上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



豊富にある温泉旅館と足湯、かみのやま温泉観光地図


山形県上山市の温泉旅館地図
▲画像クリックで地図拡大表示可
上山市温泉 - Google マップ

  • ・上山市の名物・特産品:サクランボ、こんにゃく、ラ・フランス、干し柿、まんじゅう、ワイン

  • ・宿泊先:上山市格安宿泊ホテル旅館

上山城
上山城を中心に広がる温泉街と観光地
上山市(かみのやま)は温泉街が多くある。
湯の街として知られ、私が知る限りでは
足湯スポットは5箇所あり無料で利用できる

上山城を中心とし、徒歩で巡れるほど
温泉街が集まっているので、温泉好きから
してみれば楽しき所であろう。
昔撮った温泉街の写真がいくつかあったので
地図と内容を記載いたします。


足湯
蔵王の景色と上山城(月岡公園)の足湯
まずは足湯と言えば、上山城の入口近くに足湯が設置されています。側には丹野こんにゃく番所や土産屋があり、小腹を満たせるので勝手が良い。

また上の写真のように、春には桜花爛漫の中で
歌人・斉藤茂吉が愛した蔵王の風景を見ながら
足湯にゆったりと浸れる。秋には蔵王の山々が
色付き、蔵王の紅葉が美しく見れるスポット也。


蔵王の紅葉

湯町と鶴の休み石


鶴の休み石

手水舎からはお湯が沸いている
湯町の方は上山城主の代々により様々な
心配りがなされ、江戸時代には飯盛女を宿場を置くことを公認されるほどで、当時は奥羽
三楽郷と呼ばれるほどの湯の街であった。

上山城内で展示している僧月秀が、気付いた鶴が怪我を癒しているのを見て温泉を発見した伝説のスポットである。
こちらにも足湯が設置されている。


上山市にある温泉旅館やホテルの名前や電話番号は以下の通りである。
ネットでの宿泊予約は数件対応しており、それについてはコチラ上山市宿泊ホテル旅館

新湯地区葉山地区
 旅館・ホテル名 電話番号 旅館・ホテル名 電話番号
 月岡ホテル 672-1212 寒河江屋旅館 672-0170
 村尾旅館 672-2111 橋本屋旅館 672-0295
 材木栄屋 672-1311 葉山館 672-0885
 有馬館 672-2511 旅館三恵 672-0804
 はたや旅館 672-0213 縁起家まるみ 672-0903
 あづま屋 672-2222 日本の宿古窯 672-5454
 菊屋ホテル 672-1411 彩花亭時代屋 672-2451
 招雲閣 672-1711 名月荘 672-0330
湯町地区 静山荘 672-0634
 湯元五助旅館 672-2311高松・河崎地区
 姫の湯いせや 672-0316 三木屋旅館 672-1511
 ホテル山内 672-0111 NTT上ノ山荘 672-0200
 ホテル月の池 672-2025 別館ふじや旅館 672-2515
 つるの湯長十郎 672-0149 いしやま旅館 672-0752
 ふぢ金旅館 672-0102十日町地区
 山城屋旅館 672-0015 旅館長谷屋 672-2321
*市外局番は023です 本陣しまづ旅館 672-0351

葉山温泉街


葉山温泉街

カセ鳥
カッカッカーのカッカッカ~♪
こちらは上山城から若干距離がある。
冬には奇習カセ鳥の通過ルートにもなっており
ケンダイと言われるミノを被りカセ鳥が舞います。

高級温泉旅館が並ぶ、この葉山温泉街では
足湯も設置されており、上山城の足湯と比べると
こちらは空いていることが多い。
側には紅花湯あみ地蔵があり、地蔵から湯を
分けてもらっているようで、万病に効くそうな。

紅花湯あみ地蔵葉山坂

各温泉街への徒歩での移動時間について



葉山まで徒歩きだとちと疲れるかな
かみのやま温泉駅から上山城へは徒歩で約10分。上山城から春雨庵や湯町へは約10分の距離。
上山城から葉山までは25分ぐらいかかるかな。葉山温泉街は登り坂になっているので少し疲れる。

足湯に関してはどこも無料で、浸れる時間はどこも大体朝6時~夜10時ぐらいまで
ご利用できるかと思う。上山は歩いて周辺を観光できる距離にあるのが魅力的かと思います。
足湯に浸って、現地の方とコミュニケーションを図るのも楽しいものですぞ。




記事のコメント

この前、上山城の足湯行ったら故障中ってはりがみされてた(ーー;)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。