国重要無形民俗文化財に指定された新庄まつり


新庄祭り
▲新庄市で行われている、新庄祭りの宵まつりの山車の写真(2009年)

  • ・場所:山形県新庄市の新庄駅~最上公園の道路

  • ・イベント期間:8月24日~26日の3日間、初日から宵・本・後まつりと呼ぶ。

  • ・駐車場:お祭り場付近や新庄駅付近に有料・無料駐車場を利用

  • ・新庄市の名物・特産品:新庄漬け、くじら餅、しそ巻、ゆべし、漬物、揚げまんじゅう、納豆汁

  • ・宿泊先:新庄市宿泊先(ホテル)

新庄駅

今年は夜から新庄祭りを眺めに!
今年も新庄まつりが盛大に行われました。
去年は本祭りの方を観光したので
今年は宵祭りにするか!と夜から出陣した。
夜はやっぱ涼しくて良いな~

さっそく新庄駅へ到着すると、駅内のホーム
内では山車が1台展示されてました。
新庄祭りは最上地方では、もっとも賑わい
規模の大きい祭りです。
     ▲新庄駅の中にある山車(やたい)


国指定重要無形民俗文化財の新庄祭りについて
新庄祭りは250年の歴史があり、まつりでは戸沢氏の神輿行列や獅子踊りなどの伝統文化を
現在も伝えている。国重要無形民俗文化財に指定されたのは平成21年3月のことで
今年(2009年)がその指定された記念すべき第1回目の祭りである。
日本一の山車パレードとも称され、新庄藩が凶作の時代のときに鼓舞のため開かれた
この祭りは現在も伝統的に引き継がれ行われています。


新庄駅の隣の特設会場では、今年も端から端までビッシリと観光者で埋め尽くされた。

幻想的な山車が見れる新庄祭りの宵まつり


新庄まつりの山車


▲寿曽我「工藤館対面の場」                  ▲鏡獅子

新庄祭りの宵まつりと山車について
新庄祭りは3日間行われ、毎年8月24日から始まる。
宵まつりとは本祭りの前日の夜に行われるもので、前夜祭みたいなものだ。
日中では見ることのできない、ライトアップされた幻想的な山車が見れます。

山車は主に歌舞伎の名場面や、歴史絵巻・
童話や物語を舞台とした山車がほとんど。
本格的に山車を製作するのは7月頃で、町内会のグループ10~30人が何ヶ月もかけて造る。

特にねぶたのようなプロがいる分けでも無いが、人形などを手がける人形師などもおるようだ。
使用した山車の人形や建物などは来年に
再利用するケースもある。
                                         ▲三人石橋

「チェレンコ、ヤッサー」と威勢の良い掛け声と、笛や太鼓の音色と共に山車が町内を巡ります。
今年の山車数は21台だったが途中でルートが分かれ、全部山車を斬ることはできなかった・・・
*写真は画像クリックで拡大表示可能です。


▲巌流島                   ▲平知盛の亡霊「摂州大物浦」

▲鬼若丸乃鯉退治                   ▲国性爺合戦

▲象引「豊島館の場」                  ▲助六由縁江戸桜

▲本能寺                     ▲因幡の白兎

▲百鬼夜行                     ▲梶原平三誉石切

全体的な感想
新庄まつりの観光に行くと毎回思うのだが、山車の見事な造形力にばかり目がいくが
山車を引っ張ったりする方や、祭り関係者の気配りが届いている点に毎回関心するものだ。

写真を撮影しようとするとカメラに入らない配慮を学生でもするし、実行委員会や警備員が
山車のルートや、こちら側の場所では裏側だから何も見えないと情報提供をしてくれる事がある。
ご飯時になれば「今は休憩中だから山車はしばらく来ないよ」と警備員が教えてくれるほどだ。
あらゆる祭りやイベントを見てきているが、その様な小さな気配りができている所は少ない。
さすが国の重要無形民俗文化財に恥じぬ祭りだ。無償の愛が今年も生きててホッとしたよ。

百鬼夜行

2009年の最優秀山車
今年の最優秀山車は、歌舞伎部門・下金沢町若連の『鏡獅子』、物語部門・合町若連の
平知盛の亡霊『摂州大物浦』の2台が決定しました。
摂州大物浦などは見た瞬間に、こりゃ何か賞を取るだろうな~と言った印象で
作りこみが頭一つ分出ていたように見えました。人形を下に設置したのは以外だったかな。
見る人により評価は様々なんだろうが、百鬼夜行なんかは外国の人に受けしそうな山車だな。


新庄祭りの行事


宵まつり(8月24日)本まつり(8月25日)後まつり(8月26日)
  • 戸沢神社例大祭
  • 灯入式
  • 宵祭り山車パレード
  • 天満宮例大祭
  • まつり行列出発式
  • 神輿渡御行列
  • 本祭り山車パレード
  • 護国神社例大祭
  • 奉納獅子踊り
  • 飾り山車
  • 町中獅子踊り

行事・時間帯
新庄まつりは毎年8月24日~26日と決まっており、行事日程に関しては山車パレードや
神輿行列・例大祭などは毎年固定で行われる。他には新庄囃子や演奏会・フェスティバルなど
もあったが、そういうのは行事日程に変更がある場合がある。

山車パレードの時間は、宵祭りが午後7時からで、本祭りは午前10時から、後祭りは午後3時。
山車の運行時間は、宵祭りが1時間30分、本祭りが5時間、後祭りが2時間ぐらいです。
途中で山車を引っ張る方の昼・夕食や休憩も挟む。時間帯も毎年そんなに極端な変更は無い。


▲新庄祭り 宵まつりの動画

新庄駅から最上公園周辺の地図・場所


山形県新庄市の地図と場所
▲画像クリックで地図拡大表示可能
山形県新庄市 新庄まつり - Google マップ

新庄まつりは、新庄駅から最上公園あたりまでの道路で山車パレードが行われます。
なので、周辺の道路は通行止めになります。山車のルートは日によって違うので
まず現地へ到着したらパンフレットを入手し、ルートを確認すると良い。

駐車場は東口の広い駐車場や、最上公園の手前にある市民文化会館などで駐車できる。
しかし宵祭りでは満車になる確率が高い。その場合はちょっと距離があるが市民球場や
ヨークベニマル、雪の里情報館などでも臨時駐車場として設けているようだ。



記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |