気合いの入った踊りで盛り上がる村山徳内まつり


むらやま徳内祭り
▲村山市で行われているむらやま徳内まつりの様子の写真。

  • ・場所:山形県村山市楯岡の村山駅近く

  • ・期間と時間:毎年8月20日辺りで3日間。9:00~21:00(日によって異なる)

  • ・駐車場:臨時駐車場(無料)。会場には駐車場無しで交通規制。

  • ・村山市の名物・特産品:バラ、蕎麦、さくらんぼ、メロン、昆布巻、酒、楯岡焼(陶芸)

  • ・宿泊先:村山市宿泊ホテル


バラと徳内ばやしの村山市
村山市には東沢バラ公園があり、
時期になると多くの観光者らがバラを眺めに
訪れる地域で、バラの多さに驚かされる。

夏になれば、むらやま徳内まつりが開かれ
山車と比較的若い年齢層の踊り手らが
かなり気合いの入った踊りを披露し
3日間賑わいを見せている。


最上徳内とは?
村山市の郷土偉人と言えば最上徳内で、幕府の命により蝦夷(えぞ)に探検しに行った方です。
日本人では最初にエトロフ島、ウルツプ島を探検した人物であり、
先住民のアイヌ人と生活し言語や風俗を学び、世界初のアイヌ語辞典などを治めた人物也。

それで村山徳内祭りは、平成7年に始めたものなので最上徳内とはそんなに関わりはなく
郷土の偉人と絡めた街興しとして始めた祭りだと思われる。
一応、最上徳内が建立した厚岸神社に受け継がれた囃子があるようで、始めに例大祭も行ってる。


祭りの会場へ到着すると、特設ステージでは太鼓や踊りを披露し賑わっていた。
ステージ披露が終わると、周囲の道路で一斉に踊りが始まる。



>>むらやま徳内祭りの続きを見る



| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |