上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



250年の伝統のお祭り、新庄まつり


平成19年度の新庄祭り
▲平成19年新庄祭り、川中島・越後の龍『上杉謙信』と甲斐の虎『武田信玄』

  • ・場所:山形県新庄市の新庄駅の裏側

  • ・イベント期間:8月24日~26日の3日間、新庄まつりが行われる。

  • ・行き方:新庄駅から徒歩で約2分。

  • ・駐車場:お祭り場付近や新庄駅付近に有料・無料駐車場が用意されていました。

  • ・新庄市の名物・特産品:新庄漬け、くじら餅、しそ巻、ゆべし、赤かぶ漬け、揚げまんじゅう、納豆汁

  • ・宿泊先:新庄市宿泊先(ホテル)

戸沢神社
新庄まつりの起源、第5代・戸沢正から
新庄祭りの起源は、新庄藩に住む殿様の
戸沢氏の領土が、宝暦5年(1755年)に
冷害による大凶作を受け、領民の活気も
消え失せてしまったのだ。

そのため正は、五穀豊穣の祈願と領民の
士気向上のため「新祭」を行うよう命じ
それが現在の新庄まつりになりました。
       ▲新庄城跡の本丸・戸沢神社

伝統の夏祭り
新庄まつりの期間は3日間で行われる
祭りは、初日に『宵祭り』、2日目が『本祭り』と
行われ、3日目は山車が展示され萩野・仁田山
鹿子踊りで奉納をし、祭りが終了します。

東北最大数の露店が出ると言われているが
まぎれもなく東北最大と思われる多くの露店が
並んでました。観光者の数もすごかった・・・
                                ▲祭りの間は多くの人と露店で賑わいます


全21作品の山車を写真で斬ってきました(汗汗・・・


女郎蜘蛛・得点83点
▲新庄まつり『女郎蜘蛛』(じょろうぐも)

この巨大な大八車に、人形を乗せている物は『山車』と呼び、市民は『やたい』と呼んでいます。
昔の物語や伝説を等身大の人形と飾り物で表現し、多くの方が山車を引きます。
山車は一般の方でも、ある期間は飛び込み参加をして一緒に引っ張ることも可能です。
かけ声は「チャレンコヤッサー」と大声出しながら、引っ張るのがルールのようだ。

んでもって、各町から出展されている全21作品の山車を斬ってきました。エイ!エイ!!オーッ!

山車・鳴神・得点83点山車・寿連獅子・得点97点
▲新庄まつり上金沢町『鳴神』            ▲新庄祭り川西町『寿連獅子』

この時期は夏なので、超暑い@@; 綱を引く方はありゃ間違いなく日焼けするな~と思いつつ
汗がダラダラ流れる状況でも有ながら、侍らしく苦痛に耐えながら写真を斬り続けた・・・

おぉ~川西町は、歌舞伎物ですね。派手な着物と髪の毛が特徴的でした。カブキロックス~♪
これを見てCRぱちんこ歌舞伎剣を、思い出したのは私だけなのだろうかw

山車・羅生門の鬼の写真山車・八岐の大蛇の写真
▲新庄まつり北町『羅生門の鬼』            ▲新庄祭り常仲町『八岐の大蛇』

羅生門の鬼を全身を作ったのではなく、顔だけ製作したのが良かったですね。鬼の形相が出てて
迫力のある作品でした。羅生門と言えば、芥川龍之介を思い出すがアレなのだろうか・・・

大蛇の首が長いため、電線にぶつかって感電しないように、回りのお供の方が長い棒で電線を
上に押し上げて山車を進めるという状況でした。あまり多きと電線がネックかぁ~

山車・静の舞の写真山車・龍頭観音・得点82点
▲新庄まつり南本町『静の舞』            ▲新庄祭り若葉町『龍頭観音』

巫女しゃんの舞と、観音様は何となくご利益がありそうな気分になりますね。思わず観音様を
眺めた時は、自然と手を合わせてしまいそうなくらい精巧に作られていました。

山車・文福茶釜の写真山車・浦島太郎・得点91点
▲新庄まつり上万場町『文福茶釜』            ▲新庄祭り上茶屋町『浦島太郎』

文福茶釜がクマのプーさんだったのがイイーw 毛並みのフカフカ感がでているのもぬいぐるみ
ぽいのが良かったかな。浦島太郎は一番色が鮮やかでこれは何か賞取れそうだな~と思った。

山車・紅葉狩『信州戸隠山の場』の写真山車・五条大橋の写真
▲新庄まつり鉄砲町『紅葉狩(信州戸隠山の場)』       ▲新庄祭り東本町『五条大橋』

ん~左の作品は何だろう・・・紅葉感のハデさが出ていたのが特徴的でした。右のは弁慶ですね。
五条大橋で源義経との戦いを表現したものだと思います。

山車・助六由縁江戸桜・得点21点山車・石川五右衛門『楼門五三の桐』の写真
▲新庄まつり下金沢町『助六由縁江戸桜』 新庄祭り沖の町『石川五右衛門(楼門五三の桐)』▲

どちらも歌舞伎物だな。助六は歌舞伎ではよく登場するがあの独特なハチマキの締め方は伝統的
なのだろうか・・・。右は天下の大泥棒・石川五右衛門が、楼門五三の桐で「絶景かな絶景かな」
と言っているシーンを再現したものかな。

山車・吉原遊郭花魁絵巻の写真山車・双面道成寺・得点111点
▲新庄まつり横町・下万場町『吉原遊郭花魁絵巻』      ▲新庄祭り千門町『双面道成寺』

左は江戸幕府が、公認した吉原郭花という遊女屋みたいな物ですね。よく時代劇あたりで「ちょいと
そこの兄さん。私と遊んでいかないかぃ?」とか言われて、莫大な銭を取られたりするアレですねw
遊女らしい華やかな色合いが、うまく表現されていますね。赤い番傘が素敵ですな。
右はよく知らないが、確か日本舞踊とか何か関係するものだったような~

山車・暫の写真山車・前九年・後三年の役の写真
▲新庄まつり北本町『暫』             新庄祭り落合町『前九年・後三年の役』▲

ん~左はよく分からないが、右は平安後期の奥州十二年合戦を表現したものですね。何か割と
平安時代とか源平物の方が人気が高いのだろうか・・・と、この時薄々思っていました。

山車・里見八犬伝の写真山車・富士の巻狩りの写真
▲新庄まつり清水川町『里見八犬伝』           ▲新庄祭り末広町『富士の巻狩り』

あぁ里見八犬伝は、確かドラマとか映画でやってましたな。ふむまた平安物か。源頼朝が
弓で大巻狩りをしようとしているシーンですね。バックには富士山が添えられていて様になってた。

山車・蘭平物狂の場の写真
▲新庄まつり馬喰町『蘭平物狂の場』

これで全21作品ですね。部門ごとに分けられ選考結果が出てましたが、双面道成寺がもっとも
高い評価を受けていたようです。物語部門では、やはり浦島太郎でした。私が見た感想から言うと
どの作品もクオリティーの高い物でした。あとは好き嫌いの、好みによるのかな~と思うッス。
やはりその作品のストーリーを知っているか、知らないかで作品を見る目が違いますからね。

全部のパレードが、自分の前に通り過ぎるのに約35分ぐらい。待ち時間より暑さがヤバかった。
みなさんはどの作品がお気に入りでしたかな。来年は私も馬にまたがって、川中島の合戦風景を
表現してみたいものだなと思いました。←オイオイ、マジカヨ…


新庄まつりの周辺の地図と場所


新庄祭り地図・マップ(小)
▲画像クリックで地図拡大表示可能
山形県新庄市沖の町周辺の地図 - Yahoo!地図情報

新庄まつりへの行き方は、新庄駅の裏側でやっているので迷うことはないだろうが、祭り周辺の
道路は通行禁止される道路があるため、祭り当時は車でかなり混雑する。
通行禁止の道は基本的に警備員がいるため分かるが、問題は駐車場へ行くまでの道のりかな。
新庄駅前の駐車場なら1000台収納が可能なので、そっちに止めた方が楽に駐車できるかも。



記事のコメント

新庄まつり
新庄まつりは東北の祭りでも大きい方なので
しばらくは、飽きせずに見てられると思います。
また来年どうぞ~♪
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。