酒井家の大名行列を鶴岡公園で現在も見れる荘内大祭


荘内大祭
▲鶴岡市で行われている荘内大祭(しょうないたいさい)の大名行列の写真

  • ・場所:山形県鶴岡市の鶴岡公園の周辺

  • ・駐車場:鶴岡公園の道路を挟んだ近くの施設(無料)

  • ・期間:毎年8月14、15日の2日間

  • ・鶴岡市の名物・特産品:だだちゃ豆、寒鱈汁(かんだらじる)、どんがら汁、からからせんべい
     サクランボ、切山椒(きりさんしょう)、庄内柿、庄内米、麦きり

  • ・宿泊先:鶴岡市格安宿泊ホテル・旅館


荘内藩の参勤交代の様子を見学
毎年8月15日あたりの2日間は鶴岡市にある
鶴ヶ岡城跡にて荘内大祭が行われている。

同じ場所で行われている5月の鶴岡天神祭・化け物祭りと比較すると
あちらほど盛り上がってはいないが、
かつては徳川家康四天王だった酒井家一族の参勤交代の様子を眺めることができる。


鶴ヶ岡城の堀

鶴ヶ岡城の歴史
現在は鶴岡公園と呼ばれお城など無いが、戦国時代には大宝寺城があった。
大宝寺城は武藤氏(大宝寺)により築かれ、庄内地方を治めていた。
天正18年(1590)になると、上杉景勝が豊臣秀吉により越後から会津120万石に
国変えを命じられ、庄内地方は上杉家の領土となった。

1600年の関ヶ原合戦になると、山形城の最上義光と上杉軍が長谷堂城を中心に大きく争い
関ヶ原で勝った徳川家康に軍配が上がると、その後庄内地方は最上義光の領土となった。
最上義光が息子に家督を譲り鶴ヶ岡城を隠居城と決め、ここで生活していた。
内部争いにより最上家は改易になり、酒井忠勝が庄内13万8千石を与えられ現在に至る。


鶴岡公園の中心には荘内神社が明治10年に建設され、その記念にと大名行列も再現された。
132年間市民が一体となって伝統行事として続けられている。
鶴ヶ岡城の現在は堀の一部が残り、本丸の櫓が再現され大正時代の建物と庄内の歴史館が残る。
近くには酒井氏庭園や鎧兜などが一般公開され、公園の春は見事な桜が咲く花見スポット也。

鶴岡公園の桜

荘内大祭の主な流れ



荘内大祭の本祭に出陣!
祭りは2日行われているが前日の宵祭の方では
徳川信康公例祭と、荘内神社内では国重要無形
文化財の黒川能が奉納されます。

私が訪れたのは本祭の方で、時間は13時頃から荘内神社の脇の広場の所で開催された。
右の写真の方は現在の酒井家御当主で、
祭りの総奉行を勤めているのだとか。
現在でも鶴岡市では影響力があるそうだ。

かたばみ太鼓

御旅所祭の流れ
まずは御旅所祭とか言う神主が祝詞を上げ、荘内神社の神様を神輿に移す作業を行い
無事に旅や祭りが行えるよう安全祈願ぽいやつを行っていた。
その後、かたばみ太鼓の演奏や三役奴振、萩野流砲術の演武、巫女舞が披露され
鶴岡公園を出発し、周囲をグルっと1周してまた荘内神社に戻って来る流れだ。



三役奴振は4,5mぐらいある長い棒を、となり相手に飛ばしてキャッチするもので
それに何の意味があるのか分からなかったが、
奴と言えば大抵は大名行列の露払い役だろうから、荘内藩流の露払いなのだろう。
三役奴振とかたばみ太鼓は行列で移動中でも、所々のスポットで何回か披露していた。



総勢400名による荘内藩大名行列
でっかい太鼓や神輿、着物を着た女列や甲冑侍、しまいには鷹匠も行列におり
酒井家の参勤交代の様子を眺めれる内容だった。
江戸へ向かう訳だから上山の楢下宿や福島の大内宿を通過して向かうのだろう。
山形から東京までだと、ずいぶん体力が要りそうだ…


季節はもう夏まっただ中なので、観光者は半袖の服装だが、大名行列参加の方々は
汗をダラダラかきながら鶴岡公園周辺を2時間ぐらい回ってました。
甲冑侍とか一番キツそうか…。

祭り両日の夜からは盆踊りとか19時から行うようだった。
あとは流し踊りや、ナイトバザールなども公園周辺で夜から行うのだとか。



▲荘内大祭の動画

鶴岡公園周辺の地図・場所


山形県鶴岡市周辺の地図と場所
▲画像クリックで地図拡大表示可能
山形県鶴岡市 鶴岡公園 - Google マップ

鶴岡公園への行き方は鶴岡公園は街の中にあるので、鶴岡公園行きの看板が
多いだろうから迷うことはあまりないだろう。
ただ細い路地などは一方通行の道路が多く、よく標識を見た方が良い。
駐車場は公園の道路を挟んで手前の方に広く用意されている(無料)



記事のコメント

初めまして!
かつて、(今から25年ほど前)鶴岡市に3年ほど転勤でいっておりました。子供が小さかった頃ですので、色々な所へ家族で出かけ、楽しい想い出がいっぱいの山形在住時代でした。
しかし、今、思い出しますと、その土地の詳しい歴史も、地理もよくわからないまま、そちらを後にいたしました。ブログをはじめて5年目になり、貴ブログにお邪魔して、詳しく山形を知ることができるので、嬉しく思っております。今からでも、素晴らしい自然と民情の山形、そして鶴岡のことをもう一度、知りたいと思いました。ありがとうございます。リンクさせていただきます。よろしくお願いいたします。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |