修験道の修行の地、出羽三山の一つ羽黒山


羽黒山五重塔
▲鶴岡市羽黒町(はぐろ)の羽黒山にある国宝・羽黒山五重塔の写真

  • ・場所:山形県鶴岡市羽黒町

  • ・駐車場:いでは文化記念館の近くに有り(無料)

  • ・鶴岡市の名物・特産品:だだちゃ豆、寒鱈汁(かんだらじる)、どんがら汁、からからせんべい
     サクランボ、切山椒(きりさんしょう)、庄内柿、庄内米、麦きり

  • ・宿泊先:鶴岡市格安宿泊ホテル・旅館

大鳥居
丑年は一度で12年分の参拝に相当する年
2009年は12年に1度に巡る丑年です。
羽黒山では、この年にお参りをすると
12年分お参りをしたのと、同じ御利益が
あるという特殊な年です。

修験や道者が、出羽三山の最後に訪れる
湯殿山の奥の院が開山された年だからです。
羽黒山の大鳥居を久々に見た時は
懐かしさやら、闘争心が沸いてくるものだ。

継子坂丑年御縁年

出羽三山とは?
山形にある出羽三山(でわさんざん)とは、月山、羽黒山、湯殿山の三つを総称して呼んだもの。
出羽三山はどれも山の中にある神社で、現在では山形市にある山寺立石寺のような
観光客が訪れる観光地となっているが、実際は修験道の修行の場で、山岳信仰の霊場の山です。

修験者
修験道の修行内容
修験道の修行とは主に何をやっているのか?
と言うと、ひたすら山道を歩くことを主としている。
毎日早朝と深夜には勤行が行われ
食事は精進料理のような質素な物で、1日2食
(午前10時と午後4時)。睡眠時間は3時間。
入浴や顔を洗ったり、ヒゲを剃ったりすることも
禁じられ、自然に溶け自己を窮地へ追い込む。

江戸時代の頃には修行期間が15日だったが
現在では短くなり9日(山入は7日間)になった。
峰中堂の中では、南蛮いぶしと呼ばれる
薬味(唐辛子・どくだみ・ぬか)を刻んだ物を
火鉢にくべて、いぶらすという修行も行う。

日頃の仕事や家庭の想いのしがらみを置き
死と再生を行うことを目的とした修行です。
簡単に言うと、厳しい修行で今までの己が死に
新しい自分に生まれ変わり出会うことです。
修行を終えた者は、常日頃のありがたみを知り
水や空気の旨さに感激する者もおるようだ。

蜂子皇子三本足の霊烏
開山した蜂子皇子と、羽黒山の山頂にある3本足の霊烏のオブジェクト

出羽三山の開山の歴史と蜂子皇子
出羽三山を開山したのは約1,400年前で、第32代崇崚天皇の皇子・蜂子皇子(はちこ、能除太子)
が政変から逃れ日本海の由良の八乙女浜に上陸し、3本足の霊烏に導かれて羽黒山に入り
出羽三山を開いたと伝わっている。3本足の霊烏とはヤタガラスのことだと思う。

蜂子皇子は顔の長さは一尺九寸、鼻の高さは三寸余り、目尻は髪の中に入り
口は広く裂けて耳の脇にまで至る。耳は垂れ下がり、声は悪音にして聞く者を驚かす。
という人間離れしたようなお方だったようだ。

杉並木を眺めながら羽黒山へ入山


出羽三山案内図
▲画像クリックで地図拡大表示可能    周辺の地図はこちら⇒羽黒山観光案内地図

随神門
羽黒山の見所を眺めながら徒歩で入山!
入口には隋神門があり、山頂までは約1時間ほどで到着します。山寺立石寺と比べると
石階段は歩幅が狭く、坂は急で下山も難儀。
下山後も疲れが2日ほど体に残るかな。

それでは、羽黒山の見所を眺めつつ
修験や道者の気持ちで登ってみました。
羽黒山は杉並木が大変美しき所です。
         ▲随神門(ずいしんもん)

祓川神橋

朱色の橋からの眺めが良い
まずは隋神門をくぐると継子坂(ままこざか)があり、小さめの神社が何軒か見えてくる。
その近くには祓川(はらいがわ)が流れおり、朱色の祓川神橋が架かっている。
出羽三山神社神職養成所では、冬の雪解け水の祓川に浸かり禊(みそぎ)を行ってる。
船のオールで漕ぐ動きをして準備体操をして、ふんどし一丁で祓川へ入り心身を清めるのだ。


おぉ、チョロチョロと水が流れておるぞよ
祓川神橋の上からは、祓川神社と岩戸分神社が並び、後ろの崖には江戸時代に月山の麓から
8kmの水路を引いたという須賀の滝が見られます。
側には昔出羽三山を参拝した方が、注連を桜の木に掛けたことから注連掛桜(しめかけざくら)
と呼ばれる桜の木がある。樹齢は200年ぐらいの桜のようだ。

杉並木と爺杉、国宝・羽黒山五重塔


爺杉
▲国指定天然記念物の爺杉


爺杉と羽黒山参道の杉並木
羽黒山でもっとも見所スポットと言えば、この辺りかと思います。
爺杉は高さが48m30cmあり、根元周囲11m50cm、樹齢は1,000と推定される老木で
側にある杉と比べると一回り大きいです。昔は近くに婆杉もあったが暴風で折れて亡くなった。
現在では根元を腐らぬよう保護をしているため、ある程度までしか近づけない。

一方、参道脇に植えられた杉並木は樹齢350~500年ぐらいの杉で、約600本ほどあります。
こちらも特別天然記念物に指定されており、外国の観光誌『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』
という日本を紹介した雑誌でも、三つ星(わざわざ旅行する価値がある)を獲得していました。

五重塔

国宝・羽黒山五重塔
爺杉の近くには国宝・羽黒山五重塔がある。この塔は大国主の命を祭神としています。
東北地方では最古の塔。室町初期の建築構造で、約600年前に平将門が建立したと伝わる。

素木造りで釘は一本も使用しておらず、三間五層・杮葺(こけらぶき)の様式で高さは29m。
慶長13年(1608)には、山形城の最上義光の修理があって今日までに形を残しています。
伏鉢(ふくらばち)には、最上義光と修理した記録の銘が彫られている。

2446段と急坂がひかえる石段


二の坂
気が遠くなりそうな登り坂・・・。夏場だとさらにキツイ・・・

羽黒山の杉並木
一から三の坂まである厳しい登り坂・・・
五重塔を見終えると、一の坂が待っています。
随神門から山頂までの階段数は2446段あり
ここから山頂までの道のりが厳しい。

二の坂においては『油こぼし』とも呼ばれる
急坂がひかえている。何度ここを登っても
慣れないものだ。しかもスズメバチが
たまに参道に出現するから厄介な所だ。
水分補給しながら、スローペースがオススメ。
                                    ▲見事な羽黒山表参道杉並木

二の坂茶屋羽黒山の石階段の蓮の花
▲二の坂茶屋                       ▲蓮の花

杉並木と願いが叶う33個の彫跡
なんとも大変な石段をひたすら登る訳だが、ほんの少し登りたくなりそうな話がある。
まずは前述した特別天然記念物の杉並木が見れる点。二の坂茶屋辺りから本格的に眺めれる。

2446段の石段には、盃・ひょうたん・蓮の花の形が彫られており、全部で33個彫られている。
それを全部見つけると願いが叶うそうです。今では記念なのか?ご利益があると勘違い
している輩が自分の名前を石段に彫った跡があるので、見つけにくいですかね・・・
私は全部は見つけられなかったが、蓮の花なら見つけれました。(探すのは見づらく難しい)


天気が良いと飛島が見える
油こぼしの坂をようやく登りヘトヘトになった状態の頃には、丁度良い所に二の坂茶屋があり
そこからは天気が良いと日本海が見え、酒田市にある離れ小島の飛島も見えます。
今回は残念ながら霧がかかって見えませんでした。夏に訪れると見えやすい。


他には松尾芭蕉の発句の場所や、カスミ桜(国天然)や小さな神社などちらほら見られる。

羽黒山頂


鏡池と三神合祭殿
▲鏡池と三神合祭殿(さんしんごうさいでん)


三神合祭殿
羽黒信仰の中枢・三神合祭殿
羽黒山頂には月山・羽黒山・湯殿山の三神を合わせた三神合祭殿がある。山形は雪国な
ものでして、冬季期間は入山できないため
ここで合わせて参拝できるようにした。

日本最大の茅葺建物だそうで修復工事を
していた。2年前に訪れたときも修復してたが
まだ終わってなかったのか・・・
重要文化財建造物なので時間かかるのかな。

鏡池
▲春                             ▲夏

鏡池(御手洗池)
三神合祭殿の側には、鏡池があります。古くは御手洗池(みたらし)とも呼ばれている。
古鏡が埋納される場所であり平安~鎌倉の頃に行われた、池中納鏡の信仰によるものだそうだ。
神社の博物館には190面の古鏡が収納されており、国の重要文化財に指定されている。
鏡池の水面に三神合祭殿が映り、夏頃だと池の一面には水草が覆いつくすように生えてた。


神々の領域と言ったところか
羽黒山頂には多くの神社や重要文化財があり、開山した蜂子皇子のお墓や神社、芭蕉の銅像
などもあり、あらゆる神々のてんこ盛りと言った印象だ。むしろ無い神は何なの?と聞きたい。

奥のバス乗り場側の方には、出羽三山歴史博物館があります。
中は鏡池から出土した190面の古鏡や、直江兼続が奉納した鉄擬宝珠、最上義光が奉納した
銅製狛犬、松尾芭蕉に関する古文書などが展示されてました。

出羽三山歴史博物館
霊祭殿には華やかな風車がいっぱい刺さってた。予想からすると巫女さんが飾った物だと想われる。


うわぁー、何だありゃ!!
日も暮れそうなので、そろそろ下山するかと三の坂を下りる頃、杉の上から何かが降って来る
微かな音を感じた。まさか・・・天狗でもいるのか?などと想像し杉並木を眺めると何かおる!!

ウサギくらいの大きさでピクリとも動かず、ジッとこちらを見おろしていた。
あれは野生のモモンガではなかろうか?確かここに来る前に、いでは文化記念館ではく製を
見たがどうもそれっぽいな・・・。近くで動いている様を見たかったが動物愛好家なので
石を投げる訳にもいかず、しばらく眺めてた。

蜂子皇子は3本足の霊長に導かれ羽黒山に入山し、私は野生の白い毛並みの動物に導かれ
羽黒山を下山することになった。なんと因果なことか、またご縁があらんことを。


▲羽黒山の動画

鶴岡市羽黒町の地図・場所


山形県鶴岡市羽黒町の地図と場所
▲画像クリックで地図拡大表示可能
鶴岡市 羽黒山 - Google マップ

マジメに登るか、有料道路でショートカットするか
羽黒山頂への行き方はいくつかあります。私のような精神修行を兼ねて羽黒山へ入山したい方は
随神門からそのまま道なりに進めば山頂へ行ける(60分ぐらい)。

年配の方や足腰が弱い方は、車やバスで有料道路から山頂へ行けます。
羽黒五重塔も見たい方は先に随神門から五重塔まで徒歩で行き、見終えたら入口に戻り
有料道路で山頂へ行かれる方も多いです。

年配の方は登りだけ徒歩で山頂を目指し、帰りは山頂にあるバス停を利用して下山したり
その逆を利用しているケースが多々見られた。暑い夏場や年配の方々は、登りも下りも徒歩は
正直あまりオススメしないかな。疲れもだいぶ残るし・・・。登るときは飲み物やタオル・帽子を
所持して行った方が良いと思った。駐車場は、いでは文化記念館付近にあります。(無料)



『羽黒山』関連記事


記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |