上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



日本三文殊のひとつに挙げられる亀岡文殊堂


亀岡文殊
▲高畠町にある、知恵の文殊として知られる亀岡文殊の風景

  • ・場所:山形県東置賜郡高畠町亀岡

  • ・イベント期間:1月25日は亀岡文殊祭星祭り。毎月25日の縁日に現世利益の行事。

  • ・駐車場:亀岡文殊の売店付近の広場(無料)

  • ・高畠町の名物・特産品:ワイン、ラ・フランス、ぶとう、りんご

  • ・宿泊先:高畠町宿泊先(旅館・ホテル)

亀岡文殊の参道
知恵を授かり、頭を良くして貰いました!
高畠町には、亀岡文殊という日本三文殊に
数えられるお寺がある。文殊様とは知恵の
仏様です。『3人寄れば文殊の知恵』という
言葉があるが、それは文殊様を指した物也。

して、高畠町に立ち寄ったので知恵を授かりに訪れた。受験戦争に勝ち抜くため、合格祈願として訪れる方々が多い所です。
      ▲亀岡文殊堂への参道は登り道

亀岡文殊の参道

亀岡文殊の始まり
大聖文殊師利菩薩は、今から約1400年前に中国の五台山より日本に伝来しました。
その後、伊勢国、神路山に安置されていてが、51代平城天皇の勅命により
大同2年(807)に奈良の東大寺に住持・徳一上人が布教として訪れ建立したのが始まりと伝わる。

亀岡文殊堂亀岡文殊堂

亀岡文殊堂の建物について
日本三文殊(出羽の亀岡、大和の安部、丹後の切戸)の随一として、中納言格の待遇を受けた。
徳川時代には、5代将軍・綱吉は深く帰依され御朱印百石を賜わり、14代の家茂の時代まで
続いたようだ。現在の文殊堂は大正3年に改築した建物で、工学博士・伊東忠太氏による設計。

八十八ヶ所霊場分霊


仁王門から亀岡文殊堂へ


仁王門仁王門の狛犬
▲ここから登る人は、あまり居ないです・・・

参道
長い石階段と杉の木を眺めながら観光
車で駐車場まで到着する課程で、仁王門は普通に通り過ぎてしまう建物であるが、せっかくなのでいつも建物を眺めるため下から登ってます。

基本的に亀岡文殊堂までは15分もかからないと思います。山寺に比べたら楽な登りです。
細長い杉の木々が霊場を感じさせものだ。


参道の杉の木


戦国時代の遺品が残る大聖寺


大聖寺大聖寺
大聖寺(だいしょうじ 真言宗)

大聖寺
大聖寺について
普通の方だと、ここから登るであろう。
中世時代の頃までの村名は文殊寺と記されていたが、江戸時代の頃から亀岡村
別当が大聖寺と改称されたそうだ。

御本尊様は大日如来で、他には観音・阿弥陀・勢至も安置されているが、こちらは安久津八幡神社から明治の時に移されたようだ。

直江兼続や前田慶次の和歌
またこの大聖寺には直江兼続前田慶次を初め、上杉の家臣らが亀岡文殊で連歌を開いた時の
歌が保管されているそうだ。前田慶次が詠んだ5首の和歌が現在も残されている。

永仁の古鐘永仁の古鐘

伊達政宗が寄進した永仁の古鐘
この大聖寺の入口の脇には、天正19年に伊達政宗が寄進した古鐘がある。
この古鐘は、元は伊達輝宗のお墓がある資福寺にあり、永仁4年に造られた名鐘であったが
破損が激しく昭和26年鋳直し復元した古鐘だそうだ。
高畠町は上杉の領土になる前は、長い間は伊達家が支配した領土で、伊達家ゆかりの地でした。


利根水から十六羅漢像のある道のり


利根水

最初の利根水(りこんすい)がある所
大聖寺本坊からほんのちょっと登った所には、地蔵やら供養碑がたくさん置いてあり
利根水という水があります。これは亀岡文殊堂の裏側にもあるが、この水には効能があり
一口飲めば文殊様の知恵を授かれるそうです。私は亀岡文殊堂の裏側の方を利用しますが
思えば・・・ここへ訪れる度に利根水を飲んでいるが、知らぬ間に知恵が身に付いた気がします。

亀岡文殊

待定坊入定窟
十六羅漢像と芭蕉句碑
こちらは看板の文字が所々剥げ落ち
内容がよく読み取れなかったが、待定坊入定窟
と書いてあり、出羽国・村山郡蔵増村に生まれた東海林という者について記載されていた。

その傍らには十六羅漢像が並び、松尾芭蕉の
句碑や義民高梨利右エ門の念仏碑などが
置いてあった。ここまで来ると文殊堂が見えます。

十六羅漢像松尾芭蕉句碑
松尾芭蕉句碑には『春の夜は 桜に明けてしまひけり』と書いてある


亀岡文殊堂と観音堂、背面には蔵王権現が鎮座


亀岡文殊堂観音堂
▲亀岡文殊堂                      ▲観音堂

観音堂について
堂内の中央には阿弥陀如来、脇には正観音十一面、如意輪・馬頭観音など33体の観音像が
安置されているそうで、縁結びの観音様として信仰されています。(ご縁日は毎月17日)

それで色々と柱や部分に彫られた物や、飾ってある絵画などを眺めてきた。
絵の方はだいぶ年月が経過し色あせ剥げ落ちてしまい、ある意味不気味な絵にも見えるが
当時は華やかな絵だったに違いない。外に飾ってあるから風化が早いのだろうな・・・

観音堂▲画像クリックで拡大表示可能▼
観音堂

蔵王権現
亀岡文殊堂の裏側には蔵王権現と利根水
何故かは知らないが、亀岡文殊堂の正面以外の側面には大日如来、普賢菩薩、虚空蔵菩薩が祀られているようだ。

文殊堂の裏側には蔵王権現と利根水がある。
私はこちらの方の利根水を利用しています。
正面に置いてある木の板に、一つ300円で
どれかお願い事を頼めます。
            ▲蔵王権現

利根水利根水

亀岡文殊堂での祈願の様子
祈願料がいくらするのか見てこなかったが、文殊堂の隣にある建物でお願いできるようだ。
それで実際に文殊様に祈願をしている様子を見たことがある。依頼したお客5、6人が堂内で
正座し、坊さんが長々とお経を唱えた後に○○の受験合格をお願いします。みたいなことを
文殊様に頼んでました。時間は20分ぐらいかな。人数によっても違うのだろうが。

お土産屋
亀岡文殊堂で参拝後は駐車場の近にある茶屋で、のんびりして帰って来ました。


高畠町亀岡文殊の場所・地図


山形県高畠町亀岡文殊の場所・地図
▲画像クリックで地図拡大表示可能
山形県東置賜郡高畠町大字亀岡周辺の地図 - Yahoo!地図

行き方は国道113号から県道1号の道のりを来ると、看板も多く解りやすいかと思います。
尚、駐車場までは車で移動できます。文殊山に関しては、実際に登山しようとしましたが
現在は途中で道が封鎖され、登るのは禁止されているようでした。とういか雑草が生茂り
道が整備されていないので、禁止というか登るのが無理に近い状況であった。


▲亀岡文殊の動画



記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。