500種類・100万本の菖蒲が咲く、長井市のあやめ公園


長井あやめ公園
▲長井市にある、長井あやめ公園の花の写真

  • ・場所:山形県長井市横町

  • ・駐車場:広々と料金所の前に有り(無料)

  • ・期間:6月中旬~7月上旬頃が見頃

  • ・入場料:小人300円、大人700円、団体20名以上で小人160円、大人420円

  • ・長井市の名物・特産品:サクラ、ツツジ、アヤメ、地酒、漬物、山菜、手打ちそば


長井あやめ公園のマップ
鮮やかなる菖蒲(あやめ)の花々
長井市の総宮神社のすぐ側には、
長井あやめ公園という菖蒲がいっぱい
咲いている公園がある。

さらに近くにはあやめ公園駅があるので、
長井市の観光地としては利便性が良い。
基本的に置賜地方は、花々しい地区で
季節になると花の展示はよく行われている。

        ▲画像クリックで拡大可


長井市のアヤメ公園について
長井アヤメ公園は、明治43年7月に金田勝見氏が、自分で経営する茶店の西の杉林跡地を
開墾して数10株のあやめを植え、茶会を開き招いたのが、あやめ公園の誕生の秘話として
語り継がれています。現在は500種類・100万本にもなる。

長井市のアヤメ公園でしか見れない「長井古種」など長井市固有の種が、
守られていることが特徴です。
そのため長井市では、町のシンボルマークが「あやめ」になっています。

アヤメの花の写真

アヤメの花を観察


長井市のあやめ祭り


▲長井古種・萩小町       ▲長井古種・野川の辺り       ▲長井系・出羽万里

日本古来の原種に近いアヤメ
体感では実際に100万本もあるのかどうか
微妙だったが、長井古種は古来のあやめとは
異なり、江戸系の古種よりもさらに原種に近い
と言われているそうな。

肥後系や伊勢系などに比べてやや小ぶりだが、
昔のアヤメはこんなんだったのかなー
しばらく、いろんな菖蒲を観察しました。



▲長井系・長井古紫      ▲長井古種・葉山の雪        ▲愛知の輝

▲沿海州               ▲茜雲               ▲水の光

▲浜風                         ▲春の宴

▲湖辺の波                       ▲桃祭

あやめを見た感想
と、まあ他にもバラや、ラベンダーなどもあったが、アヤメは大体あんな感じ系統のが多かった。
公園を眺めながら1周すると、15分ぐらいはマッタリ見れるかと思いました。
愛知の輝という菖蒲が、最初見た時にあの黄色に衝撃を受けた。なんと草までイエロー!
同じあやめでもサイズはあんまし変わらないが、色や模様が異なる物で也。

全体的に見ると、全部が満開とまではいかず、ある程度咲く周期をずらしているように感じだ。
たぶん全部満開にしてしまうと、枯れた時期や早く来た観光客が見て残念…
といったようにならないために、時期をずらしてるんだろうと思った。


透明度の高い水だな…
アヤメを観察してたら不思議な場所があった。
丸い岩から脇水が出ており、側には竹やぶ
があって、池にはアイガモが泳いでいた。
目を見張ったのは、水の透明度だ。
なんか飲めそうだな…と思ったぐらいだ。

あやめ鉢植え展示品では、観賞用で家で飾る時の長持ちする方法などの話を聞いてきた。




愛知の輝


▲ながいあやめ公園の動画

長井市のあやめ公園駅周辺の地図・場所


山形県長井市の地図マップ
▲画像クリックで地図拡大表示可能
山形県長井市 あやめ公園 - Google マップ

長井あやめ公園への行き方は、あやめ公園駅と総宮神社の間にあり、徒歩で移動できる距離。
車で向かう場合は、総宮神社行きの看板案内の方が多いだろうから
それを目指して行くと良いだろう。
川沿いにあるので、車で川の土手横の道路を伝ってくるような感じだと分かりやすいかな。
長井市観光協会-あやめまつり



記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |