日本一を誇る巨大な大鍋で芋煮を作る!


山形の大芋煮会
▲日本一の芋煮会フェスティバル

  • ・場所:山形市馬見ヶ崎河川敷(双月橋付近)

  • ・日時:毎年9月上旬、時間:9:00~16:00

  • ・行き方:山形駅から車で約10分で到着

  • ・駐車場:山形市総合スポーツセンターか県庁駐車場(当日の臨時駐車場)
     そこからシャトルバスで現地に移動も可(運賃:片道100円、運行時間:8:00~16:00)

  • ・山形市の名物・特産品:サクランボ、ぶとう、玉こんにゃく、こけし、米、紅花、山形鋳物

  • ・宿泊先:山形市格安宿泊ホテル

山形大芋煮大会
6mの大鍋で豪快に芋煮を料理
鍋の大きさは、なんと直径6.0m、重さ3.2t、深さ1.65m(二代目鍋太郎)という大きさ。
初代の大鍋は、3回ほど使用したが細かい
ヒビが入ったため、改良を重ね今の二代目の大鍋が完成。その製作者によると「鍋一杯に作って最低20回は大丈夫」とのこと。

     ▲第19回の芋煮会フェスティバル

芋煮の材料と調理風景


日本一の芋煮会
芋煮の食材もたっぷり使用
材料は里芋3t、牛肉1.2t、コンニャク3,500枚、
ネギ3,500本、醤油700リットル、日本酒50升、
砂糖200kg 、水6tを使用し6tの薪(ナラ材)で
山形産の材料を使用し芋を煮込みます。

牛肉は、「黒毛和種」の山形牛を使用、里芋は山形市の村木沢で栽培されたのを使用しています。全部で約3万7千食分が出来上がるそうです。
                                  ▲多くの方が芋煮会に来られます

芋煮のフタ上げ
料理長の指示でクレーンを巧みに動す
フタを取るにしても、クレーン車で持ち上げるのだ。もちろんかき混ぜたり、芋煮をすくうのもクレーン車2台で作業。

芋煮を食べるには、最初に整理券を購入して配布時刻まで待ち芋煮と交換します。
*芋煮を食べるのに約2時間ほど待ち状態

  ▲大量に作るため値段は良心的(1杯:300円)

芋煮をおろす作業
とうとう芋煮が完成したご様子
芋煮が完成するとクレーンでおろされ、そこから
エコ発泡どんぶりに移し整理券と交換します。

待っている間暇のので、おたのしみゾーンで
イベントをやっています。また、屋台もいくつか
並びにぎわっています。

                                 ▲割と芋煮の具は多いように見えました

芋煮調理のコック
煙の量がものすごく目に染みます
左にいるコックが、指示を出していたことからすると芋煮料理長なのだろう。常に煙にまかれる位置にいるので大変でした。

順番待ちで煙にまかれることも多く風上にいるとこれまたキツイ(>_<;)

    ▲煙に揉まれながらも勇敢に写真を斬る

芋煮によりチキンラーメン?
チキンラーメンに並ぶお客
結局ずいぶん待たされることに気づいたのか
チキンラーメンに並ぶお客が多かったです。
風が吹けば桶屋が儲かりますね~

屋台裏では店員3,4人でフタを開けてはポットのお湯を入れてはと猫の手も借りたい状況。芋煮の腹具合のためなのか小カップ(100円)のを販売。

                               ▲車裏で必死で店員がカップのフタを開けてた

2008年度の日本一の芋煮会フェスティバル


日本一の芋煮会フェスティバル

山形芋煮会
今年もせっかくだから行ってきた
今年の芋煮会は午前中と午後過ぎあたりから雨が降り、悪天候な方だった。
まぁ運良く私が訪れ時は、晴れていやした。

今年からはパワーアップして、3万食から
5万食分の芋煮になったそうです。
それで常時展示されていた初代鍋太郎は
山形市の滑川の唐松観音前広場に引越した。
      ▲今年も煙にまかれたよ(>_<;

イモニレンジャーイモニレンジャー

子供達に人気なイモニレンジャー
今年は巨大な芋煮鍋の手前に特設ステージが設置され、そこでイモニレンジャーショーを行った。
場所が悪いだけに、交通の妨げになったのは間違いなしだった(笑)
それでゴキブリみたいな敵と、イモニレンジャーが暴れてました。イエローは死んだのかなw
芋煮鍋より熱い視線で見つめる子供達を前に、私は敵の方を応援してたのは内緒だな!
割と敵のコスチュームの方が、カッコイイと思っていたのは私だけなんだろうか~

あ、そうそう!イモニレンジャーとはあの芋煮鍋から生まれた具材のキャラクターで
悪役の方はゴミを出したり、散らかす悪いやつとうい設定だったかな。
イモニレンジャーのキャッチフレーズは、”子供達に人気なイモニレンジャー”でした!
良いですねソレ^ー^ 勝手に子供達に人気なヒーローにしとけみたいな所が実は好きです(笑)

日本一の芋煮会フェスティバル

あとはサッカーのモンテディオ山形の選手らが訪れ、サインや撮影会を行っていました。
ちなみに今年は豊富に露店増えたので、チキンラーメンにはほとんど人がいませんでした!
納豆汁?だったか、そちらに多くの列をなしていたかな。

日本一の芋煮会フェスティバルの場所・地図


山形市芋煮会地図マップ(小)
▲画像クリックで地図拡大表示可能
山形県山形市緑町2丁目周辺の地図 - Yahoo!地図情報

山形県庁・総合スポーツセンターは、臨時駐車場となっており、そこからシャトルバスで現地へ
行き来しています。そこからバスを使わずに徒歩で行くと時間は約15ほど歩く距離にある。
馬見ヶ崎川に沿っている場所にあるので、特に迷うことはない場所にあります。

2008年度では、県庁のすぐ側にある中学校の裏側も臨時駐車場になってました。
やはりシャトルバスも出ていて、物価上昇により値段は200円になってやした。

山形芋煮会の大鍋
芋煮会で大活躍の普段の鍋太郎の行方
芋煮会がない時期は、日本一の芋煮会フェスティバルの前の道路脇に飾られて間近で見ることができます。

地震で倒れたりすることがないのかと、少々不安定にも見えますね。あんだけ重いとちょっとやそっとでは揺れないのかな…

    ▲暇そうに野ざらしで展示されています


▲日本一の芋煮会フェスティバルの動画


日本一の芋煮会フェスティバルの公式サイト
日本一の芋煮会フェスティバル 公式ホームページ
大鍋宣隊イモニレンジャー 公式ホームページ

記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |