村山市のブログ記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


村山市の記事タイトル一覧表
東沢バラ公園 村山市宿泊ホテル
むらやま徳内祭り -



気合いの入った踊りで盛り上がる村山徳内まつり


むらやま徳内祭り
▲村山市で行われているむらやま徳内まつりの様子の写真。

  • ・場所:山形県村山市楯岡の村山駅近く

  • ・期間と時間:毎年8月20日辺りで3日間。9:00~21:00(日によって異なる)

  • ・駐車場:臨時駐車場(無料)。会場には駐車場無しで交通規制。

  • ・村山市の名物・特産品:バラ、蕎麦、さくらんぼ、メロン、昆布巻、酒、楯岡焼(陶芸)

  • ・宿泊先:村山市宿泊ホテル


バラと徳内ばやしの村山市
村山市には東沢バラ公園があり、
時期になると多くの観光者らがバラを眺めに
訪れる地域で、バラの多さに驚かされる。

夏になれば、むらやま徳内まつりが開かれ
山車と比較的若い年齢層の踊り手らが
かなり気合いの入った踊りを披露し
3日間賑わいを見せている。


最上徳内とは?
村山市の郷土偉人と言えば最上徳内で、幕府の命により蝦夷(えぞ)に探検しに行った方です。
日本人では最初にエトロフ島、ウルツプ島を探検した人物であり、
先住民のアイヌ人と生活し言語や風俗を学び、世界初のアイヌ語辞典などを治めた人物也。

それで村山徳内祭りは、平成7年に始めたものなので最上徳内とはそんなに関わりはなく
郷土の偉人と絡めた街興しとして始めた祭りだと思われる。
一応、最上徳内が建立した厚岸神社に受け継がれた囃子があるようで、始めに例大祭も行ってる。


祭りの会場へ到着すると、特設ステージでは太鼓や踊りを披露し賑わっていた。
ステージ披露が終わると、周囲の道路で一斉に踊りが始まる。



>>むらやま徳内祭りの続きを見る


寒河江市のブログ記事タイトル一覧


観光旅行地・名所・自然山々・施設 =温泉・露天風呂・足湯 =祭り・期間イベント

=宿泊(ホテル・旅館・ペンション) =歴史・資料館・城・神社・寺院 =地図・その他


寒河江市の記事タイトル一覧表
林家舞楽 寒河江市格安宿泊ホテル
寒河江川夏まつり花火大会 寒河江チェリーランド
寒河江公園つつじ園 寒河江八幡宮の古式流鏑馬



寒河江八幡宮例大祭の古式流鏑馬と作試し流鏑馬


古式流鏑馬
▲寒河江市の寒河江八幡宮で行われている古式流鏑馬(やぶさめ)の写真

  • ・場所:山形県寒河江市の寒河江八幡宮の境内下辺りの広場(境内馬場)

  • ・駐車場:臨時駐車場(無料)

  • ・期間:毎年9月15日。時間は15時頃から1時間ぐらい。

  • ・寒河江市の名物・特産品:サクランボ、玉こんにゃく、ツツジ、バラ、コンビーフ、肉蕎麦

  • ・宿泊先:寒河江市格安宿泊ホテル


寒河江八幡宮例大祭と流鏑馬
山形では確か高畠町の安久津八幡神社
庄内の八幡町あたりでも流鏑馬は行われて
いると思ったが、寒河江市でも伝統的な
流鏑馬(やぶさめ)が毎年開催されている。

栃木県の日光東照宮でも見たことあるが
まあ基本的には馬にまたがり、3mぐらい
離れた的に当てるルールはどこも同じだった。



して、寒河江八幡宮では毎年9月14日と15日に例大祭が開かれているが
15日に流鏑馬が行われているので観光に行った。
寒河江市では普通の流鏑馬の他に、作試し流鏑馬という珍しい流鏑馬も行われている。
この日の天候は曇りで、街中には流鏑馬の灯篭ぽいやつがいくつか配置されてた。

寒河江八幡宮

寒河江八幡宮について
寒河江八幡宮は鎌倉時代から源氏の流れを組んでいる古い神社である。
文治5年(1189)に大江廣元(ひろもと)が、源頼朝より寒河江の荘を贈り
最上川西一円の地頭となる。

建久2年(1191)に産土神鎌倉鶴ヶ岡八幡宮より分霊を勧請し、
社人4人、田地一千石を寄進、この寒河江市の地に移した。
現在ある本殿・拝殿は大江家以降の建築で、江戸前期頃の建物也。


この辺りは春は桜、ツツジが見られ寒河江市を一望できる山である。
普段は車で山の頂上まで行けるので、寒河江八幡宮は通過するだけに過ぎない場所である。
巨大な赤い鳥居から階段を登り、寒河江八幡宮へ到着すると何やら例大祭が始まっていた。
六角神輿の宮入、宮地の坂翔、太々神楽など神事が行われ、その後流鏑馬が行われた。



>>寒河江八幡宮の古式流鏑馬の続きを見る



| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 | 次の旅行観光≫