上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴岡市の記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


鶴岡市の記事タイトル一覧表
加茂水族館
加茂水族館 ショーの時間
加茂水族館 クラネタリウムの動画
修理塚と首なし地蔵堂
鶴岡市格安宿泊ホテル・旅館 月山ダム
黒川能 大山犬まつり
加藤清正と丸岡城跡 湯殿山神社
鶴岡市のおくりびと 山形撮影ロケ地 鶴岡公園の桜
大山公園桜祭り・黒川能
羽黒山
羽黒山観光案内地図
赤川花火大会
金峯山・金峯神社 善宝寺と人面魚
鶴岡天神祭 化け物祭り 荘内大祭
スポンサーサイト


酒井家の大名行列を鶴岡公園で現在も見れる荘内大祭


荘内大祭
▲鶴岡市で行われている荘内大祭(しょうないたいさい)の大名行列の写真

  • ・場所:山形県鶴岡市の鶴岡公園の周辺

  • ・駐車場:鶴岡公園の道路を挟んだ近くの施設(無料)

  • ・期間:毎年8月14、15日の2日間

  • ・鶴岡市の名物・特産品:だだちゃ豆、寒鱈汁(かんだらじる)、どんがら汁、からからせんべい
     サクランボ、切山椒(きりさんしょう)、庄内柿、庄内米、麦きり

  • ・宿泊先:鶴岡市格安宿泊ホテル・旅館


荘内藩の参勤交代の様子を見学
毎年8月15日あたりの2日間は鶴岡市にある
鶴ヶ岡城跡にて荘内大祭が行われている。

同じ場所で行われている5月の鶴岡天神祭・化け物祭りと比較すると
あちらほど盛り上がってはいないが、
かつては徳川家康四天王だった酒井家一族の参勤交代の様子を眺めることができる。


鶴ヶ岡城の堀

鶴ヶ岡城の歴史
現在は鶴岡公園と呼ばれお城など無いが、戦国時代には大宝寺城があった。
大宝寺城は武藤氏(大宝寺)により築かれ、庄内地方を治めていた。
天正18年(1590)になると、上杉景勝が豊臣秀吉により越後から会津120万石に
国変えを命じられ、庄内地方は上杉家の領土となった。

1600年の関ヶ原合戦になると、山形城の最上義光と上杉軍が長谷堂城を中心に大きく争い
関ヶ原で勝った徳川家康に軍配が上がると、その後庄内地方は最上義光の領土となった。
最上義光が息子に家督を譲り鶴ヶ岡城を隠居城と決め、ここで生活していた。
内部争いにより最上家は改易になり、酒井忠勝が庄内13万8千石を与えられ現在に至る。


鶴岡公園の中心には荘内神社が明治10年に建設され、その記念にと大名行列も再現された。
132年間市民が一体となって伝統行事として続けられている。
鶴ヶ岡城の現在は堀の一部が残り、本丸の櫓が再現され大正時代の建物と庄内の歴史館が残る。
近くには酒井氏庭園や鎧兜などが一般公開され、公園の春は見事な桜が咲く花見スポット也。

鶴岡公園の桜


>>荘内大祭の続きを見る


酒田市のブログ記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


酒田市の記事タイトル一覧表
松山藩荻野流砲術 酒田市格安宿泊ホテル旅館
中山神社祭典武者行列 酒田祭り・本まつり
酒田まつり
山居倉庫 松山能
旧鐙屋 本間家旧本邸
酒田市のおくりびと 山形撮影ロケ地 日和山公園の桜
酒田花火ショー -


創始400年を迎える酒田まつりの本祭り


酒田祭り
▲酒田市で行われている酒田祭りの本祭りの様子の写真

  • ・開催期間:毎年5月19日、20日、21日の中旬頃に開催。(前夜祭、本祭り、裏祭り)

  • ・場所:日和山公園から中合清水屋の中通り商店街辺り

  • ・駐車場:酒田市役所(無料)や周囲の有料駐車場など

  • ・酒田市の名物・特産品:庄内米、ただちゃ豆、庄内柿、酒、どんがら汁

  • ・宿泊先:酒田市格安宿泊ホテル旅館


酒田大獅子

酒田まつりの山車
2009年で400年を迎える酒田市の祭り
2009年でとうとう酒田祭りは創始400年を
迎える記念する日となりました。

去年の酒田まつりから巨大な山車も復活し、
観光客の目を集めていたが
今年も400年を記念し山車が新たに作られた。

製作費は約1100万円ぐらいだそうです。
夜にはあの山車が動き、市内を巡ったそうだ。
私は時間の都合上見れなかったが、
昼間なら行けたので本祭りを観光してきた。

庄内の祭りでは、酒田祭りがもっとも賑やかで
多くの観光者が集まります。
パレードに参加している人数だけでも多く、
大規模な祭りという印象を受ける。
       ▲やっぱり今年もデカかった


酒田祭りと獅子頭について
酒田まつりは、もともとは酒田市にある日枝神社の祭礼で山王祭であった。
徳川時代には酒田全町の産土神の祭りとして盛大を極め、古い伝統が古式にのっとり
厳かに行われ、慶長14年(1609年)から一度も欠かさずに継続されてきました。

あの巨大な獅子頭は、古くから悪病、災害除けの霊獣とされてきており
繁栄と防災の願いを込めて作られたもので「酒田大獅子」と呼ばれている。
そのご利益にあやかろうと、我先にと子供たちを獅子頭の口の中に入れパクパクします。
酒田大獅子は、今では酒田祭りの山車行列の中心となっています。


この頃はアメリカでオバマ大統領が就任し「Yes We Can!!」というセリフが流行ったなー

町人が祭りの主役だった歴史
祭りの責任者は、山王社の氏子から選ばれ「頭家(とうや)」と呼ばれる酒田湊の商人たち。
頭家の主である頭人は、祭礼にかかる莫大な費用を負担しなければならない。

渡御行列の主人公として市中を巡行し、公式に従者を伴い奉行所の門を
くぐることができたため、身分の区別が厳密だった封建時代において大変な名誉だった。
なので、有力商人たちは競って立候補したそうだ。



>>酒田祭りの続きを見る



化けものまつり 鶴岡天神祭パレード


鶴岡天神祭
▲鶴岡市で行われている、鶴岡天神祭・化け物祭りのパレードの写真。

  • ・場所:山形県鶴岡市の鶴岡公園の周辺

  • ・駐車場:鶴岡公園の道路を挟んだ近くの施設(無料)

  • ・期間:毎年5月下旬頃、時間は9:45~16時あたりまで、パレードは14時あたりにスタート。

  • ・鶴岡市の名物・特産品:だだちゃ豆、寒鱈汁(かんだらじる)、どんがら汁、からからせんべい
     サクランボ、切山椒(きりさんしょう)、庄内柿、庄内米、麦きり

  • ・宿泊先:鶴岡市格安宿泊ホテル・旅館


子供から大人まで化け物の姿に!
鶴岡市の鶴岡公園では、毎年化けもの祭り
を開き賑わっている。
その日は道路が閉鎖され、踊り手やパレード
がいっぱい通り、いつもとは活気が違う。

見た印象としては庄内版の山形花笠祭りか。
どこも伝統的なパレードとは、簡単な踊りと
神輿が通るのは全国共通と言ったところか。

        ▲祭りで賑わう鶴岡城跡


どうしてあんな格好をしているのか?
上のような股引に派手な長襦袢(じゃばん)の尻をからげで、頭には手拭いと編み笠を被り
妙な格好をして、道行く人に無言で酒やジュースを振る舞ってきます。
あの服装は化け物伝説の風習で、人に知られないように老若男女の別なく変装しているのだ。

化け物の伝説
鶴岡の天神祭では、学問の神様と言われる菅原道真公(845年~903年)を祀った祭りをしている。
鶴岡天満宮は鶴岡公園から、徒歩で約10分弱の所にあり、そこの神社で道真公を祀ってる。

それでその昔、901年に道真公が京都から九州の太宰府に配流される時、
道真公を慕う人々が、時の権力をはばかり、姿を変え顔を隠して
密かに酒を酌み交わし別れを惜しんだと言う、故事から伝わるものです。


化けものに対してのマナー
では何故あのような化け物の姿でいるのか?と言えば、
3年間誰にも知られずお参りができると念願が叶うと言われているからだ。
その菅原道真公の風習にしたがい、無言で会社や個人の家々に化け物が上がり込んでは
酒やジュースを振る舞う姿があちらこちらで見られます。

なので、化けものに質問するような話を聞かれても困るし、
また「あっ、お前近所に住んでいるアイツだろ!」などと特定されても困る訳だ(笑)
化け物はひたすら無言で、手に持っている飲み物を観光者の目の前で見せては指で合図して
酒とジュースどちらにする?と指してきます。それで飲みたい方を指で選択すれば良いのです。

化け物祭り


>>鶴岡天神祭 化け物祭りの続きを見る



| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 | 次の旅行観光≫




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。