山形グルメ旅行記

腹減り侍『ラーメン次郎長 納豆みそラーメン』の話


納豆みそラーメン
▲米沢市にある、ラーメン次郎長の納豆みそラーメン

ラーメン次郎長
んっ!清水次郎長・・・?
それは春の日だった。米沢市内を観光し
腹減った~とか思いながらボッーと車を運転
していると、次郎長という看板が目に入った。

次郎長って・・・清水次郎長のことなんだろうか・・・と考えたがせっかくなので入店した。
看板に泉町店と書いてあることから、チェーン店がどこかにあるのだろう。
            ▲泉町店

ラーメン次郎長次郎長グッズ

店内を観察
早速店内へ入ると周囲を眺めた。カウンターと座敷の席があり、どこも清水次郎長らしき物は
見当たらないなと思っていたが、奥の座敷に席を移すと次郎長グッズが飾ってあった。
直江兼続のポスターなども貼ってあり、やはりここは米沢なのだな~と感じるものだ。

次郎長一家の看板清水次郎長のウチワ

店名どおり次郎長グッズが・・・
他には次郎長一家(28人衆)の名前が書いてあり『清水港は鬼よりこわい大政小政の声がする』
と書いてあった。ウチワを眺めるとずいぶん年季が入っており、あの白黒写真は清水次郎長である。
このお店の店長は、めっちゃ清水次郎長好きなんだろうと思った。何か詳しく知ってそうだな。

納豆味噌ラーメン
おっ!納豆味噌があるか
メニューを眺め、納豆味噌があることに気付いた。
山形のラーメン屋では、たまに見かけるメニュー。

注文して店内にある次郎長グッズを眺めていると
早速納豆みそラーメンが出てきた。
ふむ。真ん中にそのままの納豆が乗っているな~
ラーメン屋によっては、ひきわりの状態や
少しすり潰した状態など様々である。
                                      ▲納豆みそラーメン 750円

店長に指南を受ける
先にスープの味を確認しようと飲もうとした時に、さきほど料理を作り運んできた店長が
その場で何か言いたそうな雰囲気だったので、何か用でもあるのだろうか?と思い目を合わせると
すると店長が「普通に食べると、ただの味噌ラーメンだから、納豆をかき混ぜて食べてみて」
と習いを受けた。確かにスープを一度飲んだときに思ったのが、普通の味噌ラーメンであった。

納豆みそラーメン納豆みそラーメン

これぞ清水次郎長食い!
指南されたとおり、真ん中に乗っている納豆をぐちゃぐちゃに混ぜ食した。
んっ!?あぁ・・・確かに全部混ぜてしまった方が明らかにうまいか!米沢ラーメンの特徴である
縮れた麺に納豆のヌルヌル感が絡み食べやすく、スープは味噌と納豆のコクが混ざり濃厚な味に
なっていました。一見ミスマッチに見え本当においしのか?と不審に思われそうですが
納豆と味噌ラーメンは見事にマッチします。それでこの食い方を勝手に『次郎長食い』と命名したw

どうだ君も米沢で次郎長食いをマスターしてみないか!納豆みそラーメンを注文して店長から
上の通りに言われ、その通りに実行したら『次郎長食い』の免許皆伝。
これはあくまで清水次郎長親分の、見守る店内だからこそ意味のあるものということで~

清水次郎長



記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |