飯豊町のブログ記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


飯豊町の記事タイトル一覧表
飯豊どんでん平ゆり園 -



150品種、50万本のユリの花が咲く飯豊のゆり園


飯豊どんでん平ゆり園
▲飯豊町にある飯豊どんでん平ゆり園の様子の写真

  • ・開園期間:毎年6月上旬~7下旬

  • ・時間・料金:9:00~17:00、大人600円、小中学生200円

  • ・場所:山形県西置賜郡飯豊町大字萩生3341番地 0238-78-5587

  • ・駐車場:入り口付近に有り(無料)

  • ・飯豊町の名物・特産品:山菜、そば、ワイン、芋煮、地酒(どぶろく)



飯豊町のゆり園に出陣!
飯豊町は山形県内では田舎な方だ。
どこかのほほ~んとした、のどかな風景が
広がり、都会在住者からして見れば
自然有りの方が旅行気分を味わえそうか。

長井あやめ公園とはセット売りで
入園チケットを販売してたので観光してきた。
山の斜面の「ユリ」は実に目を引くものだ。
これだけでも、のほほんさが伝わりそうだ(笑)


入り口の方ではユリの苗を販売しており、民芸品やお土産も販売され賑わっている。
さらに時間ごとにバス送迎で展望台の方へ行き、ゆり園の全体を見渡せる所へ
連れて行ってくれるようだった。


私が訪れた時は満開ではなく、園全体で6割ぐらい咲いていた時期だった。
というか、いつ観光客が訪れても咲いているように、あえて時期をずらして咲かしている気もする。
まだツボミで咲いていないユリも、よく観察するとこれはこれで綺麗な物也。



>>飯豊どんでん平ゆり園の続きを見る


南陽市のブログ記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


南陽市の記事タイトル一覧表
白龍湖 南陽市宿泊ホテル・旅館
烏帽子山公園の桜
置賜さくら回廊
熊野大社
南陽の菊人形祭り くぐり滝
双松バラ園 -



340種類・6000本の薔薇の花が見れる南陽市の双松バラ園


双松バラ園
▲南陽市で行われている双松バラ園(そうしょう)の花の写真

  • ・場所:山形県南陽市宮内の熊野大社の周辺や双松公園

  • ・開園期間:6月上旬~7月上旬が見頃。

  • ・入園料:大人300円(中学生以上)、小人100円、団体15名以上・大人250円、小人80円

  • ・南陽市の名物・特産品:ワイン、リンゴ、ラフランス、ぶどう、サクランボ、ラーメン、バラ、菊

  • ・宿泊先:南陽市宿泊ホテル・旅館

バラの花

置賜盆地を一望できる高台にあるバラ園
南陽市と言えば、春は置賜さくら回廊
スタート地点として烏帽子山公園から花見を
楽しむ観光客が訪れるが
6、7月になれば薔薇の花を見ることができる。

10月になれば南陽の菊人形祭りも行われ
南陽市とは実に花々しき所也。



双松バラ園について
双松バラ園は、置賜盆地を見渡せる高台にある公園で開かれています。
広さは8000㎡、340種類・6000本のバラ園で、山形県村山市にある東沢バラ公園
よく比較されたりしますが、向こうほど広くはなく、薔薇の本数も多くはない。

しかし足腰の弱い年寄りの意見だと、東沢バラ公園は広すぎるし登りが大変なのだと言う。
それ故、自分にはこちらの方が合っているという観光客もいた。
まあ薔薇の花をじっくり観察するのを目的や、上記の理由で眺めたいのなら分かる気はするかな。

南陽市の風景と薔薇の写真


>>双松バラ園の続きを見る


長井市のブログ記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


長井市の記事タイトル一覧表
ながい黒獅子まつり 置賜さくら回廊
総宮神社 朝日軍道
長井水祭り 最上川花火大会まつり 長井あやめ公園



| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 | 次の旅行観光≫