創始400年を迎える酒田まつりの本祭り


酒田祭り
▲酒田市で行われている酒田祭りの本祭りの様子の写真

  • ・開催期間:毎年5月19日、20日、21日の中旬頃に開催。(前夜祭、本祭り、裏祭り)

  • ・場所:日和山公園から中合清水屋の中通り商店街辺り

  • ・駐車場:酒田市役所(無料)や周囲の有料駐車場など

  • ・酒田市の名物・特産品:庄内米、ただちゃ豆、庄内柿、酒、どんがら汁

  • ・宿泊先:酒田市格安宿泊ホテル旅館


酒田大獅子

酒田まつりの山車
2009年で400年を迎える酒田市の祭り
2009年でとうとう酒田祭りは創始400年を
迎える記念する日となりました。

去年の酒田まつりから巨大な山車も復活し、
観光客の目を集めていたが
今年も400年を記念し山車が新たに作られた。

製作費は約1100万円ぐらいだそうです。
夜にはあの山車が動き、市内を巡ったそうだ。
私は時間の都合上見れなかったが、
昼間なら行けたので本祭りを観光してきた。

庄内の祭りでは、酒田祭りがもっとも賑やかで
多くの観光者が集まります。
パレードに参加している人数だけでも多く、
大規模な祭りという印象を受ける。
       ▲やっぱり今年もデカかった


酒田祭りと獅子頭について
酒田まつりは、もともとは酒田市にある日枝神社の祭礼で山王祭であった。
徳川時代には酒田全町の産土神の祭りとして盛大を極め、古い伝統が古式にのっとり
厳かに行われ、慶長14年(1609年)から一度も欠かさずに継続されてきました。

あの巨大な獅子頭は、古くから悪病、災害除けの霊獣とされてきており
繁栄と防災の願いを込めて作られたもので「酒田大獅子」と呼ばれている。
そのご利益にあやかろうと、我先にと子供たちを獅子頭の口の中に入れパクパクします。
酒田大獅子は、今では酒田祭りの山車行列の中心となっています。


この頃はアメリカでオバマ大統領が就任し「Yes We Can!!」というセリフが流行ったなー

町人が祭りの主役だった歴史
祭りの責任者は、山王社の氏子から選ばれ「頭家(とうや)」と呼ばれる酒田湊の商人たち。
頭家の主である頭人は、祭礼にかかる莫大な費用を負担しなければならない。

渡御行列の主人公として市中を巡行し、公式に従者を伴い奉行所の門を
くぐることができたため、身分の区別が厳密だった封建時代において大変な名誉だった。
なので、有力商人たちは競って立候補したそうだ。



>>酒田祭りの続きを見る


天童市のブログ記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


天童市の記事タイトル一覧表
天童市格安宿泊旅館・ホテル 舞鶴公園の桜
天童桜まつり 人間将棋 天童織田藩
天童織田藩をめぐる歴史観光
建勲神社例大祭
NDソフトスタジアム山形と天童市観光地
よくある質問 天童市のサッカー会場
ジャガラモガラ
若松観音 -


開山1300年 天童市の若松観音(若松寺)


若松観音の若松寺
▲天童市にある、若松観音の若松寺観音堂(じゃくしょうじ)の写真

  • ・場所:山形県天童市大字山元2205-1、〒994-0021、023-653-4138

  • ・駐車場:車で上まで登れば、本堂近くに駐車スペース有り(無料)

  • ・天童市の名物・特産品:将棋駒、出羽桜(地酒)、ラ・フランスのゼリーとアイス、りんご、蕎麦
     サクランボ、天童こけし、陶芸

  • ・宿泊先:天童市格安宿泊旅館・ホテル

若松寺境内案内図
めでためでた~♪の若松観音
天童市の少し市街から離れた所には
若松観音という場所がある。

若松観音は山の中にあり、山寺立石寺
比べると車で本堂まで行けるので
そう苦労はしないだろう。

また山寺ほど規模は大きくはないが
開山1300年の歴史ある立派なお寺です。
         ▲画像クリックで拡大可


縁結びのご利益がある若松観音について
花笠音頭で「めでためでたの若松様よ」と唄われ、「西の出雲、東の若松」と出雲大社と並び
称されるほど縁結びの観音様として有名な天台宗のお寺です。

この天童市の若松寺では、知恵の文殊菩薩も奉ってあることから、男女の縁、健康、家内繁栄、
商売繁盛の他に、受験合格、必勝祈願の参拝に訪れる方もいるのだとか。
でも縁結びのご利益を求めて来られる方が多いかなー


鐘を鳴らすロープの先には、ご縁があるよう五円玉が無数に結びつけてあった。

若松観音・若松寺の歴史について
若松寺観音堂は、最上三十三観音の第一番札所であり、国指定重要文化財に登録されている。
桁行五間・梁間五間・一重・入母屋造・銅板葺で、現在の堂の建立については明らかではないが
寺伝えによれば行基によって開基され、後に慈覚大師によって山頂から現在地に移されたという。

山寺立石寺の根本中堂と密教形式で酷似しており、建立時期は明らかではないが
様式手法から見て室町時代末と推測されている。
慶長16年(1611年)には、山形城主の最上義光公により大修理が行われた。
その後も小規模で行われたが、昭和41年から43年にかけて全面解体修理が行われ今に至る。



>>若松観音の続きを見る



| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |