上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山形観光旅行記

旅人の天晴れ『清源寺』の話


清源寺
▲長谷堂城から700mほど離れた所にある清源寺(せいげんじ)の赤門

清源寺入口
長谷堂城跡の近くにあるお寺
この清源寺は、長谷堂城の近くにあるお寺で
この寺の蔵には最上家唯一の肖像画である
長谷堂城主・坂紀伊守の肖像画がある。

多くの最上家の武将の肖像画は、ほぼ存在しない。坂光秀(さかみつひで)は長谷堂城合戦で志村光安が戦功を上げると酒田へ3万石の城主に、その後坂光秀が長谷堂城主になる。
           ▲清源寺の入口

清源寺の写真清源寺本堂

懐かしさのあまり長谷堂城の見学ついでに立ち寄る
難攻不落の長谷堂城を眺めると、ついでに清源寺へ立ち寄った。この寺で私はその昔約10年前に
座禅の修行を2回ほど行ったことがある。座禅とは丸くてふっくらしている座布団の上でアグラを組み
左手の手の平を、右手の手の平に載せ親指同士をくっ付ける。
そして姿勢と呼吸を整え、あらゆる煩悩を捨て精神を統一させる修行である。

赤門なんと見事な門であるか

10年前に訪れた時はこのような門は、建設中?か修復中?であり、この見事な赤門は完成して
おらず青いビニールで覆われていた記憶がある。そして3度目に訪れとうとう見事な門を見れた。
山寺立石寺の仁王門にも劣らない立派な門であった。しかし縁とは判らぬものよのぅ。

清源寺の蔵池

過去に受けた座禅の修行
時間はおよそ90分~2時間ぐらいだったと思う。早朝の5時ぐらいから始まり、この長谷堂の大自然と
朝の静けさは精神を統一するのには打って付けの場所である。空気も新鮮で雑音も少ないため
それに惑わされることなく、無我の境地で集中できやすい場所であった。
私の知り合いは早朝だったためか、4,5回ほど肩を卒塔婆のような平棒で叩かれたと言っていた。
「何でそんなに叩かれたの?」と私が聞くと、何と居眠りをしてしまったとか言ってたw


百目鬼とは?
修行の終わりである鐘の音が鳴らされると、和尚はこの地域に伝わる百目鬼(どめき)の話をした。
この長谷堂地域は広い田畑であるが、ある日突然、百目鬼という怪物が現れることがあるそうだ。
全身は真っ赤で、足が一本だけしかなく無数の目を持った格好をしている。

そしてその百目鬼が田んぼに出現し、それを村人が見かけると決まってその年はひどい日照りが
続き田畑の地面は割れ、ひどい旱魃に合うそうだ。村人が百目鬼を見ると、供養をし早めに旱魃の
対策を行ったそうだ。清源寺の近くには百目鬼温泉という、田んぼの真ん中に温泉があるが
それもその百目鬼の話にあやかり、できた温泉だと思います。

長谷堂城

猫の写真
あら?どこからか猫の声が聞こえたような~
今でもたまに早朝に目覚めると、当時和尚に習ったことを思い出し座禅を組み精神の統一を行うが
まだまだ修行不足である。

過去に清源寺で修行した時の様子を、入口の所でボッーと長谷堂城跡を眺め、昔のことをシミジミと想い出していたら、どこからともなく「ニャ~ン♪」
と声が聞こえた。辺りをキョロキョロと見回すと・・・
                                        ▲ん!?あれは・・・

猫
▲うぉぉー!猫が玄関で集会を開いているぞーっ!

ハァ・・ニャンコ触りたかったな・・・
すぐ側の人の家の玄関前では、猫達が集会をしていたのだ!三毛猫の方が、こちらをジッと見ては
目を細めて「こっちで一緒に集会をしないか?」という眼差しで見てくるのだ。猫好きならば行かざる
を得ないとは思ったが、残念ながら人の家の玄関であったので、行きたかったが行けなかった。
猫の方からこちらへ来てくれないかと粘ったが、住民に餌を貰うポジションの確保なのか来なかった。


▲清源寺の動画

場所・地図:山形県山形市大字長谷堂周辺の地図 - Yahoo!地図



記事のコメント

伝説
清源寺は格の高い古い寺で長谷堂城主から田地を寄進されたり、伝説も多い寺です。末寺もかなりある筈です。
禅寺で曹洞宗、長谷堂城の武士階級は皆この寺の檀家の筈です。かく言う私の実家も長谷堂内町、詰まり内堀の中にあって、数百年続いた家です。勿論清源寺の檀家です。この寺の釣鐘も曰くある鐘の筈です。色々調べたらキット面白い話が出て来ると思います。坂紀伊守の肖像画があるとは、今初めて知りました。御手作、太子堂、門前、などの地名の由来も、長谷堂の地名そのものも、なにやら古い曰くがありそうです。是非調べて発表して下さいます様お願いします。
山形には伝説が結構多かったりしやす
ふむ。当サイトを訪ねてくる方は、案外長谷堂近くに住んでいる方が多かったりするのかな~
最上義光や長谷堂、畑谷付近を入念に調べてみけれど
どうもそれに関する資料に乏しいのが現状です。

地名に関しては、どうなんだろ・・・。大抵はそこを治めていた主の苗字だったりしますが
門前に関しては城の門付近にあったからそうなったように思えます。
太子堂は聖徳太子を指すことが多いからそれ系の話かも。まぁ仏教がからんでそうな地名だな。
なので、清源寺の和尚にでも聞けば何か知ってそうだと思います。
最近和尚を見かけたけど、息子にでも引き継いだの?という印象を受けたけど。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。