五百年余りの歴史がある黒川能


黒川能
▲鶴岡市黒川に伝わる、国指定重要無形民俗文化財の黒川能の様子

黒川能の写真
古くから伝わり山形に存在する能
山形県鶴岡市黒川(旧・櫛引町)には
五百年の伝統を受け継いだ黒川能がある。

山形県内外で公演はたまに行われているが
フランス・パリで開かれた芸術祭にも招かれ
公演し、日本の文化の素晴しさを能で伝え
連日満席の大喝采を浴びたようだ。
その伝統ある黒川能をご紹介して進ぜよう。
           ▲上座の大般若

春日神社春日神社
鶴岡市黒川に鎮座する春日神社

黒川能の歴史
黒川能は、鶴岡市黒川にある807年に創建された春日神社に伝わる神事能である。
黒川能の始まりについては、定説は無い。未だ究明は無いがいくつかの説は存在する。

まずは平安時代初期の859~877年頃に、清和天皇が黒川に足をとどめ、里人に能を伝えた説。
もう一つは、南北朝時代末期の1394~1427年に後小松天皇(ごこまつ)の第三皇子小川宮が
黒川能を伝え、この地に没せられたという説がある。
そして現在も春日神社を信仰している黒川の氏子(農民)達の手により伝えられ
氏子はそのまま能役者になり、黒川で伝承され続けられています。

能狂言の能

黒川能の流派について
黒川能の流派は、現在の五流(観世・宝生・金春・金剛・喜多)と同系であるが
観阿弥・世阿弥が大成した猿楽能の流れを汲んでいて、いずれの流派にも属さない
独自の流派であり、現在では滅びてしまった演目や演式などに古い様式を残したものだ。

黒川能では他の能には見られない両腕を広げ、両手の人差し指を指す独特の構えをとり
能を行うが、あれも能が発祥したころの古態の形で、能以前の古い芸能の名残が伝わっている
のではないだろうかと言われている。
いずれにしてもハッキリとした定説がある訳でもないのが現状だ。

黒川能


>>黒川能の続きを見る


山形の花火・百花繚乱

山形の夏の花火『水郷大江夏まつり 灯ろう流し花火大会』の写真・動画


水郷大江夏まつり・灯ろう流し花火大会
水郷大江夏まつり 灯ろう流し花火大会の水面に写る花火と灯籠

灯ろう流し
最上川に流れる灯ろうと花火大会
大江町の花火の特徴と言えば、灯ろうを最上川に流し花火と一緒に見れる点にあるだろう。

また最上川の水面に反射した花火は見事な
もので、これも灯ろうとのセットで眺めるのが
また面白き事也。
しばらく眺めてたが、夏の風流を感じるものだ。
    ▲無数の灯籠が最上川の闇夜を照らす

20号玉の花火スターマイン
▲左の写真:最後に千本原で打ち上げられた20号玉の花火

大江町の花火の特徴
大江町の花火の特徴については前述した通り、灯ろうと花火の組み合わせであるが
それ以外の特徴としては、花火が楯山、柏瀞、千本原と3箇所から打ち上がるのだ。
千本原からの花火の打ち上げは、主に単発系や10や20号玉などの大型の花火が打ち上がる。
楯山や柏瀞も単発系は打ち上がるが、スターマインの方が多く上がる内容です。

もっとも絶好の観覧場所を考える
大江町の3箇所から打ち上がる花火を、もっともベストな位置から眺めれる方法を考えた。
結論から言えば、それは最上橋の上だろう。しかし、橋の上での観覧は禁止されているため
見付かると警備員などに注意されます。するとその次はどこぞ?と考えると、最上橋の真下の土手
がベストだと思えます。理由はどちらかに偏った位置に座ると、最上橋が邪魔になって花火が
さっぱり見えないのですよ。なので移動をせずに一つの場所で見るには最上橋の真下がソレかね。

水郷大江夏まつり灯ろう流し花火大会

花火を見た印象
あ~、山形大花火大会や赤川花火大会などと言った、大規模な花火では無かったが
灯ろうと花火のセットで、尚且つ近くで眺めれる点が良かったかな。
動画で序盤に写っているが最初に火事にならないようにと、神事みたいに何かに火を付けて
安全祈願をしていた。なので案外と伝統的なイベント化なのかな~と思った。
とは言え、水面に写る花火を観察しながら、夏の夜にふけるのもこれまた一興なことよ。

水郷大江夏まつり・灯ろう流し花火大会


>>水郷大江夏まつり 灯ろう流し花火大会の続きを見る


山形観光旅行記

旅人の天晴れ『バードウォッチ』の話


ツバメのヒナ
▲自宅に巣付くツバメのヒナをバードウォッチ!! あら~めんこいなぁ~

ツバメ
何故か鳥に好かれる旅人・・・
毎年夏の少し前の時期になると、何故か
決まって我が家にはツバメが巣を造る。
巣を造る場所も、駐車場か倉庫へ造るのだ。

まぁ動物を見るのは基本的に好きなのだが
糞を落としてくるのが厄介である。
今年は駐車場へ巣を造ったから、車に付いた糞を何度も洗車したよ(>_<;
   ▲親鳥が餌を持ってくると、ヒナが口を開ける

ツバメツバメの餌
▲親鳥が餌を運んで来たシーン              ▲渡し損ねた餌(トンボ)

ツバメを観察
とりあえず巣の真下の糞が落下してくる地点へ箱を置き、しばらくツバメを観察していた。
ツバメのヒナが餌を渡しそびれ、地面へ落とした餌を見てみるとトンボの死骸が落ちていた。
昔からツバメが巣を造る家は、幸福な家に造るとかという話があるんだよな。
それが事実かどうか判らんが、隣の家には巣を造ったのを見たことがないから不思議なものだ。


>>山形バードウォッチの続きを見る


山形の花火・百花繚乱

山形の夏の花火『水郷大江夏まつり 灯ろう流し花火大会』の写真・動画


大石田まつり・最上川花火大会
大石田まつり 最上川花火大会の水上スターマインと流し灯籠の様子

最上川花火大会
最後の20号玉10連発がすごいな!
大石田町で行っている最上川花火大会を
観光してきた。この日は天候が悪いものだ。

現地へ到着すると世話になった駐車場の
警備の方々の話によると、近くで花火で見ようとすると建物が邪魔になり、花火が見えない
そうなので橋を渡り向こうで見るようにと
教えを受けた。
     ▲ラストの20号玉の2発同時の写真

大石田まつりの花火スターマイン

現地を観察してベストな位置を見極める
言われた通りに橋を渡り周囲を見渡すと、最上川に沿う道路の堤防の横一列に多くの観覧者が
列になっていた。なるほど!つまりこの堤防沿いで花火を見るのがベストのようだ。
そして18時40分頃になると最上川には、たくさんの流し灯篭が流され大江町の灯ろう流し花火大会
ぽい状況になった。200mぐらい距離があるので、動画や写真の黄色い点々がその灯籠である。

打ち上げ花火最上川の花火写真

大石田まつり 最上川花火大会の特徴
大石田町の花火の特徴でまず思ったのが、スターマインより単発系の打ち上げ花火の方に
比重を置いているように見えた。スターマインが4だとすると、単発系が6ぐらいの割合かな。
そして酒田花火ショーほどの大規模な大きさではないが、水上スターマインも打ち上げてました。
最後は山形県では大石田町だけしかやらない、20号玉サイズの大型花火・10連発が圧巻でした。

花火を見た印象
全体的に見ると、最上川の水面に写る花火と灯籠が幻想的な様子が良かった。
やはり印象強く残ったのは、ラストの20号玉10連発かな。皆口々に「うわーでかい!」や「大きい~」
と連発するばかりであった。写真や動画では、その大きさは判りづらいが見事な花火であった。
ただ一つだけ残念なのは、雨降りだったことだ・・・。片手に傘ともう片方はカメラはキツイって(@_@;

大石田まつり・最上川花火大会


>>大石田まつり 最上川花火大会の続きを見る


山形の花火・百花繚乱

山形の夏の花火『山形大花火大会』の写真・動画


山形大花火大会
▲山形市で行われた、第29回 山形大花火大会の様子(2008年)

打ち上げ花火
山形でもっとも大規模な花火大会
山形市で行われている山形大花火大会
山形県の中でもっとも打ち上げ数が多く
その数は2万発也。

今年も第29回 山形大花火大会を眺めに
行ってきました。今年は午後少し過ぎまで
大雨が降っていて大会中止になるのでは?
という不安が多かったが無事行われた。
      ▲スターマイン系がおすすめかな


駐車場はどこも満員だし人多すぎかね・・・
現地の会場に向かうため西バイパスにある、あかねヶ丘陸上競技場の駐車場を利用しようとした。
そこからシャトルバスが出ていて、会場へ向かえるのだ。が・・・しかし5時ごろ到着するとすでに
駐車場は満員らしく、山形駅の付近に駐車して、西口からバスが出ているからそれを利用してくれ
との警備員の指導があった。しかもバスの最終は5時30分ぐらいまでなのだと言う。

わずか20分程度で駐車場を見つけ、そして西口のバスに乗り込めるはずがある訳なかろうに・・・
ましてや、向こうも駐車場が満員だったらどうするのよ?という勘が働いた。
つまりこの警備員が言うことは非現実的なのである。なので別の方法で何とか会場へ乗り込んだ。
まぁ地理に詳しいと、こういった場面で徳をすることが多々ある(笑)

スターマイン花火の写真

山形の花火師について
山形県にはたった1人だけ花火師がいるのだそうだ。ニュースでやってた。内容によると実家が
花火を売っているお店らしく、その息子の安藤さん(現27歳)が、県内唯一の花火職人のようだ。
山形には花火師が居ないため、長野県で5年間習い花火師になられたそうです。
それでその安藤さんの花火も、7時30分頃に打ち上げたそうです。
確か山形大花火大会で、花火師によるコンテストも開いていたからそれに出展したのかも。

花火を見た印象
とりあえず今年の花火を見た印象としては、スターマイン系が特徴的でした。
圧倒的な数に驚いてしまいますね。ただ山形大花火大会は、比較的大きめの花火が上がるため
近くで見るのはあまりオススメしないかな。中間距離から眺めるのがもっとも良いかも。

理由は写真の枠に収まらないのと、近くでは人が混雑していて交通が麻痺しているからだ。
つまり近くで見ても、良い場所が取れる確立も低く、ひたすら真上の眺めるだけ。近くでは進入禁止
のロープの位置が、ちとやっかいだ。ましてや早く来る人はイスを用意して前列で見るからアレだ。
打ち上げ数は多くても、もう少し音楽とシンクロして打ち上げると面白いんだがな~

第29回の山形大花火大会


>>第29回 山形大花火大会の続きを見る


山形の花火・百花繚乱

山形の夏の花火『赤川花火大会』の写真・動画


赤川花火大会
▲鶴岡市で行われた、第18回 赤川花火大会の様子(2008年)

打ち上げ花火
全国デザイン花火競技会も行う赤川花火
鶴岡市の赤川河川敷で行われる赤川花火
大会と言えば、過去に全国の花火50選にも
選ばれた花火スポットです。

なので山形の花火で全国的に知名度が高い花火大会と言えば赤川になるだろう。
全国で5本指に入る花火大会と絶賛された
こともあったとか~
    ▲今回は際どい部分を斬ってみたりした

スターマイン赤川の花火写真
花火というより別の何かを見ている気もするか(笑)

ふむ、酒田花火ショーと大変似ているな
全部眺めて思ったのが、酒田市で行われている酒田花火ショーによく似た内容だった。
コンピューターで制御して音楽とミックスして打ち上げたり、スターマインと単発系をバランス良く
打ち上げる特徴的な部分が似ているかな。

少し違うのは赤川花火大会の花火は、打ち上がるポイントが3箇所ある点にある。
つまり広範囲に打ち上がるのだ。ラストのシーンは広すぎてカメラ全体に入らないほどだ。
それと全国デザイン花火競技会の会場にもなっていて、全国の花火師が競う大会になっている。

打ち上げ花火花火の写真

赤川の花火を見た印象
一言でいうと『さすがに全国で5本指に入る花火大会だけはあるな』と言った具合だ。
まず13000発は長くも無く、短くも無い丁度切りの良い長さが良い。それと基本的にどの花火も
全体的にまとまりがあったのは、素直に評価できる所であろう。音楽と花火のマッチ度に関して
言えば酒田花火ショーの方が、一枚上手だった気がするものの全体的に評価は高めかな。

ただ有料席でも撮影関係者でも無い、一般人への対応が良くない気がした。あれだけの人数が
見に来るのだからしょうがないかなと思ったが、もう少し上の道路の交通性を利便化できるだろう。
なので有料席を購入して見た方が良いんだと思った。でないと土手の坂部分で見るはめになるので
考えたい所だ。それでもうまく撮影者側に潜んで、見てた方は何人もいましたが・・・

赤川花火大会


>>赤川花火大会の続きを見る


山形グルメ旅行記

腹減り侍『らーめん亭白龍 特製辛味噌ラーメン』の話


特製辛味噌ラーメン
▲酒田市にある、あぶり屋ジョニー らーめん亭 白龍の特製辛味噌ラーメン

らーめん亭白龍
店名が白龍とは名前がカッコイイな!
酒田市にあるラーメン屋で昼食を取った。
どちらかと言うと酒田市というよりは、遊佐町
寄りにあるお店で国道7号線沿いにある。

店の外には竹や花が植えられ和を感じる。
こういうのを見ると『客をもてなす心』
というものを感じとれますな~
外観だけでもお店をアピールできる物也。
       ▲外観は和が感じられるかな

らーめん亭白龍白龍
▲庄内の人は飾物を置くが好きなのかな       ▲ふむ、見事な龍だ!結構なものです。

店内の様子
入口に入るとすぐ側には食券と、なぜか巨大な自由の女神の像があった。店内は座敷とテーブルが
用意されている。座敷の方には、右の写真の白龍の彫刻が飾られ、あれがこの店のメインの
オブジェクトであることが伺い知れるものであった。棚の本を見ても白竜という漫画が置いてあるな。
和と洋を混ぜた雰囲気の店内だな。看板にはあぶり屋ジョニーとか書いてあったからな・・・


>>らーめん亭白龍 特製辛味噌ラーメンの続きを見る


山形の花火・百花繚乱

山形の夏の花火『大蔵村納涼花火大会』の写真・動画


大蔵村納涼花火大会
▲大蔵村で行われた、第25回 大蔵村納涼花火大会の様子(2008年)

スターマイン
大蔵村でも花火を打ち上げとるのか~
今回は大蔵村の方でも花火を打ち上げているようなので、花火を眺めに旅に出かけた。
気分は、風の向くまま花火の打ち上がるままと言った感じか。天候もすこぶる晴天也。

花火が上がるにはまだ早いので、ここは旅人
らしく現地を少し探索してみるか!と最上川の観察をしてみようかと思った。

打ち上げ花火キット

おや?何だありゃー
最上川の土手部分から降り一人草むらを歩いていた。喉かな最上川を横目に地面に車のタイヤ跡
らしき物が見えたが、気にもせず散歩していた。すると、奥の方で車があり人が4,5人見えた。
さては花火を近くで見ようと、こんな草むらで宴会でもしているのか?と思いながらも近づくと
一人の50代ぐらいの男がビックリした目で「どこに行くの?」と話かけられた。

打ち上げ花火の道具

私は「この辺りを散歩をしている」と答えた。話の最中に横の仲間がハッピを着ているのに気付いた。ん!さては彼らは花火の実行委員会か、花火師なのだなと・・・と私の勘が働いた。
すると男はこの辺りは危険だから、土手より上を歩くようにと言ってきた。


旅人、失敗に気付いた直後に千載一遇のチャンスを掴む!
すぐ側には、ビールの箱のような物がいくつか置いてある。アッ!これは・・・もしや打ち上げ花火の
道具か!導火線も見える。やはり彼らは花火師なのだな。つまり私は長い道のりを歩きいつの間にか進入禁止区域に入っていたのか。それだと向こうも当然ギョッとするのも説明がつく訳だ。
せっかく訪れた記念に写真でも撮影しとこう(笑)と何枚か斬ってきた。千載一遇のチャンスだしね~


単発とスターマインの繰返しのタイプ
大蔵村納涼花火大会の特徴と言えば、さっき見た花火の打ち上げ場所から約150mぐらいの距離で
打ち上げるため、7号玉の花火が10号玉を打ち上げたような大きさに見えるのが特徴的であった。
赤ちゃん号花火という、今年生まれた赤ちゃんを紹介し健やかに育つように打ち上げる花火なども
あった。基本は単発>アナウンス>スターマイン>アナウンス>単発・・・のパターンの流れ。

個人的には花が広がりきる最中に、色が変化するタイプの花火が綺麗だったかな。
全体的に眺めると単発の4~7号玉を2発だけ打ち上げて、アナウンスだと少しダルイ気がした・・・。
2発を4発あたりにして打ち上げた方が、きっと豪華そうな花火に見えそうかな~



>>大蔵村納涼花火大会の続きを見る


山形の花火・百花繚乱

山形の夏の花火『米沢納涼水上花火大会』の写真・動画


米沢納涼水上花火大会
▲米沢市で行われた、米沢納涼水上花火大会の様子(2008年)

打ち上げ花火
上杉神社のある松岬公園の堀で打上がる
米沢市では東北花火大会という花火大会が
あるが、もう一つ花火大会をやっているのだ。場所は米沢城・上杉神社の東にある堀の
上杉伯爵邸寄り側で行われる。

なので現地へ到着すると、この日は交通が規制され普段通りに参拝できない。上杉神社だけなら遠回りして見れるが他は無理。
        ▲花火が上がる瞬間の様子

米沢納涼水上花火大会打ち上げ花火

米沢納涼水上花火大会の特徴と花火師を観察
松ヶ岬公園で打ち上がる米沢納涼水上花火大会の特徴と言えば、やはり打ち上がる瞬間を間近で
目視できる点にある。日が落ちない内に会場へ到着すると、白いテントと2畳ぐらいの囲いが
あったのに気付いた。白いテントは花火師の本部のようで、囲い部分にはすでに打ち上げ花火を
セットした状態で置いてあったように思える。

打ち上げセットの囲いとテント

理由は1グループの花火を上げ終わると花火師達(4,5人)が、終了した打ち上げ花火の状況を
確かめ、そして少し早足で去って行ったからだ。(去ってから約6秒後に次の花火が打ち上がる)
つまり最初から花火はセット完了で後は状況確認と、次の花火の導火線に点火するだけと伺える。
時間にして約2~3分ぐらいでその作業は終わる。その間会場では説明やら次の内容を流している。

米沢市の花火松ヶ岬神社公園の花火

花火を見た印象
ん・・・。少し前に行われた同じ米沢市の、東北花火大会と見比べてしまいますな~
あちらは打ち上げ数が3千だが、こちらは5千と数では有利な数字に見えるが、何分花火の規模が
小さいものばかり。東北花火大会と比べると、見劣りしてしまうものであった。
私の勘から言うと、近くには上杉神社や松ヶ岬神社があるので、最悪飛び火する危険性があるから
あれ以上の大きい花火は打ち上げれないのだと感ずる。

会場はクラシック的な静かな音楽を普通に流し、打ち上げ花火を見るだけというシンプルな花火。
打ち上がる花火も、どれもほとんど似たような形や色しか上がらないのも残念な所かな。
ラストは直江兼続のほうせん?花火とかいうのを上げたが、どの辺が直江兼続をイメージしている
のかが、さっぱり分からなかったのは私だけじゃ無いはずだ。
何か東北花火大会と米沢納涼水上花火大会を合併して、松川で上げた方が良いと思うんだよな~

米沢納涼水上花火大会


>>米沢納涼水上花火大会の続きを見る



真夏の夜に響くヤッショ、マカッショの山形花笠まつり


山形花笠まつり
▲山形市の七日町通りで踊る山形花笠まつりの様子

  • ・場所:山形市の七日町通り

  • ・イベント開始時間:8/5~8/7の三日間。18:00~21:30ぐらい。

  • ・入場料:無料

  • ・駐車場:会場周辺の有料駐車場や、総合スポーツセンターなど。

  • ・山形市の名物・特産品:サクランボ、ぶとう、玉こんにゃく、こけし、米、紅花、鋳物

  • ・宿泊先:山形市格安宿泊ホテル

山形駅の花笠の飾り
威勢の良い掛け声で3日舞うお祭り
山形市でもっとも大規模なお祭りと言えば
やはり花笠まつりである。どのくらい大規模
なのかというと、今年(2008年)は3日合わせて踊り手が122団体で1万328人だそうな。

その人数で七日町の通路を舞うのである。
ゴールはヨーロピアンな建物の文翔館
スタート地点から歩いても5分程度の距離也。
     ▲山形駅内の花笠や吹き流しの飾り

徳良湖蔵王大権現
▲徳良湖                      ▲蔵王大権現

花笠音頭と山形花笠まつりの歴史
山形県内では幅広く花笠音頭が踊られるが、その発祥の地は尾花沢市にある徳良湖だと伝わる。
徳良湖とは大正8年に、かんがい用水の確保の目的として作られた人工湖で
その湖を作っている時の作業歌が、花笠音頭の起源だと言われています。

もっとも山形市で踊られるようになったのは、昭和38年に蔵王観光のPR目的として
『蔵王夏まつり』のイベントの一つにすぎないものであったが、次の年の39年から『山形花笠まつり』
として単独で行うようになったのが始まりのようだ。
なので花笠まつりを行う際にも蔵王大権現で毎年奉納する。そして先頭に蔵王大権現山車を配置。

山形花笠まつり大提灯花笠太鼓
▲山形花形まつり大提灯                  ▲花笠太鼓の演奏

お祭りの祈願太鼓・花笠太鼓で幕を開ける
今年は3日のうち初日・8/5の花笠まつりを観光してきました。
市役所前で花笠太鼓の演奏が行われ、その後パレードが出発するという流れでした。
文翔館の横の所では、やまがた花笠食フェスタin文翔館という、山形のおいしい物が食べれる
露店場みたいな広場になってました。地酒や玉こんにゃく・山形牛などが売られていた。

山形花笠祭り


>>山形花笠まつりの続きを見る



| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 | 次の旅行観光≫