名勝史跡 霊場山寺立石寺


大仏殿(奥の院)
山寺立石寺『宝珠山立石寺』(ほうじゅさん りっしゃくじ) 写真は如法堂(奥の院)

  • ・場所:山形県山形市山寺4456-1

  • ・営業時間:8:00~17:00
  • ・入場料:高校生以上300円で、それ以下が200円

  • ・駐車場:山寺入口付近に駐車場有(値段500円ぐらい)
  • ・山形市の名物・特産品:サクランボ、ぶとう、玉こんにゃく、こけし、米、紅花、鋳物

  • ・宿泊先:山形市格安宿泊ホテル

山形市山寺立石寺簡易版山寺の周辺と名所はこちら≫山寺立石寺案内図

下から五大堂がわずかに見える
東北の霊場 山寺立石寺『宝珠山立石寺』
松尾芭蕉が『奥の細道』で「閑さや岩にしみ入る蝉の声」という俳句を詠んだ有名な名所で
山寺は全国でも知名度の高い観光スポット。

山寺とは愛称であり、実際は『宝珠山立石寺』というのが正式名。平安時代前期、第56代清和天皇の命により、比叡山・天台宗の高僧の慈覚大師により開山された霊場。
        ▲貞観二年(860年)に創建

慈覚大師は東北各地に寺院を建てたが、特に山寺立石寺に力を入れ、明るく正しい人を養成する道場として建てた。鎌倉時代の頃になると東北仏教界の中枢となし、一千余名による修行者の移住所となっていたようだ。戦国時代になると山内に兵火を浴び消失・衰退。延文元年(1356年)初代の
山形城(霞城公園)の城主・斯波兼頼により根本中堂を再建。現在では国指定重要文化財に指定。

根本中堂入口に階段根本中堂の写真
山寺立石寺 根本中堂(こんぽんちゅうどう)

最上義光公により修理をされ今に残る
本堂となる根本中堂では、本山・比叡山延暦寺から移した『不滅の法灯』という物があり約1200年間、一度も消えることなく照らし続けている。現在も建っている根本中堂は、最上義光が大修理を
受けた物で、中には国の重要文化財の本尊薬師如来坐像が安置されている。

大仏殿のある奥の院までは、石階段が千十五段あり、山寺の頂上に到着するまでに
約30~40分ほど時間がかかります。 下る頃には年寄りや女性が「膝が痛い」とよく言うが
山に登り慣れている方ならそんなに辛くはないと思います。

ヤマデラの写真1宝珠橋の風景ヤマデラの写真2立石寺本坊ヤマデラの写真3芭蕉像と曽良像日枝神社御輿殿(左上)、念仏堂(右上)、立石寺本坊(左下)、日枝神社(中下)、芭蕉・空良像(右下)

山寺にはとにかく多くの寺院が建ち並び、どの建物がアレなのか分からなくなるほど多い。
それほど山寺という所は、歴史の深き場所であることが伺い知れる。根本中堂は端っこにあるため
基本的に見つけやすい。料金所まで根本中堂・寺や鐘楼・地蔵・銅像が多く、そこまでは無料です。


>>山寺立石寺の続きを見る


観光旅行動画

旅人の映像で旅行気分『山形城(霞城公園)の桜』の動画



山形城(霞城公園)の桜の動画

山形城、別名・霞城公園のの動画です。丁度花見の時期の頃の映像ですね。
西日が射していることから予想すると、およそ午後3~5時の時に撮影したものと予想できる。

最初の前半に写っている桜は、東大手門から撮影した映像。後半の橋が写っている映像は
山形城(霞城公園)の本丸へ渡る橋の、一文字石垣のある場所。橋の入口に白いテントの
屋根の部分だけが微妙に見えますが、桜の時期になるとあそこのテントで山形城内で
発掘された瓦などを特別に見学することができます(無料)。

山形城(霞城公園)の桜は、約1,500本のソメイヨシノやエドヒガン・梅の花が咲き
春がもっとも山形城(霞城公園)の見所時期なので、一度訪れて見ては如何かな?
あと夜になると桜がライトアップされて、幻想的な夜桜を眺めることもできます。
・霞城公園の花見と夜桜の動画はこちら霞城公園の桜


観光旅行動画

旅人の映像で旅行気分『花笠まつり』の動画



▲山形花笠まつり2006年の動画

やはり山形と言えば花笠か
山形の花笠まつり2006年度の動画です。山形では夏になると、あの独特の音楽と共に山形市の
七日町通りを賑わせます。飛び入り参加をして、中の列に加わることも可能で全国から多くの
観光旅行者が訪れます。山形市では各地区の夏祭りになると、あの花笠祭りの曲が鳴らすのは
割りと多いのである。それほどあの曲は、山形市では夏祭りの音楽として定着しているのだ。

昔は学校で、あの踊りを無理やり覚えさせる所もありましたが、現在では教えているのかは不明。
女性ならまだしも、男性にまで無理やり教育させるので、少し教育の方針を考えてほしい所だw
踊りの方は花笠を使用した踊りで、踊り方が分からなくても適当に踊ればそのうち何とかなりますw


>>花笠まつりの動画の続きを見る


山形観光旅行記

旅人の天晴れ『新庄まつり 山車』の話


新庄の山車の写真
▲新庄まつりの山車と各パーツの名称

全国の祭りの花である山車について調べてみた。山車は通称『だし』と呼び、新庄まつりでは
『やたい』と呼ばれていたことからすると、もっと他にも呼び方があるのかもしれない。
まず山車は台車に各パーツを乗っけて、梶棒とよばれるハンドルを引っ張り進行や方向を決める。
写真では見えないが、山車にはロープが取り付けられていて、皆で綱引きのように引っ張れる。


山車に乗ってる豊富なパーツの説明をしましょう。松・桜・牡丹は、松はめでたいことを
意味しているようで男を象徴し、牡丹は女性を象徴しているようだ。桜は日本を表しています。
動物・獣・人形は、発泡スチロールや藁・ダンボールを使用したりと材料は様々で
人形に鎧を着せたり、獣に毛をつけたりとリアルに再現されている。

波しぶきは、そのまま波や水しぶきを表現している。山は車に山が乗っているので
『山車』と呼ぶようだ。館は一生物として使用するパーツらしく、祭りが終わっても壊さない。
また来年使用する場合は、そのセットに合わせて館を仕上げ、何度も使用され続ける。
幕・張り出しは、その町の名前や模様が描かれる。幕をめくると中には、小道具が収納されている。

新庄まつりの山車の写真新庄祭りの山車の写真

と、まあ大体こんな感じでした。国によって名称やパーツはいくらか違うようでした。
他にも塔とかパーツがあるようだが、スペースの都合により乗せない山車もあるようだ。

あの人形の所に人を乗せて見ると面白そうと思ったが、よくよく考えてみると引っ張る側から
すれば「殺すぞ!早く下りろや!」と睨まれ、観光者からは「あのアホぽいのは何なの?w」と
指を刺され、馬鹿丸出し状態になりそうだな~と悟った旅人であった。

山形観光旅行記

旅人の天晴れ『湯殿山神社』の話


湯殿山神社の写真
湯殿山神社(ゆどのさん)入り口の鳥居

修験者の修行の地、出羽三山の一つ湯殿山神社
出羽三山の一つ、湯殿山にある神社についてご紹介しましょう。
まず出羽三山とは修験者の修行の場であり、羽黒山・月山・湯殿山の三山がそれにあたります。
修験者は順番に羽黒山・月山と訪れ、そして最後に湯殿山神社へ訪れます。
湯殿山は標高1500mにあり、修行した修験者が仏の境地に入る霊地とされています。

写真がこれしかないのは、現地では撮影が禁止されているのです。
左の写真の建物から片道200円でバスに乗って行けます。もちろん歩いて湯殿山神社へ
行けますが、登りのため大変だったのでオススメできない。

現地の様子とタオルの所持
現地へ到着すると長い石階段を渡り、料金を払う場所へ到着する。そこからは土足厳禁なので
裸足にならなくてはならない。料金を払うと人札?を受け取り、指示を聞きお祓いを受けます。

その後そこから歩いて御神体へ向かいます。
そこは松尾芭蕉の句でもあるように「語るなかれ」「聞くなかれ」と戒められた場所であり
秘密にするのがルールのようだ。尚、常時行ける所ではないので開催期間の確認が必要です。
冬季期間は湯殿山への道は封鎖され参拝できません。

湯殿山神社へ行かれる場合は、足を拭くためのタオルを持って行ったほうが良いです。
場所・地図:山形県鶴岡市田麦俣周辺の地図 - Yahoo!地図情報


上山市の最上三十三観音、水岸山慈眼院観音寺


上ノ山水岸山・観音寺
▲水岸山慈眼院観音寺

  • ・場所:山形県上山市元城内 3-7の周辺

  • ・行き方:かみのやま温泉駅から徒歩で約15分。

  • ・駐車場:上山城・月岡神社前に約20~30台、武家屋敷通り近くには約5台駐車可(無料)

  • ・上山市の名物・特産品:サクランボ、玉こんにゃく、ラ・フランス、干し柿、まんじゅう、ワイン

  • ・宿泊先:上山市格安宿泊ホテル旅館

上ノ山大日堂の写真
最上三十三観音の第十番札所
観音寺の方は、高僧行基により奈良時代に
開創されたと伝えられています。
室町時代に最上三十三観音に指定された。

石の階段を登ると、観音寺と大日堂があります。
それほど広いスペースではありませんが
不思議なオブジェクトがいくつかあったのが
印象的でした。それをご紹介しましょう。
                                     ▲観音寺大日堂懸魚・向拝

水岸山・観音寺の写真1水岸山・観音寺の写真2
▲湯殿山の石碑はどこに行ってもあるのぅ       ▲意味は分からないが石のローラー

登る階段は2つありますがさっそく登ると小さなお地蔵さんと、意味不明な石のローラーが
ありました。何かご利益でもあるのだろうか・・・と思いながら、コロコロとローラーを回転させよう
としたが、これが中々回ろうとしない物。変に回そうとすると壊れそうだから止めておきました(^^;

山姥ぽい写真洗心の湯
▲水岸山観音寺 山姥(ヤマンバ)ぽい石像      ▲上山の七不思議の一つ『洗心の湯』

ヤマンバぽい石像も置いてありました。何っスカ?これ・・・夜とか見ると不気味そうだなw
石階段の上る右手側には、上山の七不思議の一つ『洗心の湯』があります。由来とか詳しくは
分かりませんがヒシャクですくい手を洗おうとしたら、これが超熱い!ずっと付けてると焼けど
しそうでした><; 一体どうやって心を洗えと・・・でも湯が沸いてるとは不思議な所ですね。


>>上山市施設と観音寺の続きを見る


山形観光旅行記

旅人の天晴れ『花火の値段』の話


ハナビの写真
山形大花火大会の写真

打ち上げ花火の値段はおいくら?
今回は一度は、誰でも気になる打ち上げ花火の値段について調べてみた。
ニュースなんかで1イベントの、総額の花火の値段を耳にすることはあるが
1発の値段など聞いたことがない。お店で売ってるロケット花火とは訳が違いますからね。

まず打ち上げ花火の値段は、社団法人 日本煙火協会により値段が定められているようだ。
そして、玉のサイズにより値段が変わります。10号玉から1尺玉に単位が変化。

  • 3号玉=3400円

  • 4号玉=6000円

  • 5号玉=1万円

  • 6号玉=16,000円

  • 7号玉=24,000円

  • 8号玉=38,000円

  • 10号玉=6万円(1尺玉)

  • 20号玉=60万円(2尺玉)


ひと夏の想い出の値段は高いか安いか?
およその値段がこんな感じでした。2尺玉の大玉の花火は、山形でも打ち上げられているようだ。
一番安い打ち上げ花火が千円ほどで、一番高い打ち上げ花火は400万円付近だそうだ。
いろんな意味で400万円の花火は見てみたい気はするが、花火大会でもっとも予算を費やしてる
花火大会の祭りは、大阪府の富田林市で1億5000万円だそうです。

1尺玉だけで600発以上打ち上げるそうだから、山形の花火とはまったく規模が違いそうだ。
高いか安いかについては賛否両論意見が割れそうだが、あくまで多くのの人数で
巨大な花火を見れるので、一言「高すぎ!」とは言えないな~、と今回悟った旅人でした。

山形グルメ旅行記

腹減り侍『クラゲラーメン 加茂水族館』の話


クラゲラーメン
鶴岡市立加茂水族館のクラゲレストランにあるクラゲラーメン

クラゲレストラン▲加茂水族館の右側がクラゲレストランになっている

チャーシューの変わり
クラゲを活かしたラーメン
加茂水族館に訪れたついでに、新メニューの『クラゲラーメン』を食べることにした。
値段は700円で醤油味がベースのラーメン。

太さ2.5mmの平打ち麺にもクラゲが練り込んであるそうだ。クラゲの具の他は、エビや
キクラゲ・チンゲンサイが入っている。
     ▲チャーシューの変わりにクラゲが!

エチゼンクラゲとラーメンの味
チャーシューの代わりにクラゲを乗っけてみました。と言った感じのラーメンだった。
「一体何のクラゲなんだい?」と聞くとエチゼンクラゲと言っていた。エチゼンクラゲとは、漁師を
困らせている害にしかならないクラゲのことです。網によくかかり、網がクラゲの重さで破れ
大被害をもたらすだけの物で、何とかして有効利用にとラーメンに投入したのでしょう。

クラゲラーメン
心の味の方はどうだったか?
と言うと、醤油が薄味かな~というのが正直な
感想である。クラゲのチャーシューの方も
味を沁み込ませている訳でもないので
ゼラチン質の物体を噛んでるだけの気がして
もう少し改良の余地がほしい所でした。

麺の方も特に普通の麺と変わらないかな。
荒いクラゲを混ぜてしまった方が面白かったかも。
                                   ▲ラーメンに浮いてたエチゼンクラゲ

クラゲアイスの写真クラゲまんじゅうの写真
▲クラゲアイス(黒ゴマ味)                 ▲クラゲまんじゅう

ラーメンに飽き足らずアイスとまんじゅうも食す
クラゲラーメンだけでは飽き足らず、今度はクラゲアイスとお土産にクラゲまんじゅうを購入した。
クラゲアイスの方は中にクラゲが練り込んであり、それが冷凍により固まっていてシャリシャリとした
歯ごたえで、普通においしかったです。アイスにクラゲはマッチしていると思った。

クラゲまんじゅう
クラゲまんじゅうは食感が面白いか
一方クラゲまんじゅうの方も、やはりクラゲが
練り込んであった。味は普通のまんじゅうかな

やはりクラゲそのものの味は無いので、あんこの味しかしなかった。まんじゅうの個数は6個入。クラゲの水族館をじっくり観察してから
クラゲを食べるという少し変わったレストランでした。さすが世界一のクラゲ展示館!
      ▲クラゲまんじゅうのアンコの部分

全体的な印象
加茂水族館はクラゲ展示世界1位であるから、クラゲにターゲットをしぼりこんでメニューを増やした
のは大変面白いものではあるが、いかんせん味が普通だったのがアレかも~
もう少し味に個性があると良かったかな。現状だとただクラゲを混ぜただけの感が漂うものであった。



鶴岡市の宿泊先一覧表


鶴岡市のおすすめホテル・旅館・民宿一覧表です。鶴岡市の旅行や観光のご利用の
ための宿泊先を探してみました。各リンク先では、空き部屋の確認と宿泊予約を
ネットから申し込めます。宿泊地は、料金と場所条件にあった宿泊先をお探しください。
じゃらんnet対応版の宿泊先はこちら≫鶴岡市格安宿泊ホテル・旅館

湯野浜の宿泊先、ホテル名住所
亀や山形県鶴岡市湯野浜1-5-50
竹屋ホテル山形県鶴岡市湯野浜1-9-25
ホテル満光園山形県鶴岡市湯野浜2-22-8
湯の浜ビュー海のホテル山形県鶴岡市湯野浜1-8-30
愉海亭みやじま山形県鶴岡市湯野浜1-6-4
海辺のお宿一久山形県鶴岡市湯野浜1-10-29
海辺の宿都屋山形県鶴岡市湯野浜1-7-3
游水亭いさごや山形県鶴岡市湯野浜1-8-7
ホテル海山山形県鶴岡市湯野浜1-14-38
ホテル福住山形県鶴岡市湯野浜1-9-31
温泉民宿 しらはま屋山形県鶴岡市湯野浜1-15-7
洋風旅館 花門山形県鶴岡市湯野浜1-19-8
割烹旅館 湯野浜ホテル山形県鶴岡市湯野浜1-3-36
うしお荘山形県鶴岡市湯野浜1丁目11-23
タカミヤ湯の浜テラス 西洋茶寮山形県鶴岡市湯野浜1-25-1
ホテル満光園山形県鶴岡市湯野浜二丁目22-8
福宝館 漁師の宿山形県鶴岡市湯野浜1-9-34
はまあかり 潮音閣山形県鶴岡市湯野浜1-26-4
海辺の宿 福住山形県鶴岡市湯野浜1-9-31
真砂子屋山形県鶴岡市湯野浜1-19-16
龍の湯山形県鶴岡市湯野浜2-4-47


由良の宿泊先、ホテル名住所
八乙女山形県鶴岡市由良3-16-31
ホテルサンリゾート庄内山形県鶴岡市由良3-17-20


湯田川の宿泊先、ホテル名住所
九兵衛旅館山形県鶴岡市大字湯田川乙19
湯どの庵山形県鶴岡市湯田川乙38
珠玉や山形県鶴岡市湯田川乙39


末広の宿泊先、ホテル名住所
ホテル・アルファ-ワン鶴岡山形県鶴岡市末広町18-41
鶴岡ワシントンホテル山形県鶴岡市末広町5-20
ホテル ルートイン鶴岡山形県鶴岡市大塚町12-26


湯温の宿泊先、ホテル名住所
瀧の屋山形県鶴岡市湯温海甲169
萬国屋山形県鶴岡市湯温海丁1
あつみの湯 つたや長兵衛山形県鶴岡市湯温海湯之尻83-3


その他の宿泊先、ホテル名住所
東京第一ホテル鶴岡山形県鶴岡市錦町2-10
華夕美日本海山形県鶴岡市大字下川字窪畑1-523
旅館 多聞館山形県鶴岡市羽黒町手向字手向115




荒川静香さんも訪れた加茂水族館


水槽の魚の写真
▲鶴岡市立加茂水族館(かもすいぞくかん)

  • ・場所:山形県鶴岡市今泉字大久保656番地   電話:023-533-3036

  • ・開館時間:8:30-17:00 入場料:大人800円

  • ・駐車場:加茂水族館の入口前に、結構な台数が駐車可能だった(無料)

  • ・鶴岡市の名物・特産品:だだちゃ豆、寒鱈汁(かんだらじる)、どんがら汁、からからせんべい
     サクランボ、切山椒(きりさんしょう)、庄内柿、庄内米、麦きり

  • ・宿泊先:鶴岡市格安宿泊ホテル・旅館

入り口の写真、加茂水族館の外観
最高だった!また行ってみたい加茂水族館
鶴岡市の海辺に面する所に建てられている
加茂水族館。最初は入る前に外見を見ると
ずいぶん小さいな・・・と思ったが、展示品が
多くそれを感じさせない造りでした。

中は1F~3Fまであり、約30分置きにショーを
見せてくれるのだ。これで入場料800円で
済むとは、すばらしい所でした!
      ▲鶴岡市立加茂水族館の入口

ケサランパサラン
入口が2Fだった!そしてケサランが!!
受付を済ますと、そこは1Fではなく2Fと指定されいる(謎)主にここでは海水魚の生き物を見たり
売店や食堂・WCが設置されています。

受付の横にはケサランパサランがありました。
これ本物だろうか・・・これは天から降ってくる物で
ただの白い毛糸玉ぽく見えるが、入手者に幸運をもたらすという大変不思議な未確認の生物。
                                ▲加茂水族館の受付横のケサランパサラン

売店や食堂の方は、主にクラゲを扱った土産品や食べ物が多かった。クラゲを使用した食べ物が
特徴でクラゲづくしだった。あと売店の方にはぬいぐるみが豊富においてあったが
やっぱりそれもクラゲ物が多かった。壁にはフィギュアスケーター・金メダリストの荒川静香さんが
アシカと一緒に写っている写真が飾ってあった。どうやら実際に加茂水族館へ訪れたようだ。


>>加茂水族館の続きを見る



| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 | 次の旅行観光≫