片桐繁雄先生の元で直江兼続と上山の最上軍を学ぶ


片桐繁雄先生
▲上山城の特別展示室で行われた片桐繁雄先生の講演会

片桐繁雄先生
片桐繁雄先生とは?
1933年(昭和8)に、山形市に生まれ
山形大学教育学部を卒業後、長井市・山形市・東根市の小中学校で先生や校長を勤務。

山形市立第二小学校の校長を定年退職すると、1994年(平成6)に(財)最上義光歴史館の局長を務める。1999年に退任し、現在では
上山市の市立図書館の館長をしている。

上山城北天の巨星・最上義光

世界一、最上家に詳しい人
片桐繁雄先生と言えば多くの最上義光に関する本を執筆し、彼以上に最上義光を知る人物は
世界に居ないと言っても、それは過言ではないだろう。
山形の多くの戦国時代の歴史を広く伝えた方なのである。講演会は9月20日の午後2時から
上山城特別展示室で行われました。これはまたと無いチャンスだと思い勉強しに行きました。

最上義光
片桐先生が見る最上義光の人物像とは?
一言でいうと弁慶のような人物だと言っていた。
今では弁慶は義経と供に伝説化しているが
彼が大活躍したという記録が無い。

ある時は坊さんであったり、牛若丸と橋の上で
戦ったり、弁慶の立往生などと逸話が多い。
つまり弁慶という人物は存在したようだが
色々な噂が出て今の弁慶の人物像になっている。
                                     ▲山形城にある最上義光の像

直江兼続に関する、ぶっちゃけ歴史話


直江兼続直江兼続

直江兼続は賢く、残酷で利を求めた人物だった
最初は渡された資料をただ読むだけの、つまらん歴史話になるのかと思っていたが
片桐先生が、これは米沢の人に叩かれるだろうな・・・と言いながらもぶっちゃけてくれました。

安土桃山時代から、江戸初期にかけての最大の学者である藤原惺窩(せいか)という人が
直江兼続のことを奸雄(かんゆう)と称している。
奸雄の『奸』はズル賢い、雄は英雄の『雄』という意味。織田信長ですら奸雄と何故か呼ばれない。
また藤原惺窩は、もし天下が3つあるとするならば、直江兼続はその内の2つを手に入れた男だろう
と言う、それと同時に直江兼続は自分の主君に戦いを進め、主君の義を滅ぼす男だとも言っている。

片桐繁雄先生一般では兼続は豊臣秀吉に可愛がられたと
言うが、太閤記を見ると一文も秀吉との会話が無い。また豊臣の姓が与えられたのは兼続
だけではなく、たくさんいたのだそうだ。

一方、最上義光の方はその太閤記には7箇所ほど名前が出てくる。兼続の名は1回だけ。
何に1回だけ出てきたのかというと、秀吉が亡くなり形見分け際に刀をあげたという時のみ。


形見分けは全員で260~270人ほどいて、最上義光も刀を一本貰ったそうだ。
有名や無名の武将が並ぶ中、兼続の名前は最後の方にチョロと記載されているだけとか。
つまり太閤・豊臣秀吉との接点が薄く、兼続はいかに作られた話が多いということが分かるそうだ。

>>慶長出羽合戦と上山の戦いの続きを見る



庄内三大まつりの一つ、大山犬祭り


大山犬まつり
▲鶴岡市で行っている大山犬まつりのからぐり山車の様子

  • ・場所:山形県鶴岡市の大山目抜き通り~椙尾神社周辺

  • ・期間・時間:6月5日、11:30にJR羽前大山駅から行列が出発

  • ・駐車場:出羽商工会大山支所、大山コミセン駐車場、大山公園(無料)

  • ・鶴岡市の名物・特産品:だだちゃ豆、寒鱈汁(かんだらじる)、どんがら汁、からからせんべい
     サクランボ、切山椒(きりさんしょう)、庄内柿、庄内米、麦きり

  • ・宿泊先:鶴岡市格安宿泊ホテル・旅館

大山犬祭りのメッケ犬
椙尾神社例大祭となっている大山犬祭り
庄内三大祭りの一つである、大山犬まつりを眺めに行った。この祭りは椙尾神社の例大祭でもあり、村を救ったメッケ犬の伝説が
あるから、それで祝っているようだ。

椙尾神社の創立は不明だが、創建者は尾浦城主の武藤氏による創建と伝わっている。
祭神は最初積羽八重事代主と天津羽々命。
            ▲メッケ犬

大山犬まつり大山犬祭り

メッケ犬伝説とは?
その昔、椙尾神社(すぎお)の裏山に東の坊・西の坊という入道姿で、田畑を荒らす化け物がおり
村人は困っていた。そのため毎年お祭りの日には、美しい娘を椙尾神社に供えなければならない。
ある年、大山を通りかかった修験者の六部がその話を聞き、神社の天井に隠れ様子を見てた。

大山犬まつり大山犬祭り

2人の大入道は「このことは丹波国のメッケ犬に聞かせるな」と言い、娘を裂きそれぞれ裂いた娘を
持ち去った。六部は丹波国の茶屋でメッケ犬を見つけ、娘の変わりに籠に乗せ神社に供えた。
入道が籠を開けるとメッケ犬が飛びかかり戦った。
夜が明け六部と村人が様子を見に行くと、そこにはメッケ犬と2匹のムジナが死んでいたそうだ。

大山犬まつり・めっけ犬

そして村を救ったメッケ犬は椙尾神社のお前立となり、例祭ではメッケ犬を箱車に乗せて市内を
ねり歩いています。大山犬まつりは300年以前から続いており、からぐり山車も巡回している。
と、まぁ話の内容は高畠町にある犬の宮と猫の宮の高安犬物語に似ていますね。


>>大山犬まつりの続きを見る


山形グルメ旅行記

腹減り侍『だだちゃ豆』の話


だだちゃ豆
▲庄内名物、だだちゃ豆

だだちゃ豆
だだちゃ豆とは?
庄内にある鶴岡周辺で江戸時代の頃から作られてきたという豆で、普通の枝豆と比べると濃厚な味と豆の風味が強く、生産数も限られているため『まぼろしの枝豆』とも言われている。

現在でも庄内地方で多く収穫され
他県で収穫されているかどうか知らないが
だだちゃ豆のルーツを探ってみた。

だだちゃ豆と普通の枝豆がどう違うのか?

  • 1.普通の枝豆より、豆数が少ない

  • 2.サヤに生えている毛が茶色

  • 3.くびれが深く、見た目が悪い

と、まぁ食べる豆数も少なかったりと、どこもかしこも劣等的な枝豆に見えるが、前述の通り味が
良い豆で、その味は殿様の舌までも魅了したほどの『超枝豆』でありブランド産の枝豆なのだ。

だだちゃ豆

名前の由来
それは山形の多くを支配していた最上家が改易になり、庄内には酒井家が封ぜられた。
酒井藩の頃の時代に、その殿様は枝豆好きだったらしく収穫の時期になると、毎日枝豆を献上させ
枝豆を食べては「今日はどこで作った、だだちゃの枝豆か?」と側近の者に尋ねるのだと言う。
「どこで作っただだちゃの枝豆だ?・・・ どこのだだちゃの枝豆だ?・・・ どこの”だだちゃ豆”だ?」
それが名前の由来だと伝わっている。『だだちゃ』とは、父親・オヤジを指す意味で庄内の方言也。


>>だだちゃ豆の続きを見る



祭りがもっとも最高潮に達する新庄祭りの本まつり


新庄祭り
▲2008年の新庄祭りの歌舞伎部門・石橋「清涼山幻想の場」

  • ・場所:山形県新庄市の新庄駅の裏側

  • ・イベント期間:8月24日~26日の3日間、初日から宵・本・後まつりと呼ぶ。

  • ・駐車場:お祭り場付近や新庄駅付近に有料・無料駐車場を利用

  • ・新庄市の名物・特産品:新庄漬け、くじら餅、しそ巻、ゆべし、漬物、揚げまんじゅう、納豆汁

  • ・宿泊先:新庄市宿泊先(ホテル)

新庄まつり
今年も山車を眺めに新庄祭りの本まつりへ
今年も250年の伝統がある、新庄祭りを
観光してきました。前日の宵まつりでは
大雨の中イベントを続行したそうだ。

して、今回は祭りがもっとも盛り上がる本まつりを眺めに参った。新庄駅内には去年の山車
寿連獅子だけが展示されていた。
2007年の新庄祭りはこちら⇒新庄まつり
      ▲新庄駅内にあった歌舞伎の山車

新庄まつりの様子新庄祭りの写真

今年も盛り上がっておるな
さっそく新庄駅から裏側へ下りると、すでに多くの観光者が訪れ盛大に盛り上がっていた。
普段の新庄とはまったく別で、この混みっぷりの風景を眺めると祭りだな~と思える物也。
天候は曇りで雨が降りそうな気もしたが、何とか降らずに済んだ。

新庄藩の戸沢家の歴史が伺える神輿渡御行列


神輿渡御行列
▲神輿渡御行列(みこしとぎょぎょうれつ)の伊達組衆

新庄祭りの天狗
二百名による戸沢家の行列を再現
新庄祭りでは、酒田市で行っている行列の
中山神社祭典武者行列のようなことも行っている。

神輿の警護にあたる新庄藩の侍200名による
長い行列が続き、天狗なども見られる。
各場所では、伊達衆による足さばきや
傘回しの妙技なども見られ、戸沢氏の威光を
現在に伝えています。


>>新庄祭りの続きを見る



赤湯の国道13号沿いにある白龍湖


白龍湖
▲南陽市にあり、何でも生息しているという白龍湖 (はくりゅうこ)の様子

  • ・場所:山形県南陽市赤湯の国道13号沿い

  • ・駐車場:白龍湖の赤い鳥居周辺の広場(無料)

  • ・南陽市の名物・特産品:ワイン、リンゴ、ラフランス、ぶどう、サクランボ

  • ・宿泊先:南陽市宿泊ホテル・旅館

白龍湖
通りすがりに涼を求めて白龍湖へ
南陽市赤湯の国道13号沿いにある白龍湖を
観察してきた。上山市から南陽市へ行く途中の下り坂になっている所に湖は存在するので
車内から湖の全体像が見渡せます。

して、たまに様子を眺めにちょくちょく行くが
今回は青空だしちょっと涼を求めて行って
みるか!とイザ出陣。
     ▲国道13号の車内から見た白龍湖

白龍湖白龍湖
周りは洪水の有様・・・。色んな意味で貴重な写真か~

うわぁぁ・・・何じゃこりゃ!周囲が水浸しに!
普段通り車を止めようとしたが、何か様子がおかしい・・・。よく見ると水が溢れ出て洪水になってた!
いつもはこんな風にはなっておらず、ただの湖があるだけの風景である。一体どうしたのだろうか・・・
とりあえずバイクがあるから誰か居るようだ。色々と事情を聞いてみるか!

南陽市赤湯の白龍湖
予想通り魚釣りをしていた
何とか鳥居付近に到着すると、釣人が居た。
ここはいつ来ても釣りをしている方が居る所だ。

洪水の話を聞くと、田畑を潤すため水かさを上げているんじゃないか?とあまりハッキリした意見が
聞けなかったので、何が釣れるのかなど釣の
話をしばらくして、湖を観察することにした。

白龍湖の洪水白龍湖の洪水

白龍湖の洪水の謎について
一度足場を通り奥に行き、しばらく湖を観察していたら一人の50代ぐらいの男性が後ろから来た。
服装を見るに農家の方だろう。ひょっとしたらこの地の田んぼの地主なのかと思い、聞いてみた。
どうやら地主ではないが、古くからこの白龍湖を知る方なのであらゆる教えを学び聞き取った。

まずこの洪水だが、これはやはり周囲の田んぼに水を送らせるために水をせき止め
田んぼを潤しているのだと言う。この季節は毎年このような状態になるのだとか。
側には水を止めたり、開けたりする金属制のハンドルがあった。それで水を調整しているようだ。
それでせっかくなので白龍湖についての歴史や、生物などの話も聞いてきた。

赤湯の白龍湖跡


>>白龍湖の続きを見る


鮭川村のブログ記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


鮭川村の記事タイトル一覧表
鮭川歌舞伎 鮭川村宿泊ホテル旅館



鮭川村格安宿泊ホテル旅館一覧表


鮭川村のおすすめ格安宿泊ホテル一覧表です。ネットから空き部屋の確認と宿泊予約ができ

ポイントで値段が安くなる『じゃらんnet』に対応した宿泊先一覧表です。

鮭川村はネットに対応した宿泊先が1件しかないので、他の市町村と併用して見た方が良いかも。

尚、地図や場所に関してはリンク先のMAPから確認することが可能です。

よくある質問 ネットで宿泊予約の仕方


宿泊先ホテル名 住所 値段
加登屋旅館 山形県最上郡鮭川村大字中渡1312 ¥4,500~


山形グルメ旅行記

腹減り侍『ラーメン次郎長 納豆みそラーメン』の話


納豆みそラーメン
▲米沢市にある、ラーメン次郎長の納豆みそラーメン

ラーメン次郎長
んっ!清水次郎長・・・?
それは春の日だった。米沢市内を観光し
腹減った~とか思いながらボッーと車を運転
していると、次郎長という看板が目に入った。

次郎長って・・・清水次郎長のことなんだろうか・・・と考えたがせっかくなので入店した。
看板に泉町店と書いてあることから、チェーン店がどこかにあるのだろう。
            ▲泉町店

ラーメン次郎長次郎長グッズ

店内を観察
早速店内へ入ると周囲を眺めた。カウンターと座敷の席があり、どこも清水次郎長らしき物は
見当たらないなと思っていたが、奥の座敷に席を移すと次郎長グッズが飾ってあった。
直江兼続のポスターなども貼ってあり、やはりここは米沢なのだな~と感じるものだ。

次郎長一家の看板清水次郎長のウチワ

店名どおり次郎長グッズが・・・
他には次郎長一家(28人衆)の名前が書いてあり『清水港は鬼よりこわい大政小政の声がする』
と書いてあった。ウチワを眺めるとずいぶん年季が入っており、あの白黒写真は清水次郎長である。
このお店の店長は、めっちゃ清水次郎長好きなんだろうと思った。何か詳しく知ってそうだな。


>>ラーメン次郎長 納豆みそラーメンの続きを見る



農村に伝わる鮭川歌舞伎 定期公演


鮭川歌舞伎
▲鮭川村で行っている、鮭川歌舞伎 定期公演の様子

  • ・場所:山形県鮭川村中央公民館

  • ・イベント期間:毎年6月の第2日曜日の正午から

  • ・入場料:無料

  • ・駐車場:中央公民館に有り(無料)

  • ・鮭川村の名物・特産品:米、山菜、キノコ、ユリ、リンドウ、バラ、くるみゆべし、味噌まんじゅう

  • ・宿泊先:鮭川村宿泊ホテル旅館

鮭川歌舞伎の会長
鮭川村に伝わる伝統的な歌舞伎
山形にはいくつか伝統的な歌舞伎が伝わり
定期的に公演を行っているが鮭川歌舞伎も
その内の一つである。

それで早速鮭川村に歌舞伎を見に行った。
この年は第三幕まであり、公演時間は正午
から16時ぐらいまでと結構長い公演でした。
       ▲鮭川歌舞伎保存会の会長

鮭川歌舞伎鮭川歌舞伎

鮭川歌舞伎の歴史
鮭川歌舞伎とは、安永2年頃に江戸の歌舞伎役者により伝承されたもので、川口・上大淵・京塚
石名坂の各地域に伝わってきたといわれる村芝居です。昭和47年10月24日に、その4カ所が
合併し鮭川歌舞伎保存会を結成しました。

戦争により鮭川歌舞伎は、衣装や後継者が無くなり衰退の道を辿った。
昭和46年11月に、衣装を持っていない農村歌舞伎「郷土の歌舞伎を守れ」と東京新聞に掲載され
それが東京の市川千升歌舞伎劇団の『市川千升』家元座長の目に止まり、自分の使っていた
一座の衣裳、かつら、小道具など三百点以上の寄贈を申し出てくれ、復興することができた。
平成18年2月には、山形県無形民俗文化財にも指定され現在も定期公演を続けている。

鮭川歌舞伎鮭川歌舞伎

何とも暖かい話でござるな~
パンフレットを眺めると、市川千升氏に対して敬意の気持ちなのか、歌舞伎役者の方々の芸名が
市川という苗字になっていた。子供歌舞伎を除いて、8、9割が市川氏となっている。
若い女性の後継者にも恵まれ、第二の故郷として見守り他界した市川千升氏に感謝し
祖先の偉業を忠実に守り後世に伝えていくと、鮭川歌舞伎保存会の会長が語ってました。

鮭川歌舞伎定期公演

>>鮭川歌舞伎の続きを見る


中山町のブログ記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


中山町の記事タイトル一覧表
ミニSL 山形さくらんぼ運転会 -



| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 | 次の旅行観光≫