幻想的な明かりを灯す 上杉雪灯篭まつり


雪灯篭の写真
▲山形県米沢市・上杉神社上杉雪灯篭まつり

  • ・イベント期間:2月上旬頃に点灯。

  • ・その他:テント村物産展が開かれ、米沢の名物やお土産を購入できる。

  • ・場所:山形県米沢市丸の内1-4-13 場所は米沢周辺や上杉神社。

  • ・駐車場:米沢城周辺にいくつか駐車有(無料)

  • ・米沢市の名物・特産品:米沢牛、米沢鯉、舘山りんご、うこぎ、雪菜、織物、笹野一刀彫

  • ・宿泊先:米沢市格安宿泊ホテル旅館

  • 2009年の上杉雪灯篭まつり

上杉神社通り
米沢の冬の風物詩 上杉雪灯篭祭り
山形は雪国なため、このイベントは雪を活かした祭りと言えよう。ズラーとならぶ雪灯篭は
約300~400基ほどだそうだ。

毎年地球の温暖化のためなのか、積雪が少なく毎年イベントの日程も若干の上下がある。
よって1月末の雪の状況により、今年はいつ頃イベントを行うか予定を立てるそうだ。
      ▲ずらりと並ぶ雪の灯篭(とうろう)

上杉雪灯篭まつりの歴史と発端
上杉雪灯篭まつりの歴史はそれほど古いものではなく、昭和52年2月28日の夜に編み出された。
その昔『月見の会』という上杉神社社務所で、みんなで雪見酒を飲みながら語り合っていた。

雪の話をしていたら話は雪の話題へとなり、雪の美や雪の風情を楽しむような何か催しがない
だろうか・・・。と話合っていたところ、そのうち「雪の中にローソクを点したらどうなるだろう」という
話になり、実行してみたところあまりにも幻想的で美しかったので、これを我々だけで楽しむのは
もったいない。と言うことで米沢市民にも呼びかけ今い到るようだ。

上杉神社前上杉謙信の銅像伝国の杜前の写真鳩松岬公園通り伝国の杜の出入り口▲いつも鳩の群れがいる訳だが、まさか冬でも居るとは思わんかった▲


旅人、鳩に出迎えられる 上杉雪灯篭まつり


鳩の写真
▲上杉謙信の銅像の所にいた鳩

今夜は焼き鳥か^ー^
上杉謙信の銅像を眺めていると、その脇に置いてあった雪灯篭の上に乗っかっていた鳩に
出迎えられる。一羽だけ器用にもあの四角形の屋根に登り、餌をクレ!と言わんばかりに
近寄ってくる。こちらもそれに答え、焼き鳥にしたらさぞかしおいしかろうに^^
と言わんばかりの目線で挨拶を済ませた。

キャンドルゾーン
キャンドルゾーンの雪のぼんぼり
こちらはキャンドルゾーンの雪ぼんぼりゾーン。
雪洞(ぼんぼり)の方は作るのが簡単?なのか
約2~3千個ほどできあがるそうだ。

形からしてバケツに雪を入れて、ひっくり返したような形をしている。それをタワーのように積み重ねている所もあった。
                                    ▲伝国の杜前のキャンドルゾーン

しかしこんだけあると、ロウソクをセットして火を灯すのも大変そうだな@@;

堀の写真上杉神社
▲どうやら堀の水は冬は凍るようだ。一体鯉はどうなってるんだ!?▲

米沢城に来るときに町の周辺は、雪洞や個人独特の形をしているものがあり、ユーモラスだった。
ドラエモンとかあったのは覚えてる。あと愛の字のやつもあった記憶が・・・


言い訳と開き直り
しかし・・・。これが夜に見れたら最高だったんだろうな・・・。夜に行こうと思ったが、寒くて眠くて
死にそうだったから無理だった><; もう何て言うか「パトラッシュ、もう眠いよ・・・」状態が3日も
続いたのだ。私の脳味噌は最低8時間は寝ないと死ぬのだ。

それに私の体と心は、炎によって形成されているから寒い所だと死ぬのだ。疲れた体では何を
言っても、いうことを聞かないのだ。風邪でも引くとやっかいだと思ったので、しょうがなく朝に
行ったのだ。まあ、来年また行けばいいか!と開き直る旅人であった。寝る子は育つ^^v

宝物殿前の雪灯籠上杉神社本殿の写真
ふむ~どうやら冬は稽照殿は閉まっているようだ。最後は上杉神社へご挨拶




記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |