山形観光旅行記

旅人の天晴れ『前田慶次道中日記』の話


前田慶次道中日記
前田慶次道中日記

前田慶次郎の旅地図
前田慶次道中日記とは?
前田慶次道中日記とは慶次は、慶次が京都から米沢まで旅したときの日記をつづり
短歌や漢詩などが書いてある道中日記です。

ところどころ虫食いなどもあり、完璧な再現にはいたらないが、原本が今も山形県の米沢市にある私立米沢図書館では残っている。
     ▲京から米沢まで旅したときの地図

そしてこれはそれを複写したものであり、第3部復刻版として販売されたものである。
発行数に限りがあるため、入手困難であったが無事に購入できました。
それでそこに書いてあった有名な前田慶次のエピソードではあるが、いくつかご紹介しよう。

前田利家
前田利家を水風呂に入れて出奔
前田慶次は口うるさい祖父の利家から出奔しようとして、利家に「これまでは心配かけてしまい
心を入れ替えようと真面目に生きるもつりだ。
それで粗茶を一服もてなしたいから
自宅に来てくれ」と申し入れた。

利家は慶次が改心したと喜び、慶次の家へ尋ねると慶次は「今日の外は寒かったから、茶の前にお風呂はどうか?」と利家に進めた。

利家はそれは何よりのご馳走だと言い、承諾し慶次と風呂場へ向かった。利家が衣を脱いでると先に風呂場へ行った慶次が「熱くもぬるいくもない、丁度良い湯加減だ」と言いその場を去った。

利家がそれを聞き湯船にザブンと入ると
氷のような冷水で、しかも窓の隙間からは
寒い風が吹き込み、温厚な利家も怒り
「慶次を逃がすな!」と大声で供侍へどなったが
慶次は、愛馬・松風へ乗って無事に国を去った。
                                ▲石川県の金沢城跡にある前田利家の像

馬から自分の名を京へ広める
慶次の自慢の馬である松風を、慶次の召使に毎日馬を引かせたり、川で洗わせたりしていた。
見事な馬に行きかう人は必ず振り向いたそうだ。そこに前田慶次は考え、松風に烏帽子や赤衣を
見に付けさせ、その頃流行っていた「幸若」を召使に歌わせた。

これでさらに行きかう人は足を止め「この見事な馬は誰の馬か?」と尋ねられると
「この鹿毛と申すは、赤いちょっかい革袴、茨がくれの鉄冑、鶏のとさか立烏帽子前田慶次の
馬にて候」と、歌い舞った。こうして『前田慶次の馬にて候』と京の都で慶次の名が知れ渡った。


>>前田慶次道中日記の続きを見る



鶴岡市格安宿泊ホテル・旅館一覧表


鶴岡市のおすすめ格安宿泊ホテルと旅館一覧表です。ネットから空き部屋の確認と宿泊予約ができ

ポイントで値段が安くなる『じゃらんnet』に対応した宿泊先一覧表です。値段にあった宿泊施設を

見つけやすいよう安い順から探してみました。鶴岡市の旅行や観光のご利用にどうぞ。

尚、地図や場所に関してはリンク先のMAPから確認することが可能です。

よくある質問 ネットで宿泊予約の仕方


鶴岡市宿泊先ホテル・旅館名 住所 値段
ホテルサンリゾート庄内 山形県鶴岡市由良3-17-20 ¥3,800~
真砂子屋 山形県鶴岡市湯野浜1-19-16 ¥3,850~
鶴岡ワシントンホテル 山形県鶴岡市末広町5―20 ¥4,000~
リゾートホテル華夕美日本海 山形県鶴岡市下川字窪畑1-523 ¥5,350~
割烹旅館 湯野浜ホテル 山形県鶴岡市湯野浜1-3-36 ¥5,350~
温泉民宿 しらはま屋 山形県鶴岡市湯野浜1-15-7 ¥5,925~
龍の湯 山形県鶴岡市湯野浜2―4―47 ¥7,700~
旅館 多聞館 山形県鶴岡市羽黒町手向字手向115 ¥7,770~
亀や 山形県鶴岡市湯野浜1―5―50 ¥7,875~
HOTEL STAYiN山王プラザ 山形県鶴岡市山王町6-8 ¥8,000~
福宝館 漁師の宿 山形県鶴岡市湯野浜1-9-34 ¥8,925~
はまあかり 潮音閣 山形県鶴岡市湯野浜1-26-4 ¥8,925~
休暇村 羽黒 山形県鶴岡市羽黒町手向字羽黒山8 ¥8,960~
ホテル ルートイン鶴岡 山形県鶴岡市大塚町12-26 ¥9,450~
タカミヤ湯の浜テラス 西洋茶寮 山形県鶴岡市湯野浜1-25-1 ¥9,450~
瀧の屋 山形県鶴岡市湯温海甲169 ¥9,450~
ホテル満光園 山形県鶴岡市湯野浜二丁目22-8 ¥9,450~
ホテル・アルファ-ワン鶴岡 山形県鶴岡市末広町18-41 ¥9,900~
九兵衛旅館 山形県鶴岡市湯田川乙19 ¥10,500~
洋風旅館 花門 山形県鶴岡市湯野浜1-19-8 ¥11,550~
湯野浜温泉 竹屋ホテル 山形県鶴岡市湯野浜1―9―25 ¥11,550~
海辺の宿 福住 山形県鶴岡市湯野浜1-9-31 ¥12,600~
珠玉や 山形県鶴岡市湯田川乙39 ¥13,125~
愉海亭 みやじま 山形県鶴岡市湯の浜1-6-4 ¥13,650~
ホテル海山 山形県鶴岡市湯野浜1丁目14-38 ¥14,000~
游水亭いさごや 山形県鶴岡市湯野浜1-8-7 ¥17,850~
萬国屋 山形県鶴岡市湯温海丁1 ¥17,850~


山形観光旅行記

旅人の天晴れ『清源寺』の話


清源寺
▲長谷堂城から700mほど離れた所にある清源寺(せいげんじ)の赤門

清源寺入口
長谷堂城跡の近くにあるお寺
この清源寺は、長谷堂城の近くにあるお寺で
この寺の蔵には最上家唯一の肖像画である
長谷堂城主・坂紀伊守の肖像画がある。

多くの最上家の武将の肖像画は、ほぼ存在しない。坂光秀(さかみつひで)は長谷堂城合戦で志村光安が戦功を上げると酒田へ3万石の城主に、その後坂光秀が長谷堂城主になる。
           ▲清源寺の入口

清源寺の写真清源寺本堂

懐かしさのあまり長谷堂城の見学ついでに立ち寄る
難攻不落の長谷堂城を眺めると、ついでに清源寺へ立ち寄った。この寺で私はその昔約10年前に
座禅の修行を2回ほど行ったことがある。座禅とは丸くてふっくらしている座布団の上でアグラを組み
左手の手の平を、右手の手の平に載せ親指同士をくっ付ける。
そして姿勢と呼吸を整え、あらゆる煩悩を捨て精神を統一させる修行である。

赤門なんと見事な門であるか

10年前に訪れた時はこのような門は、建設中?か修復中?であり、この見事な赤門は完成して
おらず青いビニールで覆われていた記憶がある。そして3度目に訪れとうとう見事な門を見れた。
山寺立石寺の仁王門にも劣らない立派な門であった。しかし縁とは判らぬものよのぅ。


>>清源寺の続きを見る


山形グルメ旅行記

腹減り侍『蔵王山頂レストランの釜カツ丼』の話


釜カツ丼
▲蔵王にある、蔵王山頂レストランの蔵王名物・釜カツ丼

蔵王山頂レストラン
まだ雪の残る寒い蔵王へ訪れる
5月になった頃に、蔵王エコーラインの封鎖も解除されたので、久々に蔵王のお釜を観光。

5月と言えど雪があちらこちらで見かけ
山形の下界の季節で例えるならば2月下旬の季節でした。およそ3ヶ月のズレがあるのかー
さすがに標高値が高いだけはある場所だな。
そして寒いので、昼飯食ってから帰ろうとした。
    ▲2Fが蔵王山頂レストランになっている

蔵王山頂レストラン入口メニュー
▲蔵王山頂レストランの入口             ▲画像クリックで拡大表示可

店内の様子
階段で2Fへ登ると蔵王山頂レストランがあった。登ってくるときに、蔵王のお釜や風景の大きな
パネルが飾ってあり眺めながら上がってきた。1Fの方でも売店をやっているが、ソフトクリームや
玉こんにゃくといった軽い食事を済ますお店でした。
店内へ到着すると入口には食券と、大きなメニューが設置されていて隣にはベビーベッドがあった。

レストラン店内蔵王の風景

おぉー!蔵王の風景を一望できるのか!
中へ入ると昼少し過ぎだったためか、かなり空いてた。他の座席には名札が幾つかあり、予約席に
なっている席が1列ほどあった。窓からは蔵王の風景を、眺めることができるので窓際へ座った。
この店は食券制で、カウンター近くに置いてあるお茶やハシなどは自分で用意し、食べ終わった
食器は自分で棚へ戻すシステムだった。そう言えば酒田市の海鮮どんや とびしまもそうだったな。

レストラン内蔵王の写真


>>蔵王山頂レストラン 釜カツ丼の続きを見る


山形の桜・千本斬り日記

山形の桜名所へ『置賜さくら回廊』の桜・花見


久保桜
置賜さくら回廊にある、伊佐沢の久保桜の花見

烏帽子山千本桜
置賜さくら回廊とは?
置賜さくら回廊とは山形県の置賜地区にある
南陽市の赤湯温泉~白鷹町の荒砥までを繋ぐ長井線沿い道路43kmの桜を花見できる
ルートのこと也。

最初の起点である烏帽子山公園から始まり
全部の桜を見回ろうとすると長時間を要するものである。今回は要所事に各地を観光した。
  ▲日本さくらの名所100選の烏帽子山千本桜

どうして置賜には、古い桜が多いのよ?
何故に置賜にはこのような古き桜の木が多いのかと言うと、その昔米沢市が貧乏だった頃に
借金が積もりお金で返却することができなくなったので、桜や松などといった木々で借金を
返していったという説を聞いたことがある。そしてその木々が現在も残ったというものらしい。

双松公園の眺陽桜・慶海桜


眺陽桜慶海桜
▲眺陽桜(ちょうよう)                  ▲慶海桜(けいかい)

南と東側にそびえ立つ2本の桜
南陽市の双松公園の高台にある樹齢150年余の2本の大木で、両方ともシダレザクラです。
南陽は古来より山の南、川の北は陽の気を集積する生気の満ちる地であり、南陽の高台から
この地を眺める、名木に対し眺陽桜と名付けた。

慶海桜の方は、その昔双松公園は慶海山と呼ばれ、宮内のシンボル的な存在にあった。
春になるともっとも美しく花を咲かせる桜であったから、慶海山にちなんで慶海桜と名付けた。
2本のサクラの位置が若干離れているため、置賜さくら回廊の序盤から少々疲れた・・・。

伊佐沢の久保桜


伊佐沢の桜久保桜
▲置賜さくら回廊 伊佐沢の久保桜

テレビでよく放送される知名度の高い桜
樹齢1200年のエドヒガンザクラ。高さ16m・太さ9m・枝張り北西22mの巨木で国指定天然記念物。
500年前の頃までは、枝が四反歩に広がっていたため、四反桜の名で親しまれていたようだ。
征夷大将軍の坂上田村麻呂と土地の豪族・久保氏との伝説が残る長井市の名木である。
戦国時代の頃に当地に住む伊達の家臣・桑島将監が、妻と子を亡くし供養のため植えたと伝わる。

伊佐沢の花見山形の桜

老年の桜になると幹の内部が空洞化し、根が生えず腐敗や風で折れたりするが、ピートモスと
粉炭を混ぜた物を幹内部へ詰め、根っこが生える状況を作り久保桜の回復を計っているようだ。

>>置賜さくら回廊の続きを見る


観光旅行動画

旅人の映像で旅行気分『会津若松 鶴ヶ城の歴史』の動画



▲会津若松市史ビデオ版第1巻 会津鶴ヶ城その歴史と四季 栄枯盛衰

会津若松城鶴ヶ城
会津若松城や鶴ヶ城・黒川城などと呼ばれるが、地元の方だと鶴ヶ城と呼ぶ方が多い。

さすがは会津若松市でござるな!
ユーチューブにシリーズとして動画が乗っかっていたから、一体誰がこの様な公共のビデオを
アップしているのだろうか・・・と見ると、どうやら会津若松市のようだ。
よく県や市のお偉い方は、もっと今の若人は勉学に力を注ぐよう指示を出したりはするが
実際のところ県や市では何もしないことが多かったりする。しかし会津若松市はユーチューブという
メディアに動画をアップし、会津若松市のことを世間に広く紹介しようとする熱意を感じるものだ。

損・得の関係で映像を出すかどうかケチっているのであれば、その地域の良さは浸透する訳無し。
まず地元へ来て貰わなければ、街の活性化や真に伝えるなきゃならんことも叶うはずも無い。
こういった考えと新たな取り組みについては、山形も見習うべきかと思った。やはり会津は流石也。
歴史を知ることで、あらゆることが学べてしまうから歴史とは実に面白い物だ。
是非とも勉学のため動画を使わせて戴こう。大変会津藩の歴史が分かりやすい動画である。

会津武家屋敷日新館
▲会津武家屋敷の家老屋敷                ▲会津藩校 日新館

未だ会津で学んだこと忠実に実行
会津若松市とは大変素晴しき所であった。山形県にゆかりがあるとすれば米沢市の上杉初代
藩主・上杉景勝が会津120万石で移封された時に、この地へ移ったことであろう。
その後、長谷堂城合戦最上義光と争い、天下は徳川家康の代になると米沢へ減封された。

して、その昔会津の地へ何度か観光に行ったがことがあるが、会津藩校 日新館へ訪れ
武士道の精神を学んで帰ってきた。真の心のあり方とは、何であるかと日々疑問に感じている
時に訪れ、自分にはシックリくる教えであった。あそこで教えている心得とは長く後世に伝えるべき
であると感じる所であった。それほど今の世の人に必要なことが詰っている場所である。


>>会津若松や鶴ヶ城の歴史動画の続きを見る


山形グルメ旅行記

腹減り侍『サクランボ』の話


サクランボ
▲山形県の特産品であるサクランボ

さくらんぼ
山形名物のサクランボとは?
山形の名物と言えば玉こんにゃくやサクランボなどがすぐに上がるが、一体山形はどれだけサクランボを全国に出荷しているかと言えば
約70%あたりまで占めているそうだ。

たまにサクランボをチェリーと呼ぶ方がいるが
山形では加工された物をチェリーと呼ぶが
普通のはサクランボと呼ぶ。
  ▲さくらんぼは果物の宝石とも呼ばれている

チェリー変形したサクランボ
我家では毎年売り物にならない、変形した物や形の悪いサクランボを大量も戴いている。

へぇーサクランボって高級フルーツなんだって~
県外の旅行に行くと、山形の話になるとよくサクランボの話になるのだが、実はサクランボは値段が
めっちゃ高い物らしい。私は毎年近所から、売り物にならないからあげると言われ戴いている。
袋にドッサリ貰うので、故にサクランボが一体店では、幾らぐらいの値段なのか分からないほど
世間知らずなのである。つまり大量に貰うため、店で購入しようと思ったことがないのだ。


>>サクランボの極意の続きを見る


山形グルメ旅行記

腹減り侍『上杉伯爵邸の鯉料理』の話


花の膳
▲米沢市にある、上杉伯爵邸(はくしゃくてい)の『花の膳』の鯉料理

上杉伯爵邸
上杉伯爵邸の歴史
この米沢城・上杉神社の堀の外のすぐ側には上杉伯爵邸という立派な建物がある。

とても料亭には見えないほど大きい屋敷だが
ここは米沢藩主の最後・13代目にあたる上杉茂憲(もちのり)の伯爵邸として建てた屋敷。
当時は敷地約5,000坪・建坪530坪という広さであったが、大正8年の米沢大火で焼失。
           ▲入口の様子

上杉鷹山公上杉伯爵邸の庭園
▲ここにも置いてある上杉鷹山公の銅像と庭園の様子

米沢城の2の丸跡にある、再建された文化財的な上杉伯爵邸
して、どこまで焼けてしまったのかは分からないが、現在の建物は大正14年に造ったものだそうだ。
設計者は中條精一郎、施工は名棟梁江部栄蔵により造られたもので、文化財的価値ある建物也。
中はヒノキ造りで外は広い庭園となっていて、実に日本的な武家屋敷のような造りになっている。

上杉伯爵邸の廊下上杉伯爵邸の個室
▲長く細い廊下を歩き、奥の掛け軸のある日本的な個室へ案内された。

奥の個室へ招かれる
入口の受付で昼食の要件を言うと、上杉伯爵邸のもっとも奥の部屋と思われる個室へ案内された。
比較的に他の部屋は宴会場のように広かったが、私が案内された部屋は6畳ぐらいの所に
案内された。こちらの部屋の方が落ち着くので、個人的には良い部屋に招かれたのかな。

欄間上杉家紋▲柱には上杉家の家紋が付いていて、上へを見れば欄間が取り付けてある古風な造り也。


>>上杉伯爵邸の続きを見る


山形の桜・千本斬り日記

山形の桜名所へ『舞鶴公園』の桜・花見


舞鶴公園の桜
▲天童市にある舞鶴公園の人間将棋場がある広場の花見

天童城
舞鶴公園桜まつりで賑わう天童城跡
天童と言えば将棋。将棋の生産は全国の
95%以上はこの天童市で作られています。

そして桜が咲く時期になると舞鶴公園桜まつりが行われ、人間を将棋の駒に見立てた人間将棋なるイベントも開かれます。今回見に行ったのは人間将棋が始まる少し前の時期に訪れました。故にイベントの準備をしていました。
  ▲あの巨大な将棋版で人間将棋が行われる

人間将棋と桜室内で行われた人間将棋
この時期は雨が降る確立が多く、雨が降ると人間将棋は室内で行われます。

人間将棋の由来について
人間将棋の起源はいつ頃から始まったのかと言うと、豊臣秀吉の頃の時代だそうな。
豊臣秀吉が伏見城で小姓や腰元を将棋の駒に見立て、将棋野試合を行ったという故事が
すべての始まりだそうです。秀吉らしい発想ですね^o^

して、山形と京都ではずいぶん距離がある分けだが、天童は将棋の名産地なので将棋を活かした
イベントはないものかと考え、この人間将棋と結びつけたという訳だ。
試合は将棋のプロ2名をお招きし対極させます。解説者が楽しく内容を解説しながら行われます。

舞鶴山の桜天童城の花見
舞鶴山の裏側から登った時の桜の風景。北東から登るより裏側の方の桜が良かったりする

サクラの本数は何と2,000本!
舞鶴公園の桜の本数は一体何本あるのだろうかと調べてみると、2千本だそうです・・・
山形市の霞城公園の桜が1,500本なので、舞鶴公園が山形県一桜の木が多い場所かもね。
舞鶴山をグルリと囲むように植えられているので、正面からの登りからではなく裏側にも咲いている
ので、確かに全部合わせると2千本になってそうか~

ソメイヨシノサクラの写真▲よくよく桜を観察してみると、若干の色や形が異なるものですね。まあ種類は違うけど▼
シダレザクラ花見の様子

舞鶴山の裏側の抜け道に咲いていた季節を感じる小さな花


>>舞鶴公園の桜の続きを見る


観光旅行動画

旅人の映像で旅行気分『天地人の作者・火坂雅志と市長』の動画



天地人の作者・火坂雅志さんと会津若松市長の懇談動画

平成20年4月4日午前9時に行われた懇談
天地人の作者・火坂雅志さんと、会津若松の市長・菅家 一郎さんとの懇談の動画。
話は会津若松市の市長室で行われたようだ。やはり直江兼続が、大河ドラマ化が決定した
だけあって火坂雅志さんも色々と大変そうですなー。あちらこちらで引っ張りダコだね。

会津若松城会津若松城
▲福島県会津若松市、若松城(黒川城)。上杉景勝が越後国春日山から120万石で入封▲

会津若松城と言えば、直江兼続より上杉景勝の方に接点が近いか~
話の内容からすると火坂雅志さんをお呼びして、天地人で会津若松市もドラマで出してくれ!
と遠まわしに市長とその関係者が、必死でお願いしていますね(笑)
さすがの火坂雅志さんもあれだけゴマすられたら、どうしようもないなぁ~と思っているのか
トークのラッシュに落ち着かないご様子。

単刀直入に言うと
市長「会津も係わり合いが少しあるから、天地人のドラマで会津若松市にも光を当ててくれ!」
火坂「えぇ・・・。それは光が当たるんじゃないですか?原作もそういう風に書いてるし・・・」
まさに神の一言といった所ですねw

少々頼りない部分が「それは光が当たるんじゃないですか?」の ”ですか?” という部分也。
エーッこれって脈があったかどうか、微妙に分からんですな市長!
やはりドラマの権限みたいなのって、監督側にあるのかもね。火坂雅志さんが直接ドラマ監督に
会津若松市にも光を当ててくれって言うのだろうか・・・。つたないコネでも何かの役には建つか・・・

そのときの会津若松市の市長が書いたブログ▼
会津若松市長 菅家 一郎のブログ - 火坂雅志先生と懇談
ほんと関ヶ原の戦い前夜の歴史で、光が当たると良いですねー



| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 | 次の旅行観光≫