農村に伝わる鮭川歌舞伎 定期公演


鮭川歌舞伎
▲鮭川村で行っている、鮭川歌舞伎 定期公演の様子

  • ・場所:山形県鮭川村中央公民館

  • ・イベント期間:毎年6月の第2日曜日の正午から

  • ・入場料:無料

  • ・駐車場:中央公民館に有り(無料)

  • ・鮭川村の名物・特産品:米、山菜、キノコ、ユリ、リンドウ、バラ、くるみゆべし、味噌まんじゅう

  • ・宿泊先:鮭川村宿泊ホテル旅館

鮭川歌舞伎の会長
鮭川村に伝わる伝統的な歌舞伎
山形にはいくつか伝統的な歌舞伎が伝わり
定期的に公演を行っているが鮭川歌舞伎も
その内の一つである。

それで早速鮭川村に歌舞伎を見に行った。
この年は第三幕まであり、公演時間は正午
から16時ぐらいまでと結構長い公演でした。
       ▲鮭川歌舞伎保存会の会長

鮭川歌舞伎鮭川歌舞伎

鮭川歌舞伎の歴史
鮭川歌舞伎とは、安永2年頃に江戸の歌舞伎役者により伝承されたもので、川口・上大淵・京塚
石名坂の各地域に伝わってきたといわれる村芝居です。昭和47年10月24日に、その4カ所が
合併し鮭川歌舞伎保存会を結成しました。

戦争により鮭川歌舞伎は、衣装や後継者が無くなり衰退の道を辿った。
昭和46年11月に、衣装を持っていない農村歌舞伎「郷土の歌舞伎を守れ」と東京新聞に掲載され
それが東京の市川千升歌舞伎劇団の『市川千升』家元座長の目に止まり、自分の使っていた
一座の衣裳、かつら、小道具など三百点以上の寄贈を申し出てくれ、復興することができた。
平成18年2月には、山形県無形民俗文化財にも指定され現在も定期公演を続けている。

鮭川歌舞伎鮭川歌舞伎

何とも暖かい話でござるな~
パンフレットを眺めると、市川千升氏に対して敬意の気持ちなのか、歌舞伎役者の方々の芸名が
市川という苗字になっていた。子供歌舞伎を除いて、8、9割が市川氏となっている。
若い女性の後継者にも恵まれ、第二の故郷として見守り他界した市川千升氏に感謝し
祖先の偉業を忠実に守り後世に伝えていくと、鮭川歌舞伎保存会の会長が語ってました。

鮭川歌舞伎定期公演

奥洲安達ヶ原三段目 袖萩祭文の場


奥洲安達ヶ原三段目・袖萩祭文の場

鮭川歌舞伎
あらすじ
八幡太郎の舅にあたる謙文直方は訳あって
切腹しなければならない立場にあった。
謙文直方には袖萩という娘がいたが
親の許さぬ恋ゆえに勘当されてしまった。

落人の夫・安部の貞任の行方を探して盲目の
哀れな袖乞姿と娘のお君を連れ、辿り着いたのが親の館だったが晴れて会えない身の上にあった。

奥洲安達ヶ原三段目袖萩祭文の場

貞任は偽勅使(偽物の天皇の使者)となって屋敷に入り込んでいた。弟・安部宗任も同じく
父の仇を狙う八幡太郎だったが、天眠通の八幡太郎義家に見破られ捕まえられるが
慶大な計らいにより見逃されるという内容。奥洲の安部一族の終末を演じた悲しみのストーリー。

奥洲安達ヶ原三段目袖萩祭文の場


▲奥洲安達ヶ原三段目 袖萩祭文の場の動画

白浪五人男 稲瀬川勢揃いの湯


白浪五人男稲瀬川勢揃いの湯
右から読みます。鮭川歌舞伎

こども歌舞伎
こども歌舞伎
これは酒田まつりのイベント内で、黒森歌舞伎が行っていたやつです。
この芝居は実録ではなく、歌舞伎作者の
河竹黙阿弥が錦絵から発想して作ったもの。

五人五様の絵姿を白浪五人男と題し
鮭川小学校五年生18名による歌舞伎。


右から日本駄右衛門、辧天小僧菊之助、忠信利平、赤星十三郎、南郷力丸の五人。
鮮やかな衣裳に下駄を履き、しらなみと書かれた傘をさしているが、こちらでは鮭川歌舞伎と
書かれた傘をさしていました。最後は目付盗賊改に、神妙にお縄を頂戴しろ!と幕を閉じました。
次の世代の若人にも、こうやって鮭川歌舞伎を伝承しているのですね~

白浪五人男こども歌舞伎


▲白浪五人男 稲瀬川勢揃いの湯の動画

假名手本忠臣蔵 三段目 殿中松の廊下刃傷の場・道行旅路の花婿


道行旅路の花婿

鳴り物・義太夫
赤穂浪士の悲劇の始まり忠臣蔵の内容
こちらは忠臣蔵の話と道行旅路の花婿の
ストーリーが混ざった公演の仕方の内容。
上の写真が道行旅路の花婿のやつです。

この第三幕がもっとも面白かったかな。
真ん中にいる鷺坂判内が良い味を出していて
軽やかな喋りと動きで会場を和ませていました。
そこに義太夫節がうまく場を制し実に見事也。
                                        ▲鳴り物と義太夫

忠臣蔵・歌舞伎 忠臣蔵・歌舞伎

左が吉良上野介役で、右が赤穂の藩主・浅野長矩役になっていて、最後は浅野長矩が
堪忍袋の緒が切れ、太刀を抜いて吉良上野介の肩口を切りつける名シーンでの幕切れでした。
浅野長矩がフナ侍と馬鹿者扱いにされながらも辛抱強く耐え、手を震わし太刀に手にする所が
内に秘めた怒りを表現したシーンが、うまく演じきれていました。


左のお軽は男性が演じてます。最前列で眺めていたら、役者の方と何回も目が合ったよ~


▲假名手本忠臣蔵 三段目 殿中松の廊下刃傷の場・道行旅路の花婿の動画

歌舞伎を見た印象
全体的な感想からすると、公民館内はすごく暑かった・・・。半袖でも暑いのに、歌舞伎役者の方は
あの格好なので、よく動き回る役の方は滝のように汗を流しながら必死に演じてました。
ペイントとか落ちないのだろうか・・・と見ているこっちが不安になるほどであった。

歌舞伎は遠くで見るより、近くで見た方が良いんだと思った。近くだと顔の細かな表情まで演じて
いる様子が見え、目を開き口を曲げ歌舞伎の錦絵に描かれているような表情をする時がある。
その辺の内容は動画で見た方が判りやすいかな~
話の内容では言葉が分からない箇所続いてしまうと、内容が理解しにくい点が一番の難点か・・・

鮭川村中央公民館の場所・地図


山形県鮭川村の地図マップ
▲画像クリックで地図拡大表示可能
山形県最上郡鮭川村大字京塚周辺の地図 - Yahoo!地図

鮭川村中央公民館付近は、あまり大きな建物が無いので見つけやすいかも。
国道13号から県道458号方面に進むと行きやすいかな。鮭川を越えると側に庭月観音があるが
そこまで進むと行きすぎです。駐車場はその鮭川村中央公民館に広くありました。
公民館内には、山形に関する本や資料がたくさんに有り、色々と参考になる本が置かれてた。



記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |