山形グルメ旅行記

腹減り侍『竹の茶屋味処稲荷亭 特性キムチうどん』の話


特性キムチうどん
▲酒田市にある、竹の茶屋味処稲荷亭の特性キムチうどん

おや!?あんな所にラーメン屋があるぞ!
酒田市の松山で行われた松山藩荻野流砲術中山神社祭典武者行列を眺めていたら
辺ぴな所にラーメン屋があるのを発見した。

今回も昼飯抜きか・・・と思いながら歴史祭りを見ていたから丁度良かったか。
隠れた名店とは、普段は隠れていて人目に
つかないから、ソレなのだろうかと思い入店。
      ▲民家の間にあるラーメン屋か・・・

竹の茶屋味処稲荷亭店内の写真

庶民が親しみやすいお店かね
竹の茶屋味処稲荷亭は、中山神社から徒歩で1分ぐらいの距離に有り中へ入ると、テーブルと
座敷のスペースが用意されていた。バリバリのラーメン専門店というよりは、昭和初期からある
ラーメン屋みたいな、近所などで親しまれているような雰囲気のするお店だった。

店内から外の様子竹の茶屋味処稲荷亭
表彰状と誰かのサインが上に飾られているな。行灯のライトと木造の建物が和風で良いのぅ

特性キムチうどん
キムチのうどんかぁ・・・珍しいな
とりあえずメニューを眺めると、どちらかというと
ほとんどがソバやうどんばかりだった。ラーメンは
味噌や醤油といった項目すら無かった。

ということは、うどんや蕎麦がオススメなのかな
と思った。そして4,5品ほど特性キムチメニューが右側に並んでいた。やはりソレが好評なのだなと
考え特性キムチうどんを注文した。
                                ▲特性キムチうどん(600円、大盛り700円)

キムチスープ麦きり

あっ!これは麦きりじゃねーか
注文して特性キムチうどんが出てくると、スープにはキムチが溶け込みほどよい辛さであった。
まぁこれなら辛いのが苦手な人で食べれるだろうなと思いながら、麺を食ってみた。
最初はずいぶん細い麺だなとか感じながらもすすった。口に入れた瞬間それが何なのかが
すぐに判った。そうだこれは龍宮 元祖麦きりで食べた、麦きりの麺じゃねーか。

なるほど庄内ではうどんと言うと、讃岐うどんのようなぶっ太い麺を指すのではなく、麦きりの麺を
指すのかもしれませんな。具はワカメ・ネギ・キムチの白菜が多く目立つ。チャーシューは庄内豚で
作ったチャーシューかと思われる。しかしあの麦きりの麺はどこ行っても味・コシ・色の三拍子が
整っているな。シルクのような透き通る麺が綺麗ですな!

竹の茶屋味処稲荷亭

全体的な印象
木造作りな古めかしい建物が昭和の名残を感じ取れる所が良かったな。
近代的に作られているよりは、こういった和を感じられる方が良かったりする方かな。
ただ、場所的に厳しい所かね><; 中山神社の手前に一応看板もあったが
民家の奥の方に有るお店なため、人目に付きにくい。また進入する道路もそれほど広くはない。
営業時間もそれほど長くは開いていないお店だった。なので、ある意味隠れた名店かね。



記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |