長谷堂周辺で争った直江兼続と最上義光ゆかりの地


長谷堂合戦の歴史観光マップ
▲画像クリックで地図拡大表示可能
山形県山形市大字長谷堂周辺の地図 - Google マップ

長谷堂城跡
長谷堂合戦ゆかりの地を巡る
長谷堂城合戦についてはだいぶ触れたが
今回は記載していない部分を眺めてきた。

やはり地図で眺めると、上杉軍の本隊・
直江山城守兼続が、いかに長谷堂周辺を
包囲し、半月に渡りどう合戦を繰り広げたのか
想像しやすいものだ。山形城までは約8km。
合戦は山形市の西部で、山辺町と上山市が
隣接する場所で行われた。地図の右側が北。
         ▲長谷堂城跡(はせどう)

柏倉八幡神社
柏倉八幡神社(かしわぐら)

寺・神社の解説
畑谷城を攻め落とした上杉軍は、すげさわの丘に布陣し富神山で山形城(霞ヶ城)を眺めている
ことからすると、早坂林道や狐越街道の道を使ってやって来たのだろう。
理由は富神山~県民の森の道の中腹辺りの道路から、ちょっと脇に入った地福寺という真言宗で
山形城主の武運長久の祈願所があるのだが、直江軍により焼かれているからだ。

さらに進軍した直江軍は、柏倉八幡神社・長泉寺(ちょうせんじ)・皆龍寺(かいりゅうじ)も
上杉軍に焼かれている。現在存在するのは再建した建物だ。
他には坂紀伊守の墓所・清源寺があるが、こちらは焼かれたかどうか分からない。

地福寺古舘城跡
▲地福寺(じふくじ)                     ▲古舘城跡

城や住居跡の解説
大曽根小学校の近くには、最上義光が防備のため古舘城を築いたが、上の写真のように
現在では地蔵が置かれているだけで、周囲は民家で埋め尽くされ特に目ぼしい物は無かった。
最上家が改易の時に潰されたのだろうか・・・

悪戸では最上義光の妹・義姫(保春院)が住んでいた記録が有り、守護役として加藤掃部左衛門
清次(かもん ざえもん きよつぐ)が共に住居したが、こちらも古舘城跡のように地蔵が置かれ
近くには白山神社が鎮座し、あとは民家や田んぼで埋め尽くされ何も無かった。


>>長谷堂合戦の歴史観光マップの続きを見る



ヤッショ、マカッショの花笠パレード!第47回 山形花笠祭り


山形花笠祭り
▲山形市の文翔館近くで踊る第47回山形花笠祭りの写真(2009年)

  • ・場所:山形市の七日町通りで行われます。マップ⇒山形駅周辺の地図

  • ・イベント開始時間:8/5~8/7の三日間。18:00~21:30ぐらい。

  • ・駐車場:会場周辺の有料駐車場や、臨時駐車場など。

  • ・山形市の名物・特産品:サクランボ、ぶとう、玉こんにゃく、こけし、米、紅花、鋳物

  • ・宿泊先:山形市格安宿泊ホテル

花笠イルミネーションアーチ

山形花笠まつり
第47回 山形花笠まつり
今年で第47回(2009年度)を迎え
3日間で計約1万人の団体や個人が舞い
今年も盛大に花笠祭りが行われました。

ヤッショ、マカッショの掛け声と熱気溢れる
舞は、見ている側も熱くなりますね。
何度も見てきているが結論から言うと
今年の花笠は一番面白かったかな。
花笠音戸の歴史については⇒山形花笠祭り

花柳衛優ミス花笠
▲花柳衛優さん                      ▲2009年のミス花笠

花笠祭りの会長・花柳衛優さんの引退
山形花笠祭りの創設者の1人である、県花笠協議会舞踊指導員の会長・花柳衛優さんが
今年で山車を降りるそうだ。花柳さんは第1回から、わずか数人という小規模から
花笠祭りを立上げ、今日まで花笠音戸の舞の振り付けや演出を担当されてきた方だそうな。
これからは影から花笠祭りをサポートするそうで、3日目の夜に花束を渡され引退式を行った。

花柳さんは「祭りの源流である正調花笠踊りをずっと伝承して行って欲しい」と話していた。
会長の引退式に縁があったとは、なんと光栄なことか!8月7日、19時58分に確かに見届けました。
私から花柳さんの引退に花を添えるのだとしたら、ブログに書くことなのだろうな。
して、会長の労をねぎらい今年は本気でも出すかと、3日間通い花笠祭りを眺めてきやした。



>>山形花笠祭りの続きを見る



歴史講座『東北の関ヶ原』 直江兼続と最上義光の戦い


片桐繁雄先生
▲山形郷土史研究家で、現在は上山市図書館長をしている片桐繁雄先生

東北の関ヶ原・長谷堂城合戦最前戦
前回、上山市で慶長出羽合戦と上山の戦い
の歴史講座を片桐先生に学んだが
また片桐先生と御縁があったので
今回は以前より詳しく学んできました。

さらにもう絶版となっている月刊歴史読本
2007年8月号だと思われるが、昔書いたという資料を貰い、片桐先生に引用の許可まで戴いたので、その本の内容も含め公開致します。

直江兼続最上義光
直江兼続                      ▲最上義光

不明だった謎に迫る
なんでも片桐先生は、最上義光の研究者として何十年も研究されてきた方なので
何かの文化賞を受賞したとか司会の方が言ってた。きっと研究家としては名誉な賞なのだろう。

それで今回は当ブログの長谷堂城合戦慶長出羽合戦と上山の戦いで、だいぶ東北の関ヶ原
についての大筋は明らかにしたので、同じことを何度も書くのはつまらなき事。
それ以外のことや、片桐先生の本を読んで疑問に感じた点を明らかにし質問形式で記載いたそう。
というか講座は第1回と第2回に分けられ、長い話なので全部記載するのは無理だ。


片桐先生はいつから直江兼続が奸雄説になったの?
前に慶長出羽合戦と上山の戦いにて、直江兼続の奸雄説について話したが
まず先に言っておくと、片桐先生を激しく直江アンチだと誤解してる方々が多い。
歴史講座においてもあんな感じなので、上杉を信仰している側からすれば耳の痛い話だろう。
しかし資料に基づいた上での内容で、まずその辺の内容を先に記載しておく必要性があるだろう。

片桐先生は2007年の頃までは、直江兼続は和歌を詠じ、連歌も数巻に名を残し才覚優れた人物だと称していた。藤原惺窩が「直江は主家を滅ぼす男」と常山紀談に冷めた目で評価されてあるが

それでも片桐先生は兼続は武人として政治家として当時最高の知識人の一人だったと本に記載。
直江は戦国武将では、5本の指に入るほどの
大学者だと話してたが、ここ数年で180度変わり
兼続を奸雄として見るようになったそうだ。

理由は兼続が行ってきた歴史を辿り、結果的にやってきたことを見ると一揆を起した農民を火あぶり
にし千人を斬った。直江状では上杉家を争いに巻き込んでいるし
名のある直江家に嫁ぎ、力を付けていった流れを研究し続け、結果藤原惺窩の説になったそうだ。

政治では自分に反対する者や、徳川家との争いになると上杉家から逃げ出す福島県の大森城主
の栗田を、上杉家の情報が漏れないためにと、追撃し捕まえ130名を殺した。
直江兼続は残酷だったと話すのは、150年前に米沢で書かれた鶴城業談(かくじょうそうだん)
という古文に記載されているそうです。つまり昔の学者は兼続を評価しない傾向にあった訳だ。

>>片桐繁雄先生に学ぶ 東北の関ヶ原の続きを見る



日本では46年ぶりとなる皆既日食を山形で観察


皆既日食
▲山形市と上山市を結ぶ、蔵王みはらしの丘で撮影した11時2分の皆既日食

蔵王みはらしの丘
千載一遇のチャンスを求め見晴らしの丘へ
2009年7月22日、日本では46年ぶりに見れる
皆既日食をひと目見ようと、テレビや新聞で
話題になっていた。鹿児島県の屋久島では、観光者が全国から押し寄せ、天体ショーの
瞬間を眺めようとする方々が後をたたない。

是非も無い、この歴史的瞬間を斬り行かなば
千載一遇のチャンスを逃したも同然たる話也。
蔵王みはらしの丘に夢を賭け向った。


皆既日食の原理
皆既日食の原理については、図で見たほうが早いと思えるので書いてみた。
早い話が、月が太陽と重なることにより見れる現状です。

太陽は月と比べると、その大きさは400倍近くあるそうですが、地球までの距離の関係で
月が丁度、太陽の日差しをさえぎり、あのような黒き月が見れます。
黒い部分が太陽の日が当たらない部分で、周囲の光(コロナ)は太陽の日差しという訳です。
なので場所が良い所から観察すると、綺麗な円の皆既日食が見られます。

山形の皆既日食

山形県内で見れる皆既日食について
国立天文台の計算によると、今年の皆既日食の最長継続時間は6分44秒で
皆既日食の中でもっとも長い方なのだそうだ。山形では午前9時57分から太陽が欠け始め
午後0時26分に終了する。11時11分が最大で隠れる率が67%と計算が出ている。

外国で見れるような100%隠れることは無いが、その山形では約7割が隠れるという
日食を観察しに出かけた内容である。


>>山形の皆既日食の続きを見る



最上家と上杉家で争った地、難攻不落の長谷堂城跡


長谷堂城跡
▲直江兼続が率いる上杉軍が陣を敷いた、すげさわの丘から見た長谷堂城跡

  • ・場所:山形県山形市大字長谷堂

  • ・駐車場:北の石鳥居入口の手前に有り(無料)

  • ・山形市の名物・特産品:サクランボ、ぶとう、玉こんにゃく、こけし、米、紅花、鋳物

  • ・宿泊先:山形市格安宿泊ホテル

八幡入口
久々に長谷堂城跡へ出陣
ここへ来るのはもう何度目なのだろうか・・・
用が有って、近くを立ち寄り登ってみた。

あいかわらず誰も居ない所だな~
とか思いながらも、現地へ到着。
昔からここは、ほとんど城貸切状態です(笑)
人とすれ違ったのは2回ぐらいしかない。
なので殿様気分で入城!開門ーっ!
      ▲駐車場前の八幡入口の石鳥居

天地人の旗長谷堂城の入口坂

ややっ!?天地人のPR旗が!
駐車場と長谷堂城跡への入口の坂には、たくさんの天地人をPRする旗が並んでいた。
現在大河ドラマ『天地人』に先駆けて本沢(もとさわ)の保存会では、長谷堂城の歴史観光案内の
要請を受けているとかで検討しているそうだ。
上杉軍と最上軍の合戦については、こちらの長谷堂城合戦に記載しています。

長谷堂八幡神社長谷堂八幡神社

まずは近くの八幡神社で挨拶
この長谷堂城は別の山城に例えて言うなれば、新潟県にある直江兼続の入城の与板城跡に
似ている所だ。まぁ与板城よりは横に広くはないが、構造や現存する物をとってもそれに近い。
こういった歴史ある地や、山へ立ち入る場合はまず氏神様へ挨拶するのは基本。
これを怠ると罰や災い事があるので、氏神様への挨拶とは大変肝心な事也。

長谷堂城跡


>>長谷堂城跡の続きを見る



≪前の旅行観光 | 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 | 次の旅行観光≫