山形情報・ニュース

米村でんじろう先生と言えば、サイエンスプロダクションの代表取締役を勤めており
最近テレビで度々登場しては、科学を使用した面白い実験などを行っていますね。
その米村でんじろう先生が、東根市にあるさくらんぼタントクルセンターでサイエンスショー
を開いたそうだ。*サイエンス=科学(science)

このサイエンスショーは、東根市が市制施行50周年記念事業として企画したもので
午前と午後の2回公演を行い、合計で千人以上が来場し科学を楽しんだそうだ。
内容は紙製のブーメランで原理を解説したり、箱で作った空気砲で空気の出方を観察したとか。

でんじろう先生については面白いエピソードがある。それはその昔、学校の教師だった頃に
今日は雪降って寒いし、学校行きたくないという理由などで授業を休み、生徒や先生達から
ヒンシュクを買っていたそうだ。それで色々と積もり、でんじろう先生が「学校の先生を辞める」
と言ったら、子供達に「ハイっ先生!それは正解だと思います」と言われ、悟されたそうだ(笑)

猫先生のご感想


サイエンスショーとは面白そうだニャ~
拙者も科学の力で青色でお腹に袋の付いた、ネコ型ロボットを作って
貰いたかったにゃ。えっ!それ科学違うって・・・?



記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |