上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山形観光旅行記

旅人の天晴れ『文翔館』の話


文翔館
▲山形市の七日町通りの奥にある文翔館(ぶんしょうかん)

文翔館の写真

シャンデリア
山形市の七日町に建つ西洋風の建物
七日町通りの奥にそびえ建つヨーロピアン
な建物、山形県郷土館文翔館に
ついて語りましょうぞ。

文翔館はイギリス・ルネサンス様式造りの
建物で、大正5年6月に建てられ昭和59年に
国指定重要文化財に指定されました。


文翔館は過去に、山形県旧県庁・県議事会として使用されていた建物で、愛称として文翔館と
呼ぶようだ。鶴岡市にある大宝館(たいほう)や、致道博物館内(ちどう)にある建物によく似ている。
中へは無料で入れ、ボランティアのガイドまでいるほどだ。


西洋漂う気品あるオブジェ
文翔館の中の様子は大変豪華な造りで、シャンデリアや洋風のテーブル・カーテンで配置され
貴族が使用した姿を再現している。ここへ来れば、誰でも貴族の雰囲気を味わえる場所なのだ。
皆さんもここで、庶民から貴族になられてみては如何かな?


他には戦時中の時の写真や資料。西洋漂うガラスのコップなども展示されてました。
1階の方には山形県の伝統的な民芸品なども飾られ、地域の特色を現した展示室でした。


何やら人がいるな!?と思いきや人形でした(笑) 当時の様子を表現したもののようだ。
2階の廊下からは、文翔館の時計台をまじまじと眺めることができます。
窓にしても少し珍しいやつで、電車の窓のカーテンを上げ下ろしするような感じの窓でした。
と、まぁこんな感じです。基本的に無料なので、山形市の観光ついでに立ち寄るのも良いかもね。

文翔館花見の季節に訪れたら、見事にライトアップされてました。

文翔館の場所はこちら>>山形駅周辺の地図



記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。