」という米もあった。
登録番号:はえぬき=第3346号、どまんなか=第3345号


>>山形の米「はえぬき」の続きを見る


山形グルメ旅行記

腹減り侍『米沢の駅弁・牛肉道場』の話


天下無双・牛肉道場
▲米沢市の松川弁当店が作っている牛肉道場の中身

押忍!「天下無双 牛肉道場」ッス!!
そう、あれは米沢上杉祭りの川中島合戦
眺めに行った時だ。昼飯時なのでどこの
飲食店も混々で、入店しづらいものがある。

されど腹が減っては戦はできぬ!と言った
腹具合だ。とは言え、川中島も始まりそう
だし、しょうがねぇから昼飯抜くか・・・
と現地へ向かった時に、この『天下無双の
牛肉道場』が売っていたのだ。

米沢上杉まつりの川中島合戦

米沢牛を食って天下無双を目指す!
値段は1100円と少々弁当にしては高めだが、高級肉・米沢牛が使用されているので高いのだろう。
背に腹は変えられないので即購入!この弁当はある賞に輝いた経歴があるそうだ。
割と知名度の高い弁当なのだろう。天下無双・牛肉道場というネーミングが良いよね~
侍なれば一度は皆天下無双を志す物也。つまり購入するという大義名分の筋道が立った訳だ。

米沢牛牛肉道場のおかず

米沢牛に特化した弁当
中身はこんな感じだ。やはり量が少なく感じるが、米沢牛を使用してるからしょうがないのだろう。
高い値段で無理して米沢牛を食べるより、こちらの値段が手頃なやつでも有りな話だな。
味に関しては、おいしゅうございました。松川弁当店の創業は明治32年で、米沢駅が開通した
以来から、厳選した牛肉を材料に弁当を作り続けてきたお店のようです。

米沢牛

早速食べたら天下無双の徳を得る!
米沢牛は、そぼろの状態と切り身の状態で入っており、甘く味付けした家庭の味がして良かった。
近くに自販機が無いし暑いし、喉が渇いたな・・・。と想っていたら、米沢市の近所?の老夫婦から
ジュースを貰った。天下無双の弁当を食ったら『天下無双の徳』を得ました(-人-)オショウシナー
尚、他にも米沢牛の色んな弁当のバージョンがあった。直江兼続の弁当とか凄そうだな~
公式サイト⇒JR米沢駅弁「松川弁当店」

川中島の武田軍


≪前の旅行観光 | 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 | 次の旅行観光≫