最上公園でニシンが香ばしく焼かれる、新庄カド焼きまつり


新庄カド焼き祭り
▲新庄市で行われている、新庄カド焼き祭りのニシンを焼いている様子の写真

  • ・場所:山形県新庄市の最上公園(新庄城跡・戸沢神社)

  • ・期間:4月下旬~ゴールデンウイーク期間辺り。時間は11時~15時頃まで。

  • ・新庄市の名物・特産品:新庄漬け、くじら餅、しそ巻、ゆべし、漬物、揚げまんじゅう、納豆汁

  • ・宿泊先:新庄市宿泊先(ホテル)

ニシン焼き

最上公園
みちのく新庄の春の風物詩のカド焼き
ゴールデンウイーク中に新庄市の最上公園を観光した。花見の際に最上公園に立ち寄ったので、屋台の方から「ずいんぶ熱心だな!」
と言われる始末(笑)

フッ、今回はカド食いに来たのだよ~
GWはどこも込み合うし、マッタリおいしい物を
食べて過ごしたい気分なのさ♪



新庄カド焼き祭りについて
カドとはアイヌ語で生ニシンのことを指し、春告魚とも呼ばれる魚だそうだ。
それ故、新庄市ではカドは春の代名詞とし、毎年春には最上公園でカドを焼いて食べる習慣がある。

しかし一時期、北海道でニシンが採れなくなったので廃れたこともあったが
昭和49年5月に懐かしさも有り市民に呼びかけ、春の行事・風物詩として復活し現在に至る。
最上公園の桜が散り、堀の水面に花びらが浮かぶ頃に祭りが開かれ、露店も数件出ている。


カドを食べるのは当時の風習なのだろう
新庄は山形県の内陸部なので、魚なんかは流通により入手していたのだろう。
先人の話によれば魚は貴重なため値段も高く、正月や祝いの時など特別な日に食べる物。
カド以外には、米沢市のようにコイを養殖し食べる習慣は昔からあった。

内陸部では豪雪地帯なため4月でも残雪が多く、たまに山で兎の肉ぐらいしか採れないだろうし
タンパク源を摂取するには、海魚系は当時は貴重な食べ物だったのだろう。

最上公園


>>新庄カド焼き祭りの続きを見る


山形情報・ニュース

第34節 モンテディオ山形vs横浜F・マリノス 2009年12月5日
試合会場:NDソフトスタジアム山形
モンテディオ山形(ホーム)
勝点38→39
横浜F・マリノス
勝点45→46
0対0
得点者
- -

1年間お疲れ様でしたー
12月5日にNDソフトスタジアム山形にて、モンテディオ山形vs横浜F・マリノスの試合が行われた。
モンテディオ山形と横浜F・マリノスの試合の方は、引き分けで終了しました。


モンテディオ山形は前節でJ1残留が確定したので、小林伸二監督はめっちゃ喜んでました。
それでその甲斐あってか、小林監督を来季の続投を要請するそうで、
近くに正式にオファーを出すのだとか。モンテディオ山形は中盤は選手の怪我者が多く出て
J1残留が難しい状況に見舞われたたが、結果フタを開けてみると前半の貯金で凌げましたね。


モンテの7選手と来季契約を更新しないと発表
少し前に発表されたのだが、モンテディオ山形の選手、財前宣之、渡辺匠、小原章吾、木村誠、
木藤健太、遠藤大志、坂井将吾の選手がいたが、12月1日に来季契約を更新しないと発表。
本人らのブログを眺めてみると、11月下旬以降ショックなのか更新されてなかったり
お疲れ様でした!と早々とその日から報告していた方もいた。


モンテディオ山形はJ1残留できたつかの間だが、今年と春までで多くの選手がいなく
なりますね・・・。モンテディオ山形の今後は身の丈に合った強化を目指すようだ。
プロの世界は勝っても負けても厳しいですね・・・


鹿島、史上初の3連覇
優勝は鹿島アントラーズで、3年連続7度目の優勝を果たしました。
2位の川崎とはを勝ち点差が2で、鹿島が浦和を1対0で勝利したため
リーグ初優勝を逃してしまった川崎。熱い優勝争いでした。



▲第34節 モンテディオ山形vs横浜F・マリノスの動画
モンテディオ山形と各節でのチーム対戦結果
第1節 モンテディオ山形vsジュビロ磐田
○ 6対2 ●
第2節 モンテディオ山形vs名古屋グランパス
- 0対0 -
第3節 モンテディオ山形vsFC東京
● 0対1 ○
第4節 モンテディオ山形vsジェフユナイテッド千葉
○ 1対0 ●
第5節 モンテディオ山形vs大分トリニータ
○ 1対0 ●
第6節 モンテディオ山形vsガンバ大阪
● 1対2 ○
第7節 モンテディオ山形vs鹿島アントラーズ
- 1対1 -
第8節 モンテディオ山形vs大宮アルディージャ
○ 3対0 ●
第9節 モンテディオ山形vs柏レイソル
- 0対0 -
第10節 モンテディオ山形vsヴィッセル神戸
● 1対3 ○
第11節 モンテディオ山形vsアルビレックス新潟
● 0対1 ○
第12節 モンテディオ山形vsサンフレッチェ広島
● 1対3 ○
第13節 モンテディオ山形vs京都サンガF.C.
- 0対0 -
第14節 モンテディオ山形vs清水エスパルス
● 1対4 ○
第15節 モンテディオ山形vs川崎フロンターレ
● 0対1 ○
第16節 モンテディオ山形vs浦和レッズ
● 2対3 ○
第17節 モンテディオ山形vs横浜F・マリノス
○ 2対1 ●
第18節 モンテディオ山形vsジュビロ磐田
○ 3対1 ●
第19節 モンテディオ山形vsアルビレックス新潟
- 1対1 -
第20節 モンテディオ山形vsガンバ大阪
- 1対1 -
第21節 モンテディオ山形vs京都サンガF.C.
● 0対1 ○
第22節 モンテディオ山形vsFC東京
○ 1対0 ●
第23節 モンテディオ山形vs川崎フロンターレ
● 0対2 ○
第24節 モンテディオ山形vsサンフレッチェ広島
● 1対2 ○
第25節 モンテディオ山形vs浦和レッズ
● 1対4 ○
第26節 モンテディオ山形vs清水エスパルス
● 0対1 ○
第27節 モンテディオ山形vsジェフユナイテッド千葉
○ 2対1 ●
第28節 モンテディオ山形vs大分トリニータ
- 0対0 -
第29節 モンテディオ山形vsヴィッセル神戸
○ 1対0 ●
第30節 モンテディオ山形vs柏レイソル
○ 1対0 ●
第31節 モンテディオ山形vs鹿島アントラーズ
● 0対2 ○
第32節 モンテディオ山形vs大宮アルディージャ
- 0対0 -
第33節 モンテディオ山形vs名古屋グランパス
● 0対2 ○
第34節 モンテディオ山形vs横浜F・マリノス
- 0対0 -
- -


猫先生のご感想


いや~1年間いろいろあったニャー
長いようで短かかった1年だ。お疲れさま~♪




山形観光旅行記

旅人の天晴れ『紅花・ベニバナを種から育てた育成記』の話


紅花
▲自宅で植えた紅花が咲き、満開になった時の写真

ベニバナ
山形の県花となっている紅花
山形県ではベニバナが県花となっており、
至る所で紅花の彫り物やイラスト・写真など
あらゆる所で目にすることが多い。

なぜなら紅花は、古くから山形で盛んに
栽培されてきたので、現在もベニバナと
言えば山形県と定着したのであろう。
主に染料や食用油として使用されます。

紅花の風景

山形の紅花の歴史
スタジオジブリのアニメ映画『おもひでぽろぽろ』では、山形の紅花畑が紹介され
畑一面にベニバナが咲き、農家が摘み取るシーンや内容について放送されていた。
山形では紅花は最上家が支配していた頃から、すでに栽培されており最上紅花と呼ばれ
船で運んで京で高く売られるほど、品質が良い高級染料として高く取引されていた。
江戸後期においても天童市にいた織田藩を見ても、紅花を奨励し財政を立て直そうとしたほどだ。

今では科学染料で紅花の色を再現できる時代になったため、高価だった紅花は衰退し
現在では観光用として、小さく縮小し植えられているのが現状だ。
しかし、日本では本物にこだわる染物屋などもいるようで、最近では見直されていると聞く。
山形では『おもひでぽろぽろ』のような畑が、広くは無いが現在もいくつかあります。


>>紅花(ベニバナ)育成記の続きを見る



| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 |