上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山形情報・ニュース

最上地区にある新庄市の地酒と言えば、やはり日本三大急流で知られる最上川の名から取った
最上川酒造というイメージが強い。広告なんかでもたまに目にするときがあったなー
日本酒を主として造っている工場で、創業が大正7年7月1日で90年間営業した老舗酒造会社です。
最上川酒造は出資協力を得て、資本金三萬二千円(3000万円)で設立しました。

女性の方でも飲みやすく、まろやかな日本酒であったが、2009年6月30日をもって90年間の
歴史に幕を下ろしたとのことだ。酒造りをやめた理由としては以下に上げられ

  • 1.日本酒離れにより売上げ減少、そして歯止めが効かなかった。

  • 2.一般酒から、純米酒や吟醸酒などの特定名称酒への移行に出遅れた。

  • 3.個人消費の需要に対し、とらえれきれなかったのが響いた。

という点が幕を下ろす理由のようだ。

新庄祭りなどでは、山車を引っ張る方に酒を配る様子なども見られ
ハブりの良い会社だな~と想っていたが、いつの時代も世の流れには逆らえないものだ。
また一つ伝統的な製法が亡くなったのだから残念なニュースだ。

決して味が不味かった訳では無く、主力酒・最上川で吟醸酒の評価を競った『全国新酒鑑評会』
においては、昨年5月に金賞に輝いたとのことで蔵の方では大変賑わったのだな。
県酒造組合では、蔵元の特色を打ち出すことが、今後一層重要になるだろうと説いている。

すでに在庫の方はほぼ整理したようで、HPを眺めるとどのお酒も売り切れになっていた。
最上川酒造のサイトでは、日本の酒造り唄のBGMが流れ心に沁みる曲也・・・

猫先生のご感想



五月雨を あつめてはやし 最上川
                 by松尾芭蕉




記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。