観光旅行動画

旅人の映像で旅行気分『奇習カセ鳥』の動画



▲上山市の奇習カセ鳥の動画(2006年)

上山市の伝統的な行事
カセ鳥とは上山市で行われている行事で、火防や商売繁盛として約350年前から行われている。
要は『火の用心』と言ったものだ。ケンダイと呼ばれる、ワラのミノをかぶり回りながら踊る。
横で見ている観客達は、バケツや杓子などでカセ鳥にふんした者へ水をぶっかけるのだ。

上山市のお祭りは、上山カカシ祭りなどを見ても、案外地味で質素なイベントに見えてしまうものだ。
だが、しかしその地味な雰囲気の漂う所が上山の祭りの良いところであると思う。
マイクのフォンと昔ながらの音色と、音戸だけで「カセ鳥カセ鳥お祝だカッカッカッ」と言いながら
市内を回るのは、歴史の根本的な部分を崩さず行われてきた訳だから、そこに魅力を感じる所也。
奇習カセ鳥について


▲奇習カセ鳥の動画(2008年)

小島よしお?
何度聞いても音戸が良いよな~。 あのシンプルさは、現在のお笑い芸人・小島よしおの
「あ、そんなの関係ねー!はいオッパッピー♪」に似た雰囲気を感じるぞ(笑)
カセ鳥が行われるのは、まだ雪が残る季節に行うので、カセ鳥役の人はめっちゃ寒そうだな~
日本一の芋煮会のイモニレンジャーの中の人は暑そうで、カセ鳥は寒そうとは山形市と
上山市は実に対照的なものだな。



記事のコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |