化けものまつり 鶴岡天神祭パレード


鶴岡天神祭
▲鶴岡市で行われている、鶴岡天神祭・化け物祭りのパレードの写真。

  • ・場所:山形県鶴岡市の鶴岡公園の周辺

  • ・駐車場:鶴岡公園の道路を挟んだ近くの施設(無料)

  • ・期間:毎年5月下旬頃、時間は9:45~16時あたりまで、パレードは14時あたりにスタート。

  • ・鶴岡市の名物・特産品:だだちゃ豆、寒鱈汁(かんだらじる)、どんがら汁、からからせんべい
     サクランボ、切山椒(きりさんしょう)、庄内柿、庄内米、麦きり

  • ・宿泊先:鶴岡市格安宿泊ホテル・旅館


子供から大人まで化け物の姿に!
鶴岡市の鶴岡公園では、毎年化けもの祭り
を開き賑わっている。
その日は道路が閉鎖され、踊り手やパレード
がいっぱい通り、いつもとは活気が違う。

見た印象としては庄内版の山形花笠祭りか。
どこも伝統的なパレードとは、簡単な踊りと
神輿が通るのは全国共通と言ったところか。

        ▲祭りで賑わう鶴岡城跡


どうしてあんな格好をしているのか?
上のような股引に派手な長襦袢(じゃばん)の尻をからげで、頭には手拭いと編み笠を被り
妙な格好をして、道行く人に無言で酒やジュースを振る舞ってきます。
あの服装は化け物伝説の風習で、人に知られないように老若男女の別なく変装しているのだ。

化け物の伝説
鶴岡の天神祭では、学問の神様と言われる菅原道真公(845年~903年)を祀った祭りをしている。
鶴岡天満宮は鶴岡公園から、徒歩で約10分弱の所にあり、そこの神社で道真公を祀ってる。

それでその昔、901年に道真公が京都から九州の太宰府に配流される時、
道真公を慕う人々が、時の権力をはばかり、姿を変え顔を隠して
密かに酒を酌み交わし別れを惜しんだと言う、故事から伝わるものです。


化けものに対してのマナー
では何故あのような化け物の姿でいるのか?と言えば、
3年間誰にも知られずお参りができると念願が叶うと言われているからだ。
その菅原道真公の風習にしたがい、無言で会社や個人の家々に化け物が上がり込んでは
酒やジュースを振る舞う姿があちらこちらで見られます。

なので、化けものに質問するような話を聞かれても困るし、
また「あっ、お前近所に住んでいるアイツだろ!」などと特定されても困る訳だ(笑)
化け物はひたすら無言で、手に持っている飲み物を観光者の目の前で見せては指で合図して
酒とジュースどちらにする?と指してきます。それで飲みたい方を指で選択すれば良いのです。

化け物祭り


>>鶴岡天神祭 化け物祭りの続きを見る


南陽市のブログ記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


南陽市の記事タイトル一覧表
白龍湖 南陽市宿泊ホテル・旅館
烏帽子山公園の桜
置賜さくら回廊
熊野大社
南陽の菊人形祭り くぐり滝
双松バラ園 -



340種類・6000本の薔薇の花が見れる南陽市の双松バラ園


双松バラ園
▲南陽市で行われている双松バラ園(そうしょう)の花の写真

  • ・場所:山形県南陽市宮内の熊野大社の周辺や双松公園

  • ・開園期間:6月上旬~7月上旬が見頃。

  • ・入園料:大人300円(中学生以上)、小人100円、団体15名以上・大人250円、小人80円

  • ・南陽市の名物・特産品:ワイン、リンゴ、ラフランス、ぶどう、サクランボ、ラーメン、バラ、菊

  • ・宿泊先:南陽市宿泊ホテル・旅館

バラの花

置賜盆地を一望できる高台にあるバラ園
南陽市と言えば、春は置賜さくら回廊
スタート地点として烏帽子山公園から花見を
楽しむ観光客が訪れるが
6、7月になれば薔薇の花を見ることができる。

10月になれば南陽の菊人形祭りも行われ
南陽市とは実に花々しき所也。



双松バラ園について
双松バラ園は、置賜盆地を見渡せる高台にある公園で開かれています。
広さは8000㎡、340種類・6000本のバラ園で、山形県村山市にある東沢バラ公園
よく比較されたりしますが、向こうほど広くはなく、薔薇の本数も多くはない。

しかし足腰の弱い年寄りの意見だと、東沢バラ公園は広すぎるし登りが大変なのだと言う。
それ故、自分にはこちらの方が合っているという観光客もいた。
まあ薔薇の花をじっくり観察するのを目的や、上記の理由で眺めたいのなら分かる気はするかな。

南陽市の風景と薔薇の写真


>>双松バラ園の続きを見る


長井市のブログ記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


長井市の記事タイトル一覧表
ながい黒獅子まつり 置賜さくら回廊
総宮神社 朝日軍道
長井水祭り 最上川花火大会まつり 長井あやめ公園



500種類・100万本の菖蒲が咲く、長井市のあやめ公園


長井あやめ公園
▲長井市にある、長井あやめ公園の花の写真

  • ・場所:山形県長井市横町

  • ・駐車場:広々と料金所の前に有り(無料)

  • ・期間:6月中旬~7月上旬頃が見頃

  • ・入場料:小人300円、大人700円、団体20名以上で小人160円、大人420円

  • ・長井市の名物・特産品:サクラ、ツツジ、アヤメ、地酒、漬物、山菜、手打ちそば


長井あやめ公園のマップ
鮮やかなる菖蒲(あやめ)の花々
長井市の総宮神社のすぐ側には、
長井あやめ公園という菖蒲がいっぱい
咲いている公園がある。

さらに近くにはあやめ公園駅があるので、
長井市の観光地としては利便性が良い。
基本的に置賜地方は、花々しい地区で
季節になると花の展示はよく行われている。

        ▲画像クリックで拡大可


長井市のアヤメ公園について
長井アヤメ公園は、明治43年7月に金田勝見氏が、自分で経営する茶店の西の杉林跡地を
開墾して数10株のあやめを植え、茶会を開き招いたのが、あやめ公園の誕生の秘話として
語り継がれています。現在は500種類・100万本にもなる。

長井市のアヤメ公園でしか見れない「長井古種」など長井市固有の種が、
守られていることが特徴です。
そのため長井市では、町のシンボルマークが「あやめ」になっています。

アヤメの花の写真


>>長井あやめ公園の続きを見る



2500株の紫陽花(アジサイ)の花と出塩文殊堂


出塩文殊堂のアジサイ
▲山形市にある、出塩文殊堂と参道のアジサイの花の写真

  • ・場所:山形県山形市村木沢

  • ・駐車場:参道の登り口の近くに20台ぐらいスペースが有る(無料)

  • ・期間:あじさい祭りは、毎年6月上旬~7月中旬頃に行われている。

  • ・山形市の名物・特産品:サクランボ、ぶとう、玉こんにゃく、こけし、米、紅花、鋳物

  • ・宿泊先:山形市格安宿泊ホテル

紫陽花

出塩文殊堂のマップ
参道に植えられたアジサイの花々
山形市の村木沢には、出塩文殊堂がある。
村木沢と言えば山形市街からは若干離れ、
山辺町付近にある自然豊かな所だ。

山形市では日本一の芋煮会を行っているが、
里芋はこの村木沢で取れているものだと聞く。
6月下旬~7月上旬頃から出塩文殊堂参道の
アジサイが見事に咲き祭りが開かれる。
         ▲画像クリックで拡大可


紫陽花参道について
約260年前に奉納された55mの石階段を保存のため、昭和62年度より7年に渡り、
参道の両側に土を寄せ30数名の方により、紫陽花の苗木寄贈。
現在のアジサイの数は、2500株(40種類)になり、『紫陽花参道』と名付けたそうだ。

8月の花摘み、11月の雪囲い、その他の作業の管理作業を年間70人程の人数で管理している。
酸性の土壌なので、赤い色のアジサイが紫色に変色したものが多い。
質素な祭りだが、平成7年から第一回あじさい祭りが行われ現在も継続されています。

山形市のあじさいの花


>>出塩文殊堂とアジサイの続きを見る


新庄市のブログ記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


新庄市の記事タイトル一覧表
新庄祭り 宵まつり2009年
新庄祭り2008年
新庄まつり2007年
新庄まつりの山車について
新庄市宿泊先(ホテル)
最上公園の桜 旧矢作家住宅
新庄カド焼き祭り -



| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |