山寺立石寺で行われる獅子踊、山寺磐司祭


山寺立石寺での獅子踊り
▲山形市で行われている、山寺の根本中堂と山寺磐司祭の獅子踊の写真

  • ・場所:山形県山形市山寺4456-1の根本中堂前の広場

  • ・期間と時間:毎年8月8日ぐらい。9:30~13:00

  • ・駐車場:山寺入口付近に駐車場有(値段500円ぐらい)

  • ・山形市の名物・特産品:サクランボ、ぶとう、玉こんにゃく、こけし、米、紅花、鋳物

  • ・宿泊先:山形市格安宿泊ホテル

第5回全国しし踊りフェスティバル
山寺では山寺磐司祭で古くから獅子踊が
奉納されてきたが、いつかだろうか?
今ではフェスティバルとして、山形の獅子踊
たちが集まり披露するようになった。

山寺では山王祭も開いているが、
こちらの祭りの方が伝統的で古い方か。
磐司祭ではいろんな獅子踊りを見れます。

根本中堂

立石寺本尊の国指定重要文化財の薬師如来尊像が、50年に一度の御開帳だそうで
平成25年5月より一ヶ月お目にかかれるそうだ。
まあ、生きてて御縁があれば一生に一度は拝見できそうか。
今回は、山寺磐司祭に御縁があったので眺めに訪れた。山寺はまあまあ久しい方か~


現在も山寺の入り口付近にある対面石と、慈覚大師と磐司磐三郎の像を安置する堂がある。

山寺磐司祭とは?
貞観2年(860年)に山寺の開祖・慈覚大師(円仁)が山寺を開く前に
この山寺を支配していたマタギの頭領・磐司磐三郎(ばんじばんざぶろう)が
慈覚大師と巨大な石の対面石で出会い、動物を殺すのを止めるよう悟された。

磐司磐三郎は大師の尊い話しに感激し、狩人をやめ罪を悔い改め山を明け渡した。
殺生を逃れた獅子たちが磐司磐三郎に感謝し、喜びの獅子踊りを披露したと伝わる。
現在では毎年8月7日になると、山寺盤司祭として慈覚大師と磐司磐三郎の功績にと
奉納され、山の霊を供養するため夜行念仏が行われている。



>>山寺磐司祭の続きを見る



2500株の紫陽花(アジサイ)の花と出塩文殊堂


出塩文殊堂のアジサイ
▲山形市にある、出塩文殊堂と参道のアジサイの花の写真

  • ・場所:山形県山形市村木沢

  • ・駐車場:参道の登り口の近くに20台ぐらいスペースが有る(無料)

  • ・期間:あじさい祭りは、毎年6月上旬~7月中旬頃に行われている。

  • ・山形市の名物・特産品:サクランボ、ぶとう、玉こんにゃく、こけし、米、紅花、鋳物

  • ・宿泊先:山形市格安宿泊ホテル

紫陽花

出塩文殊堂のマップ
参道に植えられたアジサイの花々
山形市の村木沢には、出塩文殊堂がある。
村木沢と言えば山形市街からは若干離れ、
山辺町付近にある自然豊かな所だ。

山形市では日本一の芋煮会を行っているが、
里芋はこの村木沢で取れているものだと聞く。
6月下旬~7月上旬頃から出塩文殊堂参道の
アジサイが見事に咲き祭りが開かれる。
         ▲画像クリックで拡大可


紫陽花参道について
約260年前に奉納された55mの石階段を保存のため、昭和62年度より7年に渡り、
参道の両側に土を寄せ30数名の方により、紫陽花の苗木寄贈。
現在のアジサイの数は、2500株(40種類)になり、『紫陽花参道』と名付けたそうだ。

8月の花摘み、11月の雪囲い、その他の作業の管理作業を年間70人程の人数で管理している。
酸性の土壌なので、赤い色のアジサイが紫色に変色したものが多い。
質素な祭りだが、平成7年から第一回あじさい祭りが行われ現在も継続されています。

山形市のあじさいの花


>>出塩文殊堂とアジサイの続きを見る



四季のあらゆる野草が見れる山形市野草園


山形市野草園
▲山形市の西蔵王にある、山形市野草園の蔵王と大平沼の風景写真

  • ・場所:山形県山形市神尾832番地の3 〒990-2406 電話023(634)4120

  • ・入園期間:4月~11月(冬季は閉鎖)、毎週月曜日は休園日(月曜日が祝日ならその翌平日)

  • ・開園時間:4~5月と9月~11月は9:00~16:30、6~8月は9:00~18:00

  • ・料金:大人300円、小・中・高校生は無料。

  • ・山形市の名物・特産品:サクランボ、ぶとう、玉こんにゃく、こけし、米、紅花、鋳物

  • ・宿泊先:山形市格安宿泊ホテル

オミナエシ

山形市野草園の地図
広大で自然と一体化した野草園
山形市の西蔵王には、かなり広大な野草園
がある。軽くサラっと眺めるように1周しただけでも、1、2時間ほどかかる広さ。
看板の説明を読んでたら3時間以上かかる。

山形市野草園を一言で表せば『もともとあった自然の山に道を作り、野草を植えた所』
と表現するのが相応しいだろう。
大自然なので実り良く、昆虫も多い所也。
       ▲画像クリックで拡大表示可能


山形市野草園の内容と様子
この野草園は春から夏辺りが多くの野草を観察できる。毎週日曜日の10時と13時には
ガイドウォーキングを行っており、植物ボランティアのガイド人達が無料で園内を案内してくれます。
野草園内は各ゾーンごとに別れ、主に四季の野草や高山植物・沼・自然学習センターなどある。

中には猛毒を持った野草も紹介されている。あたり前だが草木を採るのは禁止されている。
草木の他には、カナチョロ・チョウ・ハチ・ヘビなど爬虫類や昆虫は結構な頻度で見かける。
して、せっかく野草園に観光に来たので、あらゆる野草を学習しながら3時間以上眺めてきました。



>>山形市野草園の続きを見る



約70万本のコスモスの花、面白山高原のコスモスベルグ


コスモスベルグ
▲山形市にある面白山高原のコスモスベルグの花々の写真

  • ・場所:山形県山形市面白山高原

  • ・開花時期:9月上旬~10月中旬頃(その年の天候により変わる)

  • ・開園時間:8:00~17:00。入園料金は無料で入れます。

  • ・山形市の名物・特産品:サクランボ、ぶとう、玉こんにゃく、こけし、米、紅花、鋳物

  • ・宿泊先:山形市格安宿泊ホテル


面白山高原に自然を満喫しに行く
山形市の山奥には面白山高原という変わった名前の高原がある。山寺立石寺から
さらに約7kmほど山の中に入った所にあり
山形県と宮城県の県境にある地域也。

冬はスキー場として賑わうこの面白山だが
秋のスキー場の斜面は、約70万本のコスモスの花が咲き、枯れて見頃を終えると今度は山々の紅葉が美しい観光スポットになる。

コスモス

面白山の名前の由来
そもそも面白山とは、どうしてそのような名前に命名したのか?
と調べてみると、南面白山の山中には滝があり、その滝の中ほどからは水流が三本吹き上げる
ように流れている様が面白いので、里人がそれを面白山権現と名付けたのが名前の由来だとか。
それでコスモスベルグとは、コスモスとベルグ(ドイツ語で山の意味)合わせた名前だそうです。

面白山高原


>>面白山高原 コスモスベルグの続きを見る



| 山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 | 次の旅行観光≫