上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山形観光旅行記

旅人の天晴れ『白布温泉と直江城州公鉄砲鍛造遺跡』の話


白布大滝
▲米沢市の高湯・白布温泉(しらぶ)にある、秋の白布大滝の様子。

白布温泉
開湯700年の歴史がある白布温泉
古くから東北の高湯の一つと知られる
白布温泉を眺めてきました。
この紅葉で色とりどりに染まった山々は
2007年の秋に訪れた時の写真也。

標高850mにあり、背後には吾妻山があり
西吾妻スカイバレーが近くにある。
春はコブシと山桜が咲き見事な地だと聞く。

白布温泉

白布温泉の開湯伝説
この人里離れた地で、開湯が始まったのには色々と説があるようだ。
正和年中に関部落の猟師が、白斑(しらぶ)の毛色の傷ついた鷹が湯に浸かり傷を癒した
のを見た説や、出羽の住人・佐藤宗鈍という諸国巡鍚の際に発見した説などがあるようだ。

また出羽の荘司佐藤常信の眼病治療にかかわり、白斑の鷹湯と名付けられたという話もある。
もっとも白布高湯温泉と呼ばれてきたそうなのだが、信夫にも高湯もあるので
大変まぎらわしいとのことで、近年『白布温泉』と統一して呼んでいるのだそうだ。


白布温泉を見た印象と温泉効能
ひっそりとした所で、奥ゆかしい古風さが漂う温泉地帯だ。
自然を活かしたありのままの温泉地、と言ったような場所で蔵王温泉に似た雰囲気を感じる也。
この湯には1790年には、上杉鷹山公も入湯したのだそうだ。
しかしながら、2000年3月25日に中屋旅館、東屋旅館は火事により焼失してしまったのだとか。

温泉の方の効能は弱硫酸性の温泉で、動脈硬化、慢性的な皮膚病、婦人病、消化器病
神経痛、疲労回復の効果があるそうです。
大自然に囲まれる高湯なので、作られていない温泉と考えると効能が高そうな気がしますね(^ー^)


直江城州公鉄砲鍛造遺跡
直江城州公鉄砲鍛造遺跡
この高湯では慶長9年(1604)に直江兼続
江州より鉄砲師を招きいれ、密かに1千丁の
火縄銃を作っていました。1604年だと奥羽の
関ヶ原と呼ばれる長谷堂城合戦以降の話だ。

無事に米沢へ撤退できた直江兼続は
きっと軍備の強化が必要だと感じ
ここで鉄砲を大量に作ったのだろう。


現在ではその鉄砲製作工場などありませんが、工場跡にはあのような碑のみが残っています。
上杉鉄砲隊が演武を披露していますが、あの火縄銃はここで作られた鉄砲です。
今ではその火縄銃は、1丁あたりの値段が何百万単位だと言ってた。

白布大滝と白布三十三観音



おや!?川の流れる音が聞こえるぞよ
バス停?ぽく座れる木の椅子がある所から、どうやら下に降りれそうだった。
何故か下から登ってくる者が数名いたので、下に何かがあるのだろう・・・
ちょいと危険な下り道を20mほど下ると、すぐにその原因がチラリと見えた。

白布大滝

白布大滝
ほほぅ、これは立派な滝でござるな。銀山温泉の白銀の滝と比べると、こちらの方が縦に
少し長く感じたかな。でも高さは10mほどのようだ。
この日訪れた時は秋だったので紅葉で散った葉が、しばしば滝に流れ風情のある所だった。
よく見ると滝の落下地点は、エメラルドグリーンぽい色をしているのだな。

側には洞窟のような横穴もあり、よじ登って近くで見てみたら、誰かが火を焚いた跡が見られる。
さては暖まりながら滝を眺めていたのだな。

白布三十三観音白布三十三観音

白布三十三観音
白布三十三観音
さらに白布温泉地帯から上に登ると
白布三十三観音と呼ばれる場所があった。
距離はそれほど遠いものではなく近くにある。

それで『コ』の字型のように一本の杉の木を
囲むように、地蔵で囲んである場所もあった。
誰も居なく、落葉で石階段が見えないな・・・
せっかく来たので観音様にご挨拶( _人_ )ナムー

紅葉

白布温泉の観光マップ
何っ?幻のホワイトモンキーだと!?
白布温泉地帯の観光地図は右の通りである。
どうやら西吾妻スカイバレーには、幻の白猿が
出現する時があるようだ。

写真で撮影されたのを来るときに看板で見た。
機会があれば、いつの日かそのレア物の白い
サルを斬らねばなるまい。
首を洗って待ってろ!エテモンキー!
                                    ▲画像クリックで拡大表示可能


▲白布温泉の紅葉と白布大滝の動画

場所・地図:山形県米沢市大字関周辺の地図 - Yahoo!地図



記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。